2019年05月13日

糸ボタン〜Shirtlaceはじめの一歩

以前、ご紹介しておりましたが
http://eastwind.sblo.jp/article/185687330.html
糸ボタンの本をGETしておりまして。

体力と気力の余力を振り絞り、少しずつ、やってみたいデザインの解読をしておりました。
ひとまず、リングのボタン2つを、解読。

で、1つをやってみてたのですが。

どーにもこーにも、うまく進められず。
一緒に購入したキットの資材を使えば良かったのでしょうが。
いきなりは勿体無いなと、手持ちのを使ったのも、敗因なのでしょうけど。
リングから糸がつるつると滑り、なかなか形になりません…。

何度も糸をほどいたり、しばらく手をつけなかったりしていたのですが。
とにかく構造を知りたい!知る事が先だ!
と、この際、見た目等は気にしない事にして、プラリングに両面テープを貼り付けて、糸が動かないようにしてやりました(←暴挙)

んで、出来上がったのがコチラ。
IMG_5507.jpg
gina barrettさんの『BUTTONS』より『Shirtlace』
隙間が空いてたり、中心がズレたりしてますが…最初の1歩目ということで。

35mmのプラリングと、ダイソーレース糸♯40使用。
このダイソーの赤、好きだなー、また再販しないかなー。

両面テープが功を奏して、構造自体は理解しましたが…でも合ってるかどうかは?←

別の糸で、再チャレンジしたいと思います。
…今度は、両面テープ無しでネー(・∀・;)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪

この記事へのコメント
こんにちは、ちどりです♪
プラリングでのshirtlaceは慣れないうちは作りにくいと思われます。
キット中にあったような芯の細いメタルリングをお使いになることをお勧めします。
作るのが楽しくなります。
プラリングは日本では手に入りやすく安いのが利点ですが、ドーセットスタイル以外のリングボタンを作るには、作りにくさのほかにも、このタイプのボタンのデザインにはあまり向いていないとわたしは考えています。
芯の太さの分、上下の糸に幅が出すぎるのです。
是非、お試しください♪
Posted by ちどり at 2019年05月13日 10:09
ちどりさん、ようこそ〜。
こちらからお伺いする前にご来訪戴き、恐縮です。

最初、キットのリングを使おうかなと思ってはいたのですが、いざ手にすると『小さっ!』てなりまして←
うまくいくかも分からないし、やっぱりプラリングで…とやってみたら、つるっつるでした(滝汗)

今回も丁寧なアドバイスを戴き、ありがとうございます!
…実は、この後に、すぐ同じプラリングで1つ作ってしまいまして←
でも、なんとなく完成出来たので、次はキットのリングでやってみようと思ってます。
25日に、またちょっと遠征するので…その時に使いたいので…赤黒のww

難しいけど、でもまた次も作りたくなるので、本当に糸ボタンは奥が深くて面白いですね!
ご縁を戴き、感謝です〜。
Posted by はる at 2019年05月13日 16:18
こんにちは😄

初めてだとは思えない出来映えですよ〜✨
凄く綺麗です。

色んな手芸があるんですね。
楽しそう〜😆
Posted by あきコロ at 2019年05月14日 15:32
あきコロさん、いらっしゃいませ〜♪
いやいや、近くで見るとヒドイですよ(ノ;・ω・)ノ
でも、繊細で可愛くて、小さいのに作りごたえもあって、とっても面白いのですー。
世界には、本当にたくさんの手芸があって、興味が尽きないですよね。
糸ボタンも、和書の教本があればイイのになーって思います。
Posted by はる at 2019年05月14日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185991653
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック