2017年10月21日

病院騒ぎ、検査結果が出まして

先日、病院に担ぎ込まれた
http://eastwind.sblo.jp/article/181266005.html
という話ですが。

本人的には、大した事だったのですが。
はたから見たら、どうってこと無いことかもしれません。

記録的記事なので、興味無い方は、本日はスルーお願いします(´・ω・`)

*************

なんというか、もともと、最近、徐々に体調が調子が悪くなってきておったのです。
それについては、また別の機会に記事にまとめようと思ってますが。

前日も、朝から、自分では操作の出来ないような具合の悪さがあったものの、休日だったし、休み休み何とか作業をして、やり過ごしていました。

当日、同じように体調が悪かったのですが。
なんとか動けたし、通勤は送り迎えして貰っていたから運転しなくてもイイしで、出勤しました。

これもまた後で話にしますが、8月の下旬くらいから、車を運転出来ない状態になっていました。
それ以来、近所に住む勤め先の人に一緒に乗せて行って貰っていたのでした。

早出だったので、普段より30分くらい早く家を出て。
その時は、まだ、体コワイなぁ(北海道弁)くらいで。
出勤して、まあまあ朝はのんびりして、勤め先事務所でお茶を飲んでいたら、だんだん身の置き所が無い感じになって。

9時半くらいになってたか。
どうしても具合が悪くて、別室で横にならせてもらう事に。

実は、しばらく
『過呼吸』と『パニック症』のようなものを、発症していまして。
ここ最近、症状が頻発してたりして、はたから見ても悪化しているようでした。

ただ、決まったシュチュエーション(乗り物、屋外、広い場所、店舗等)で症状が出る場合ばかりだったので、回避したり認知療法したりで、なんとか自分なりに、ひどい支障が無い程度に、日々をこなしていたのですが。

原因が分からないまま、過呼吸の症状だなーと漠然と思いつつ、呼吸を整えていたのですが。
手足の麻痺感が進んで、後頭部が痺れたような感じになって、だんだん体が動かない。
『過呼吸じゃないのかな?なんだろー?なんだろー?でもコレ過呼吸が悪化した時になるのに似てるよー(´・ω・lll)』
しばらく横になっていたのですが、暖房設備の無いところで寒かったのと、あと、過呼吸気味になってくると、トイレが近くなるみたいで行きたくなって、起き上がる事に。

が、起き上がって、座った状態でも、体を起こしていられない。
全身的な、じわじわした麻痺感。
ふらふらと平衡感覚が無く、吐き気のような気持ち悪さと、息苦しさ、呼吸困難。

ただ、なんとなく、状態にも波があったので、なんとか立ち上がれた時に、ひとまず暖房のある事務所に戻って、温まろうと思いました。

事務所に戻っても、全身が少しづつ硬直していくみたいに痺れていって、体に力が入らない感じになり、床に崩れるように座り込み、頭は上げていられず、喋るのもままならず。
心配した勤め先の人が、家まで送ってくれようとしたのですが…。
自分の中で、『なんかもうコレ家で休むレベルじゃ無いかも?かも?病院ー病院ー(´・ω・lll)』というので、頭がイッパイに。

以前から、イロイロ調べていたら、行き着く先は『自律神経失調症』だったので、ちょっと甲状腺を疑ってました。
近いうちに、一度診て貰おう…とは思っていたのですが。
当日ちょうど担当医の出番の曜日だったので、とりあえず診てもらいたい…と、病院に行く事にしました。

病院に電話しようとしましたが、体に力が入らない、声が出づらくて言葉もまともに喋れない。
勤め先の人が代わりに電話を掛けてくれて、受付時間終了まで、あと30分と聞いて。
身動き出来ないので、救急車を呼ばれるところだったのですが、少し落ち着いてきてたので、這うようにトイレに行ったあと、勤め先の人に車で病院に送ってもらいました。

送ってもらったものの、また体が動かない感じに何度もなって、今思えば、救急車呼べば良かった…。
まあ、私が病院に着いた前後に、病院に救急車が連続で来ていたので、呼ばなくて良かったのかもしれませんが。
救急搬送で混雑したら、申し訳ない。

保険証は持っていたものの診察券を持って来ていなかったのと、一人では無理だったので、お母んを呼んで付き添って貰いました。
(結果、両親ズが来た…が、する事も無いので、ひとまず父には帰ってもらいました)

予約外だったので、担当医の診察の順番が来たのが、2時間後くらいの12時半過ぎ。
その頃には、座ってはいられるくらいには回復していましたが、まだあまり喋る余裕が無いくらいでした。

途切れ途切れ、状態を説明して。
過呼吸の事や、自律神経失調症かもという事や、甲状腺じゃないかなーと思って…というので、まずは来てみたのです、と説明して。

とりあえず状態を診るのに、採血する事になりました。
過呼吸は、足の付け根からの採血で一発で分かるよーと言われ、
『足の付け根Σ( ̄□ ̄;??』
となりながら、診察室で担当医が、ちゃっちゃと採血しました。
とにかく症状の原因が分からないので…担当医も『これで何か分かればいいね』と。

後から知りましたが、足の付け根からの採血は、『動脈採血』というのなんですね。
普段、腕から採血するのは、『静脈採血』というものだそうです。
動脈の方が、いろんなことが分かるらしいです。

その後、採血の結果が出るまでに2時間は掛かるので、昼食でも摂ってきて下さいと言われたので、院内の喫茶室へ、のろのろ移動。
お腹は空いてるし、食欲もあるし、美味しそうな匂いするし、採血されたから肉食べた方がイイかなー…と、ハンバーグミートスパゲッティーを頼みました。
が、いざ品物が来ると、吐き気が…。
って、当たり前田のクラッカー。
私のバカバカバカ(´;ω;`)
のろのろ1時間くらいかけて、なんとか完食した後、再び外来へ戻りました。

3時半くらいになって、ようやく診察になり。
血液検査の結果、甲状腺については、異常無し。
過呼吸の症状は出てるのと、あと白血球の炎症が少し有ると、言われました。

甲状腺は外科で診てもっているのですが、外科では、これ以上は診られないので、と、院内の内科でも診てもらえるように、担当医が手配してくれました。

内科へ移動して、4時半くらいに、内科の診察室へ。
まだ気持ち悪さや、体のフラつきがありましたが、歩ける程度には回復していました。
有る程度の話は、外科の担当医からしていてくれたらしく、内科は内科の検査をしましょう、と、再び採血とCTをする事に。
今度は、通常の、腕から…5本(;ω;)
その後、胸下あたりから腹部にかけてのCTをして、その日は、終了しました。

で、約1週間後の18日。
採血とCTの結果…。
『内科的には、問題のあるところは、見受けられない』
とのこと。
『リウマチや膠原病やなんかも疑ってみたけど、採血の状態では、出ていない』

まあね、なんとなくね、甲状腺では無いというところで、そんな気はしていたのですけどね。
とりあえず、不安材料を、いくつか解消した感じですね。

*************

さて、今回の騒動。
やはり、『過呼吸』『パニック症』…という、自律神経の乱れ等の悪化だったのではないか、と、思います。

次は、どこの病院へ…。

の前に、少し体質改善というか、自分の体と向き合ってみようかと。

病気かな?と思う時に、1番やってはいけない事は、『ネットの検索』と、よく言われていますが、イロイロ調べた中で、薬も悪くは無いけど、整体も改善例の一つにあるらしくて。
たまたま辿り着いた先の記事の人が、本を出していたので、ちょっと買って読んでみています。

病院に担ぎ込んでもらった日以降も、まあまあ不意に症状が出ていますが、なんとかやり過ごせるくらいに…騙し騙し、過ごしています。

まあ、ちょっとお騒がせしまして、申し訳ありません。
…っていうのと。
甲状腺とは関係無かったので、ブログの新たなカテゴリで、記録を残していこうかなーと、思っております。
通常生活に戻れるようにイロイロ試していきたいし、同じように困っている人に、情報提供が出来ていければイイかな、と思います。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 01:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ◎自律神経失調症
この記事へのコメント
はるさま

 お加減いかがですか?

なんかもう、一大事じゃないですか!
キーボード 叩いてて大丈夫ですか???
どうか、お大事にして下さい!!
そして、お元気になりますように!!!!!!
Posted by しろうさ at 2017年10月21日 09:06
はるさん、こんにちは!病院の件、心配してました…。体調、回復していくといいですね。 
  
原因不明の体調不良とのことで、ちょっとお知らせしておきたいことがあります。それは、食品添加物が病気・体調不良の原因に成り得るということです。 
 
私は二年ほど前から、加工食品を食べると体がピリピリしたり具合が悪くなるのが気になり始めたので、少しずつ避け始めていきました。 
まずインスタント・レトルト食品を止め、大好きだった甘いもの…ケーキや箱菓子(お土産品や菓子店のもの)もだんだん食べられなくなり、外食にもあまり行けなくなりました。 
スーパー・コンビニで売っているようなお菓子は今まで自覚症状がなく食べていたのですが、最近は吹き出物がひどくなってきたので一部無添加のもの以外は止めて、お菓子は手作りしていこう、と思っているところです。 
 
自分が食べられなくなってからネットで”添加物の危険性”について検索すると、様々な病気のリスクがあると知りました。 
 
はるさんの症状と関係あるかはわかりませんが、健康的な食生活ってすごく体にとって大事だよー、ってことでお知らせしました。 
ただ、食べたいものを我慢するのってストレスが溜まりますし、出来合いのものを買わずに全部手作りするっていうのも大変なんですよね…(-_-;) 
 
最後に、私の地元のレストラン・洋望荘さんのブログで添加物と病気について書かれているので、宜しかったらご覧になってみてください。 
http://chefsato.jugem.jp/ 
このページで”シェフ佐藤のモノローグ”と検索すると、添加物について様々なことが出てきます。 
 
長々とすみませんでした。どうぞお大事に(*^^*)
Posted by starlight at 2017年10月22日 14:40
しろうささん、いらっしゃいませ〜♪
いつも、優しいお言葉を、ありがとうございますー。
なんか、ぼちぼちですね。

あ、私はiPhoneさんからのアクセスなので、PCに向かっているわけでわないのですよー。
ちまちまと、iPhoneさんのメモに文字を打ち込んで、ブログやコメ返をしています。
時々最近、遅くなりがちで、申し訳ないです(ノ;・ω・)ノ
Posted by はる at 2017年10月22日 16:17
starlightさん、いらっしゃいませ〜♪
優しいお言葉を、ありがとうございます。

健康オタクなので、食品添加物のことは、ある程度の知識はありましたー。
最近は、白砂糖が良くないというので、貰い物のお菓子以外は、なるべく口にしないようにしたり。
(まあ、その量が多いかもですが(・∀・;)
今は、自分にとってのトキシンを調べ中です。
 
starlightさんは、加工食品で、ご苦労されたのですね。
体質って、本当に、人それぞれなので、分かってもらいづかったりしますよね。
今までなんとも無かったことが、だんだん駄目になっていく…。
私も、少しずつ慣れていかないとなぁと、思います。

自然食品等の情報のご紹介も、ありがとうございました。
さっき、少しだけ、拝見してきました。
身内にガン患者も居たので、興味深い内容でした。
あとで、ゆっくり添加物のこととか、拝読させて戴きますね(*^ω^*)

時々、だめだめなブログになっているかもしれませんが、ゆるゆるお付き合い戴けましたら、幸いです。
starlightさんも、ご自愛下さいね。
 
Posted by はる at 2017年10月22日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181336490
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック