2018年11月03日

久しぶりに、試行錯誤で頭ぎゅーぎゅーした(=ω=*)

ドイツ語の糸ボタン本『Posamentenknoepfe』より、ぼちぼちやっています。

今回は、
IMG_3766.jpg
糸は、ごしょう産業さんの『Lapin(ラパン)』の14番と16番を使いました。
プラリングは35mmです。

見た目に反して、なかなかクセのある巻き方をしてました。
特に、糸巻きが進んで、中央に寄るにしたがって、ただ糸を渡らせていくだけでは、糸が緩んでくるのです。
本にあるような道具は無いし、本文も読めないし、自分器用でも無いので。
何度も糸を巻きなおしては、『キーッ(´;ω;`)』てなってました。

どうにかこうにか試行錯誤して、なんとか近いカタチになった…と思う。

糸ボタン、奥が深い。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184853063
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック