2019年06月22日

イーネオヤde染色実験、再来

以前、言っておりました
http://eastwind.sblo.jp/article/186123919.html
実験ですが。

2013年にやっておったのを、
http://eastwind.sblo.jp/article/65127454.html
http://eastwind.sblo.jp/article/65298661.html
http://eastwind.sblo.jp/article/65343580.html
http://eastwind.sblo.jp/article/65532895.html
6年も経って懲りずに、イーネオヤをアルコールマーカーで色付けしようっていう実験です。

単なる『やってみたい』なのです。
単に、お絵かきするみたいに、イーネオヤを色付けてみたいだけのコトです。

以前、色をボカすのに、除光液を使ってましたが。
今回は、もっと手軽に出来そうな(気がした)ブレンダーを使ってみました!

最初に、どんな色になるのか、お試し。
image1.jpeg
ピンクは蛍光気味だったので、同包のライトパープルを塗ってみました。
結構、濃いめ。
image2.jpeg
ブレンダーでぼかしてみました。
紙だとボカしがきいてますが、オヤ糸の方は色が溶け出してしまっている感じです。
下敷きにしていた紙に滲み込んでしまいました。

さて、ちゃんと色がを塗ってみようと、
image3.jpeg
まずは白いお花を用意。
アニメのDVDを見ながら、ちょいちょいと編んだので、結構適当です←

今回の目的は…『2色(以上)の境目をボカす』
除光液だと、色を溶かすだけっぽかったので、ブレンダーならどうなのかなーと思っていました。
まあ、上記のお試し段階でも、色は溶け出しちゃうみたいでしたが。
なので今回、色が抜けきらないように、下敷きには、クリアファイルを敷いて作業しました。

何色を塗るか迷いましたが、たまたま庭に咲いてたビオラが目に入って、黄色と紫色の2色にしてみました。
黄色は、手持ちのコピックチャオ。
紫色は、ピンクとセットになっていたライトパープルを使用。
image4.jpeg
左側の花びらが、2色それぞれ塗ったままの状態。
右側の花びらが、2色の境目をブレンダーでボカしました。
塗ったばかりのせいか、境目の発色が蛍光っぽく明るくみえます。

まあまあ良さ気だったので、花びら5枚共、同じ様に塗りました。
image5.jpeg
乾いたあと、再び2色の境目の部分を、今度は下敷きを紙だけにして、ブレンダーを少し塗りました。
境目の色味が、馴染んだ気がします。

乾かして、蛍光灯の下で写真を撮ったら
image6.jpeg
こんな感じ。
実物の方が、もう少しグラデーション掛かって見えるかも?

今回の実験は、なかなか上手く行ったかなと思います。
花びらを押さえていた指差してが、マーカー色に染まりましたけど←
そのうち、以前の桜の花みたいに花の種類を決めて、また多色塗りしてみようと思ってます。
アルコールマーカーの色数を増やしそうでヤバイ(・∀・)ww



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186174991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック