2019年07月31日

クンストは、モンハンに似ている…気がする(個人談)


前回までで、挫折寸前になってました。
http://eastwind.sblo.jp/article/186322908.html
が、アドバイス&応援コメントを戴き、もう少し頑張ってみようと、続けておりました。

…が。

何度も同じ段をやり直していて
ふと、
『あ、もう駄目だ』
と、なりました。

編み地が駄目になったのではなく。
心が、折れました。

最近、我慢強くなってきたとは思っていましたが、気分転換にと思ってやっているコトが、ここまで苦難だと、我慢の限界だったみたいです。

編んでいる最中は、編み地がどんな風になっているか分からないのも、モチベーションが上がりませんでした。
以前、クンストを編んでいらっしゃる方が『クンストは最後に針を抜いて仕上げた時が、醍醐味』とおっしゃっていたのですが、目に見えた進行成果が無いと、私は駄目のようです。

心が折れたコトで、急に諦めがつきました。
『とにかく、間違えようと、目が外れようと、最後まで編もう』と。
最初から、綺麗に編めるワケが無い。
しかも、私の根本的な目的は、構造が知りたいというものだ。

ざっくざく、編み進めました。
IMG_6295.jpg
編みあがりは、神のみぞ知る←
編みたてホヤホヤでも、明らかにミスしまくっている箇所だらけ。
でも、終わらせたという開放感が、半端ないです。

真面目なブロッキングは面倒だった…というか、そもそもがちゃんとカタチになっていないので、
IMG_6304.jpg
キーピングスプレーして、適当アイロン。
クンストって、めちゃくちゃ編み地が延びるんですねー。

アイロンまでしてみて、改めて、ミスの部分がちゃんと分かりました。
ちゃんと指示通り編まないと、どんな感じになるのかが分かりました。
とゆーか、やっぱり、1度は完成してみないと、何が何だか分からないんでしたねー。

やっぱり私は、棒針は合わないなーと、思いました。
道具が大きすぎですね。
短針とかならイイのかな。

ただ、あのまま、何度もやり直して、イライラしながらも最後まで教本通りに編んでいたら、もう今回でクンストは終了だったかも。
1枚でお腹いっぱいになっていたと思います。

綺麗じゃ無いながらも、1枚終わらせた満足感と、ミスしまくって崩れまくったデザイン(模様)を見て、『次は、もう少し上手く編めるかな』と、思う事が出来ました。
基本的な構造が分かったし。
そのうち、またチャレンジしたいと思います。

ガツガツと編んでいる間、モンハンを思い出していました。
作業感。
辛いだけのクエスト。
何度行っても3オチか時間切れ。
ソロでクリア出来ないものを、パーティでクリアして、クリアの仕方を知る。
辛い…でも、またクエストに行っちゃう。
達成感が半端ない。

今回、途中で終わらずに、どんな形でも最後まで辿りつけたのは、アドバイス&応援コメント下さった方々や、静かに生暖かく見守って下さった皆様のおかげです。
私がこの先クンストを楽しめるようになるかは別にとして、完成まで辿り着く機会を戴き、ありがとうございました。
そのうちまた、クンストで挫けそうになってましたら、お助け下さいましたら、幸いですヽ(・∀・)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪