2018年07月29日

イーネオヤ、基本に立ち返ってみる〜その13

基本に立ち返り、私のオヤの始まりの本、
『トルコの伝統レース イーネオヤ(今井瑞恵 著)』
から全編みしようという修行シリーズ。

花びらが何枚もあるのは、時間が掛かりますね。
IMG_3211.JPG
『fig.11 水仙』
高さ約2.5cmくらい、花の部分の直径約2.5cmです。
糸は、altinbasakのナイロン。
0000(白)、2085(オレンジ?)、0104(黄)、0145(緑)使用。
テグスは3号。
今回の修行、なるべく教本の写真に近い色合いの糸を選んで編んでいますが…今回の色、オレンジというかピンクというか…なんていうのでしょうね( ̄ω ̄;)

横裏側は、
IMG_3213.JPG
こんなん。

似た様な花びらのモノは、いくつか作りましたが。
1番最初に編んだのは、
http://eastwind.sblo.jp/article/29224370.html
カナガワさんのイーネオヤ糸を使っていました。
カナガワさんの糸、かたいけど、結びやすい。
昔は好きじゃなかったけど、今の私なら、喜んで使ってるだろう…。

↑に編んだのと一緒に
IMG_3214.JPG
記念撮影。
過去に編んだ中で、一番、編み目が小さく編めた作品だったのですが、比べても、あんまり変わらない…かな…と思う(弱気)

この修行シリーズは、20まで続きます〜。
がんばりまーす。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184043355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック