2017年10月01日

ダイソーさんの、つまみ細工キット〜剣つまみ

溜め込んだキットを攻略せねば…(=ω=*)

さて、今回はダイソーさんの、つまみ細工キットです。
http://eastwind.sblo.jp/article/179979335.html
剣つまみと丸つまみを1色づつGETしてました。

剣つまみの方が好き(見た目も作業も)なので、
FullSizeRender.jpg
剣つまみから〜♪

まず最初に。
このキット、パッケージの色で、損してますヨ!
FullSizeRender.jpg
実物の生地の色、めっちゃカワエエっすよ!
パッケージだけ見たら、ちょっと地味でショボいなー(←失礼)と思いましたが、3色合わせての色味が、絶妙にカワエエっす(*´д`*)

で、説明書通りに、生地をカット。
FullSizeRender.jpg
生地1枚につき、9枚を指定サイズに切り出します。
切り出し用の型紙を用意した時に、土台用の厚紙も準備しておきました。

ちなみに、キットの中身は、生地3枚とパールビーズのみなので、厚紙等は、自前で用意です。

説明書では、土台は直径2cmの円形を準備ですが、私はプラス、1.6cmのも作りました。
FullSizeRender.jpg
土台の紙に生地を包んだあと、上から小さい方の厚紙を貼っておきます。
フェリシモの『きほんのき』でも、そうしてましたし、花びらを貼り付ける時に、作業しやすいと思って。
ちょっとした、一手間で、あとがラクチン。

円形のを切り出す際は、以前ダイソーさんでGETしていた
FullSizeRender.jpg
『パターンプレート』を使いました。
超便利(*´ω`*)

そうそう、花びらをつまみ始める前に、お花の生地の組み合わせを決めました。
FullSizeRender.jpg
お見本の写真みたいに、1色づつのお花でも良かったのですが、色は混ぜた方が、もっと可愛いかと(●´ω`●)

花びらのつまみ方は、フェリシモの『きほんのき』と一緒でした。
(あたりまえか…)
ですが、接着剤の付け方に違いが。
フェリシモでは、花びらの生地を折りたたむ度に、頂点のところに接着剤を付けていきますが、
ダイソーさんのは、生地をたたみ終えたところで、頂点に接着剤を付け、洗濯バサミ等で挟んでおく。
と、なっています。

どっちがイイのかなー?
とりあえず、洗濯バサミを確保出来なかったので、フェリシモ方式で、花びらをつまみました。

夢中でつまんで、土台に貼り付けて…
FullSizeRender.jpg
パールビーズ付けるのに、中央にダイレクトにボンドを注ぎ込んだら、入れ過ぎました(;¬д¬)

土台への、花びらの貼り付け方も、フェリシモとダイソーに違いが。
フェリシモのは、花びらの底に接着剤を付けて、土台に貼り付けるのに対し、
ダイソーのは、土台に接着剤を塗ってから、花びらを置いていってました。

ダイソー方式の方が、一気に花びらを乗せて、接着剤が乾くまでは、花びらの位置の修正が出来るので、やりやすい気もしますが、放っておくと、外側に花びらが広がりやすいかも。
フェリシモ方式のなら、1つづつ花びらが固定されてから、次の花びらを貼り付けるので、あとからの修正は難しくても、中央に花びらを寄せやすいので、個人的にはフェリシモ方式の方が、みっちりした感じで好みです。

一晩かけて、ボンドも乾きましたww
FullSizeRender.jpg
カワユス(●´ω`●)
ちなみに、下の1個がフェリシモ方式、上の2個がダイソー方式で、土台に花びらを付けたものです。

ちょっと遊ぶ分には、丁度良い量ですねー♪
次は、丸つまみ、やりまーす。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181151370
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック