2018年06月28日

イーネオヤ、基本に立ち返ってみる〜その9

基本に立ち返り、私のオヤの始まりの本、
『トルコの伝統レース イーネオヤ(今井瑞恵 著)』
から全編みしようという修行シリーズ。デス。
地味な絵面が続きます←

今回は、立体モノなら、先立って必要になる部分。
…そう、ガク&葉っぱ。
IMG_3097.jpg
『fig.00a』
高さ約1.3cmくらいです。
上から見て、葉っぱ広げた最長で、2.8cmくらいです。
糸は、altinbasakのナイロン。
0145(緑)使用。
結び目は1回巻きです。

イーネオヤを始めた頃から、筒編みが苦手です。
どこを編んでいるか分からなくなるし。
結び目が安定してないせいか、先に進むにつれて編み目が潰れてくるし。
花部分と違って緑一色だから、つまんないし←

…て、まあ、自分の技術力の無さに、イイワケしていただけに過ぎないのですが。
今回、あらためて、真面目に取り組んでみたからこそ、分かることもありました。

でも、まあ、やっぱり。
葉っぱ部分は、テンション上がりませんね( ・∀・)←



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183666493
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック