2019年07月03日

オヤ糸de似而非(えせ)ミニ手毬+α

絹糸の代わりにオヤ糸を使った、似て非なるモノ、シリーズ(←え?)

前回は、
http://eastwind.sblo.jp/article/186210460.html
加賀ゆびぬきでしたん。

今回は、
image1.jpeg
これです。
…って言っても、ナンダコレですよね。
ミニ手毬です。
ゆびぬき同様、サイズはペットボトルの蓋基準です。
ちなみに、半球にしようとして厚紙の上にワタを入れたのですが、楕円形ドームになってしまいました←

ワタの中身は、毛100%毛糸と、ダイソーさんの手芸わた、それと自前の髪の毛2本入ってます。
それを、ダイソーさんのキルト糸で、ぐるぐる巻きしました。
それしか、細い白糸が無かったので…(滝汗)
しかも、ダイソーさんの手芸ワタ、つるつる滑る滑る。
キルト芯を使えば良かったです(後の祭)
糸が硬いので、巻き上がりはゴワゴワになってました。

…が、そのまま続けます←

以前フェリシモのクチュリエのキットを作った
http://eastwind.sblo.jp/article/182341148.html
http://eastwind.sblo.jp/article/182354428.html
時のを真似するつもりが、説明書を紛失←

ここから先は、過去記事を見返しながら、うろ覚えの記憶を引っ張りだして進めました。

オヤ糸の金の糸がポリエステルのしかなかったので、ポリ糸で
image2.jpeg
地割線しました。
サイズも大きめなので、10分割。

それから、色糸を入れていきます。
エセ加賀ゆびぬきの時と同じ色を使いました。
image3.jpeg
1段目。
1番濃い色から始めるつもりが、2番目の糸で刺した事に、刺し終わってから気がつく←
バランスを見て、金糸も1度挟みました。
image4.jpeg
土台がボコボコのせいなのか、糸のせいなのか、私が下手くそもあるのでしょうが、なかなか各糸が綺麗に沿わなくて、隙間だらけに。
まあ、それはソレで、味として。

…そして!

今回の目的〜♪
どんっ。
image5.jpeg
ゆびぬきと、ミニ手毬を、ドッキングしました。
image6.jpeg
何かっていうと、針山ですww
刺すのはイイけど、ちょっと抜け辛い…(ドンマイ)

本当は、ゆびぬきの中にペレットを詰めたペットボトルを入れ、その上に半球のミニ手毬を乗せた様なカタチを目指していました。
ちょっと重さがあった方が、使いやすいかなと思ってたので。
が…手毬が大きくて、ペレットボトルを入れるのは断念しました。
それなりの重さが出たので、ペレット無くてもイイ感じです。

始終大雑把にやってましたが、自分で使うモノなので、ヨシ( ・∀・)!



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


この記事へのコメント
こんばんは😄

綺麗で可愛いですね〜✨
なるほど、針山とは考えましたね〜

置いてるだけでも可愛いですよね。
Posted by あきコロ at 2019年07月03日 19:23
あきコロさん、いらっしゃいませ〜♪
なんか、思っていたのとちょっと違いますが、結果オーライでした( ・∀・)ノ

手毬の針山とゆーのがあって、以前ネットで見た時に、イイなぁと思っていました。
その頃は、購入方法しか考えていなかったのですが、オヤ糸でゆびぬき出来ないかなと思った頃に、自分で作るのを思いつきました。
手毬の方は、資料が無くて、もう似ても似つかないですけどww

オヤ糸の色が可愛いので、可愛く出来て良かったです♪
見守って戴き、ありがとうございます〜(*´∇`*)
Posted by はる at 2019年07月05日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186224436
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック