2017年05月04日

イーネオヤ、基本に立ち返ってみる〜続き

前回
http://eastwind.sblo.jp/article/179600831.html
イーネオヤの平面を、2回巻きの結び目で、編んでいました。

今回は、1回巻きの結び目で、チャレンジ♪
教本は、前回と同じく、
『トルコの伝統レース イーネオヤ(今井瑞恵 著)』より
FullSizeRender.jpg
『ジャスミン』
(あ、この写真、お花が裏側だΣ( ̄□ ̄;)
約2.5cmくらいです。
糸は、前回と同じく、教本の色に近い、altinbasakのナイロン、0145(緑)、7033(紫)、0104(黄)使用。

ジャスミンって、白いのしか知らないですが、調べると、紫(青?)っぽい色の、アメリカンジャスミンっていうのがあるのですね。

それにしても、目が小さくて、目が見えない(いろんな意味で)(;ω;)

2回巻きのと、1回巻きのと、比べてみました。
FullSizeRender.jpg
(あ、お花どっちも裏側だΣ( ̄□ ̄;←またか)
土台の花と葉っぱの部分は、同じ目数なんですよー。
微妙な差ですが、やっぱりサイズ感が違いますね。

使った針が違うのも、影響あるかもしれませんが。
2回巻きの時は、クロバーさんのくけ針を使いました。
1回巻きの時は、トルコで使っているという針。
以前、トルコのオヤ糸屋さんで購入したものです。

くけ針は、穴に糸が通しやすくて、針もちょっと太めで安定感があるので、とっても編みやすいです。
でも、私の場合は、なるべく目が詰まってる(隙間が見えない)方が好きなので、目を編み進めるのにあまり影響の無い、細い針が好みです。
針穴に糸が通しづらくても、トルコのが細くて好きだなー。
使っている内に、握り圧で折れ曲がったりするけど←
あと、たまに指に刺すと、細い針の方が無茶苦茶痛い、ハンパない( ・∀・;)

さてはて、これでようやく(?)withOYAさんのキットに、取りかかれます〜(*´꒳`*)

追記
こっちが、お花の表側です〜。
FullSizeRender.jpg



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179644916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック