2017年04月30日

イーネオヤ、基本に立ち返ってみる

買い漁ったwithOYAさんのキットに手をつける前に、ちょっとリハビリ&練習をしようと、基本的なモチーフを編んでみる事にしました。

やはり、基本といえば、この本。
IMG_1372.JPG
『トルコの伝統レース イーネオヤ(今井瑞恵 著)』

個人的な感想として、和書のイーネオヤ本で、1番親切で分かりやすいと思います。
自費出版が故か、表紙以外白黒…カラーじゃないのが惜しまれます。
でも、白黒でも、とても分かりやすいですけど(●´ω`●)

私がオヤを始めた頃、和書は、今井さんが出されている本しか無かったんですよねー。
御本人から、通販して戴きました。
私が今、オヤを楽しめているのは、この本のおかげなので、感謝してもしきれない。

さて、今回はあえて、立体ではなく、平面モチーフをば選びました。
FullSizeRender.jpg
『fig.14 花瓶のカーネーション』
立体ばかり編んできて、平面って、すごく久しぶり。

練習なので、糸は2回巻きで結んでみました。
2回巻き、サイズが大きくなるから敬遠してる人も居るみたいですが、私は、これはこれで、ガッチガチに固いお花が出来上がるので、好きですねー。
結び目は安定するのが良いです。
…ただちょっと、糸が絡まりやすいんですが。

出来上がりは、こんな感じ。
FullSizeRender.jpg
altinbasakのナイロン、0145(緑)、7033(紫)、0104(黄)使用。
お花部分は、あえてカーネーションらしい赤ではなく、お見本に近い色の紫にしてみました。
ちなみに花言葉は、誇り、気品、きまぐれ…とのこと。

出来上がりは、約3cm。
やっぱり、2回巻きの結び目だと、大きくなりますね( ・∀・)w
次は1回巻きにしよー。
平面、面白いなー。

とゆーわけで、同じ本から、もう1つ編んでみようと思います。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪