2008年10月31日

ハッピーハロウィン♪

昨日と今日と、仕事が休みでした。
まあ、ほぼ一日いっぱい色々と家事してたんですが。
午前中、たまたまホットケーキが食べたくなって、カボチャも有る事だし、カボチャホットケーキを焼いて食べました。
この時点では、全く気が付いて無いのですが、今日って、ハロウィンなんですね。

別に、ハロウィンだからって、カボチャ食べるわけじゃないですよね。
カボチャ食べるのは…冬至。
でも、ハロウィンって、カボチャのイメージだから、ハロウィンにカボチャを食べると勘違いしてる人が多そうだ。
かくいう私も、ハロウィンが何たるかを知らない時には、ハロウィンって、仮装してお菓子をねだるほか、ランタンに加工したカボチャは、あとから食べるもんだと思っていましたしネ…orz

ハロウィン(ハロウィンが正しいのか?ハロウィーンが正しいのか?)って、もともとはキリスト教の『万聖節』というものの前夜祭とのこと。
万聖節は亡き聖人たちを祭るカトリックの行事。
それから、ケルト民族の歴が、11月1日が新年で、10月31日が大晦日ということで、この2つが同時に行われるようになって、ハロウィンとしてのお祭りになったらしいです。

ハロウィンの時って、死者の魂や魔物がこの世にやってくるらしいです。
仮装するのは、魔物にあの世に連れて行かれないように、仲間だよ〜って変装するんですって。
日本のお盆と似てるけど、仮装する理由が、ちょっと違うよね。

で、何故カボチャが…って話ですが、
アイルランドで、ハロウィンの昔話で、ジャックって人の話があるんですって。
その人が持っていたランタンが、いつしか、死んだ人々の魂のシンボルとなったそうなんです。
そのランタン…ジャック・オ・ランタンって、最初、本当はカブだったんですって。
それがアメリカに渡って、アメリカではカブは馴染み無くて、カボチャがメジャーだったから、カブからカボチャに変わっていって、すっかり今ではカボチャのランタンになったそうです。

調べてみると、伝統行事とか歴史って、結構面白い。
そうそう、だからね、話を戻しますが…。
ハロウィンは、カボチャを食べる日なわけじゃ、無いんですよ〜(*´∀`*)ノシ

みなさんに、幸あれ♪
【◇日々雑記(2008年)の最新記事】
posted by はる at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇日々雑記(2008年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22209761
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック