2018年11月02日

毛糸の靴下を編む〜その1

勤め先で、冬は、毛糸の靴下を、靴下カバーとして愛用しております。

数年前までは、夏と同じようなモノ…本当にカバー…汚れ防止的なモノを履いていました。
いつの頃からか、勤め先の高齢のオネーサマが、知人から貰ったという毛糸の靴下をサイズが合わないからという事で、こちらで貰い受け、履き潰しては、また新しいのを貰っていました。

そんな今年、高齢のオネーサマも辞めてしまい、前冬で毛糸の靴下も履き潰してしまい。
とうとう、また足が冷える季節になってしまいました(ノ;・ω・)ノ

戴き物があるので、編まず仕舞いでおりましたが、もともと、自分でも編もう編もうと思っておりました。

今回、いざ毛糸も買って、編み針も買って。
IMG_3761.JPG
編み始めましたー( ・∀・)

本は、きゆなはれるさんの『おうちばき』
2011年に購入した本です。
当時、ウェア初心者で苦手な私でも編めそうな、丁寧な解説ありの内容というレビューを見て、どうしても欲しくて欲しくて、本屋さんをハシゴしても無くて…AmazonさんでGETしました。

今になって読んでみると、ウェア系を編む人には簡単過ぎかもですが、かぎ針の基本が出来ていないと、『?』な部分が出てくるような気がします。

なにはともあれ、初靴下。
しかも、苦手な毛糸で、苦手な複数編み(2枚)。
どうなりますやら( ̄ω ̄;)

でも、必要なので、がむばりますー。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184846491
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック