2018年08月12日

イーネオヤ、基本に立ち返ってみる〜その16

基本に立ち返り、私のオヤの始まりの本、
『トルコの伝統レース イーネオヤ(今井瑞恵 著)』
から全編みしようという修行シリーズ。

パンチパーマ第2弾←
IMG_3282.JPG
『fig.09 2色のアダリア』
高さ約2cmくらい、花の部分の直径約1.9cmです。
糸は、altinbasakのナイロン。
0000(白)、2062(ピンク)、0104(黄)、0145(緑)使用。


横裏側は、
IMG_3283.JPG
こんなん。

前回同様
http://eastwind.sblo.jp/article/184139946.html
最初に編んだ2色のも、
http://eastwind.sblo.jp/article/35300105.html
パンチパーマ…(・ω・`*)
今も昔も、パンチパーマから抜け出せませぬ。

そうそう、前回のアダリアと、今回の2色のアダリア、筒から花びらへ立ち上がる時の編み方が違います。
1色の方が、私には難しいかったです。
2色のやり方の方が、はるかに進めやすかったです。

あと、教本の中では、前回のと今回ので、お花(パンチパーマ部分)の編み進め方で、『円柱型』と『キノコ型』に編み分け出来る説明があります。
これはもう好みの問題でしょうが…意外とキノコ型の方が成形が難しいのじゃないかなーと思いました。

さて、残りも、あと4つです。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184154135
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック