2009年03月19日

検査、針三昧

題名だけでも、怖くてブルブルガタガタしちゃうんですが…。
今日は、甲状腺腫瘍の検査日でした。
検査は午後からだったので仕事休みにしたかったんですが、午前中は抜けられ無い仕事があって、出勤。
お昼ご飯を食べて、職場から病院に直行しました。

まず、1時半に外来受付になってたので、少し前に1階の外科外来に到着。
で、外来の看護士さんに、まず処置室に行ってきてね〜って言われて、2階の中央処置室へ。
そこで、まず、病院の服に上下着替えして、それから点滴しま〜す♪と、点滴の針を…ぐいっ!
みゅー(>△<)!!
痛くて我慢出来ずに、思わず鳴きました…(;ω;)
それから点滴したまま、CTするのに1階の放射線外来へ、点滴が下がったガラガラ柱を押してテクテクと自分一人で歩いて行ったんだけど、針が入ったままの腕がチクチク痛くて、気持ち悪い。
点滴、キライ。
針、キライ。
…吐きそう…orz
放射線外来でCT室の前に着いたら、結局結構混んでて、30分くらい待たされ…途中点滴の中身が無くなりそうなり、液の点下速度を激遅に変えられ…もう点滴無くなるよ〜って時に、呼ばれたでした。
CT自体は、全然大丈夫でした。
まず首の部分を撮影して、造影剤投入して上半身撮影して、再び首の部分を撮影。
造影剤は…よく分かんなかったです。
体が一気に熱くなる…とか言われてたんですが…うーん?
今思えば、背中あたりが、じんわり温まってた…かも?
最近、サウナで暑いのに慣らしてたから、熱くなるという感覚が鈍ってたのかも…(^-^;
…で、CTが終わって、まだ横になったままの時に点滴を抜いたんですが…入れる時より3倍ぐらい痛かった(TДT)!!
みゅぅー(>△<)!!
って、また鳴いた…。
内心凹んで、着替えして、外科外来に戻って来たのが2時半過ぎくらい。
エコー下穿刺細胞診予約の3時まで待ちぼうけ。
エコーは、私の先に1人入ったので、私が検査室に入ったのが3時半くらい。
前回は担当の医師が外来混んでて来れないからって、別の人がしたんだけど、今日はちゃんと、担当の先生だったです。
前回の時、すっごい痛かったから、もう硬直。
でも、進行がスムーズでした。
ただ…針注す時、前より、すっご痛かった!!
みゅぅぅぅーっ(>△<)!!!
って鳴いたら…先生が…。
ハーイ、痛いね〜、頑張ってね〜(^ω^)
…だって…モウヤダー。゜(゜´Д`゜)゜。
痛かったけど、あっという間に終わったでした。
水も溜まってたみたいで、抜きもしたみたい。
はっきりとは聞こえなかったけど、どうやら私の腫瘍って、水の中にプカプカ浮かんだような状態のようです。

なんか今日も痛い三昧で凹凹凹(・ω・`*)
しかも帰りの支払い、前回エコー下穿刺細胞診した時の倍以上で(CTしたしね)、お財布事情も凹凹…orz

ふて寝しよう、そうしよう。
posted by はる at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎甲状腺腫瘍記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27710408
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック