2015年10月23日

リフ編みのキット〜その1

フェリシモの新作キット、dantel-mikaさん監修のリフ編み、1回目分が来ました〜ヾ(*´∀`*)ノ
image1.jpeg
『トルコ発ポコポコした表情がかわいいリフ編みボディータオルの会』の『1.beyaz kus(白い鳥)』
初回は必ず、この柄が来るようです。
2枚を編んで、綴じ合わせ、手を入れられるタイプです。

まずは1枚目。
image2.jpeg

image3.jpeg

オレンジのクチバシの白鳥さんが可愛い。

リフ編みに近い、七宝編みや、ポイントスタークロッシェの経験
http://eastwind.sblo.jp/article/59827290.html
http://eastwind.sblo.jp/article/60118044.html
があったので、編むの自体には、あまり苦労や抵抗は無かったです。
ポイントスターよりも、今回のは掛け目が少なかったですし。
編み方の説明書を見ると、今後の作品によっては、掛け目が多いのも有るようですが。

ちなみに、このリフ編み。
個人的なコツですが、
image4.jpeg
1つの作業に、こんだけの糸が針にかかるので、慣れるまでは引き抜くのに一苦労。
image5.jpeg
こうやって、ぎゅぅと詰めてから、針を引き抜くとイイですよ。
(片手で写真を撮ってたので半端な感じですが、実際は、もう少し詰めています。)

それから、2枚目。
私は勝手に、同じ柄を編むと思ってましたが、片面はボーダー柄で、楽ちん。
image6.jpeg

image7.jpeg

あんまり変わりませんね( ̄ω ̄;)
3色目の段を編み終わった時に、編み入れる色を間違えていたことに気がつきました。
…でも、編みなおすのも、めんどくさ←
仕方なく、お手本とは違うボーダー配色になっています。

2枚目を編み終わった時点で、実は1枚目のが1段足りない事が発覚Σ( ̄□ ̄;
慌てて1段、編み足しています←

で、それぞれに、手入れ口になる部分を2色追加。
image8.jpeg
模様編みしている時は、色替えの糸は編み込むようになっていますが、これらは、後から糸処理することになってました。

糸処理後、2枚を合わせて、縁編み2段して
image9.jpeg
完成〜♪
裏は、こんな感じ。
image10.jpeg
手入れ口側が少し窄まっていますが、減らし目ではなく、単に本体より手入れ口側の目が小さかったからです( ・∀・)w
お見本サイズは、縦24×横19cmになってますが、私のは縦22.5×横17cmくらいになってます。

それにしても、編みごたえのあるキットでした〜。
さすがフェリシモのキットで、解説書も分かりやすかったですし。
フェリシモのキットって、ちょっと割高感のあるキットもありますが、今回は値段以上の収穫があったように思います。

題名に『その1』と入ってますが、来月ちょっと他に買う物が重なったので、キットの続きは、次回分お休みにしました。
そのうち、余裕が出来たら、続きを購入したいと思います(*^ω^*)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

【◆手遊び(オヤ/ダンテル・リフ)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166328562
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック