2019年10月02日

そう上手くは行くものでは無かった。…が、終わり良ければ全てヨシ( ・∀・)

日にちが空きました。
ちょっと…途中で、コトがありまして…。

前回、道具を揃えて、ほくほくしながら開始した、
http://eastwind.sblo.jp/article/186607107.html
くるみボタン。

生地の色を変えて、
image1.jpeg
同じ柄を刺しました。
この刺繍糸、濃い色の生地の方が柄がハッキリ出て可愛いですね(●´ω`●)

ダイソーさんのくるみボタンは、ボタン金具なのですが。
今回はブローチにするべく。
image2.jpeg
金具を引っこ抜き、
image3.jpeg
穴に合わせて、ブローチ金具を縫い付けました。

ちなみにこの方法、
ブログ『Hide-and-seek』
http://blog.livedoor.jp/cotton0604/
ハイジさんの
で拝見した方法です。
目からウロコ。
マネさせて戴きました。
今まで、ボンドやレジンで付ける方法しか浮かばなかったけど、縫い付け出来るってスゴイ!
なんと言っても、ブローチピンが取れない。
ボンドとかだと、接着が外れやすかったりするんですよねー。

準備も揃って、いざ、くるみボタン装置に生地を入れて、表側の金具を入れて…。
って、この時点で、ちょっと『ん?(-.-;)』てなりました。
刺繍布がバッキバキに硬いので、納まりが良くないんですよね。
まあ、そこを無理矢理押し込めまして(←)
裏側の金具をセットし、押し込み用の器具で一気に表側の金具へ、グイッと嵌め込…………めないΣ( ̄□ ̄;!

生地が硬くて厚いようで、ボタンの金具が、上手く嵌らない。
どんなに押そうが、全体重を掛けて踏もうが(←)、ビクともしませんでした(´・ω・lll)

汗をかきかき、イロイロ試してみましたが、無理し過ぎてボタン金具も装置側も壊れそうになったので、諦めるコトにしました。

…で、まあ包むコト自体は諦めずに。
普通(?)のくるみボタンのようにすることにしました。
image4.jpeg
適当な厚紙をボタン金具のサイズに切り、手持ちのフェルト(これもダイソーさんの)を規定の布サイズに切り。
image5.jpeg
ヨーヨーキルトとかの要領で厚紙をフェルトで縫いくるみ。
image5.jpeg
ブローチピンを縫い付けました。
刺繍布側は、ボタン金具の表側を同じ要領で縫いくるみました。
それらを、縫い合わせて…
IMG_6874.jpg
無事、くるみボタン(ブローチ)になりましたーヾ(*´∀`*)ノ
ちなみに裏は
image7.jpeg
こんな感じ。

なんだか、道中どうなる事かと思いましたが。
納まり良く終わって、良かったです。

小さいサイズなら、刺繍も飽きずに楽しいですねー。
もう少し目の小さい布を買ってみようかな。
今度はビーズ刺繍のとかやってみたいですね。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)