2018年05月04日

糸クズの山を、乗り越えて

いつぞや、フィレレースの円形ドイリーの編み方を調べている時に、youtubeさんで発見していて、ずっと気になっていた動画がありました。

*************

RENDA TURCA Passo a Passo Como Fazer PARTE 1
https://m.youtube.com/watch?v=vjx2gk_KYgY

RENDA TURCA Passo a Passo Como Fazer PARTE 2
https://m.youtube.com/watch?v=l1ng71cDQoE

RENDA TURCA - Passo a Passo Como Fazer PARTE 3
https://m.youtube.com/watch?v=NJrB2ub9ATA

RENDA TURCA Passo a Passo Como fazer PARTE 4 Ponto diferenciado
https://m.youtube.com/watch?v=fDJAouz55HQ

RENDA TURCA Como Fazer Passo a Passo PARTE 5
https://m.youtube.com/watch?v=pw-3Soy8DUY

RENDA TURCA - APRENDA A FAZER - PASSO A PASSO PARTE 6
https://m.youtube.com/watch?v=IjAW_260l8k

*************

題名も、トルコのなんちゃら(訳せない)みたいだし、イーネダンテルみたいなんですよね。
それとも、アルメニアンレース?

ですが、ベーシックな、イーネダンテルやアルメニアンレースと、糸の掛け方が違うのですよね。

道具を使いながらの作業はニガテなので、練習も兼ねて、ちょっと編んでみたいなーと思いまして。

って、始めてみたのですが。
ちょっと軽く考えすぎてました(;゜∀゜)

素材に指定が無く(有るのかもしれないけど、解説が外国語なので理解出来ない)、画像からしか情報が無いので、考えが甘かったというか。

最初、爪楊枝を削って使ってみましたが、途中で編み地がお椀になりかけ。
次に、爪楊枝の幅より少し大きめのサイズに厚紙を切って編んでみたら、大き過ぎて気に入らない。
その次は、編み進める段の途中から、糸を掛ける側の方のサイズを大きくしないといけないのに、忘れてそのまま編んでしまって、解くのも面倒に←
その後、調子良く進むものの、なぜか途中で、模様の目の数が減っていたりして、解くのが面倒なこと、2回くらい←

後半の間違いだらけは、動画内容に関係無いですネ(;¬д¬)

集中力が無いせいかなと思いましたが、ふと、編み目が見づらい色のせいか…と思い、別の色で始めました。

で、現在ココ。
IMG_2831.jpg
…うん、やっぱり、明るい色の方が、イイッスね( ・∀・)←

続き、がんばりまっす。


来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183158818
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック