2009年06月25日

徳用チョコシュー(ノ>∇<)ノ

20090625.jpg

『おいしいチョコシューを お手軽な価格で 作りたての味を お客様のお手元まで!』
内容量230グラム!
入れ物は縦14×横19×高さ9cm!
準チョコレートだって、気にならない!
これで298円!
リスカ(株)さん、ありがとう〜!
posted by はる at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ◇日々雑記(2009年)
この記事へのコメント
はじめまして。
ピコットゲージで検索して、お邪魔しました。
数年前、フェリシモのキットにタティングが登場し、はじめてタティングレースを知りました。キットは4回でやめてしまいましたが、その後も思い出したように結んでいます。
朝鶴さんのピコットゲージ、結構前から欲しいなあって迷っているんですけれど、やっぱりあると便利でしょうか?(悩むほどの金額じゃないですよね、笑)
詩作もされるんですね!
とても繊細な感じを受けました。
では暑くなりましたが、お体お大切に・・・
Posted by ありむ at 2009年06月25日 13:25
ありむ様、ようこそ〜♪

ピコットゲージで検索していらっしゃったとの事で、コメントまで戴き、ありがとうございます(*^∇^*)
私も、タティングを始めたきっかけは、フェリシモです〜!
スターターだけ購入して、キットは買わずに、せっせと教本を買いあさってしまいました(;^_^A
タティングって、しばらく手を離れてても、やっぱり好きカモ…ってまた再開しちゃいますね♪

さて、朝鶴さんのピコットゲージですが…結論から言いますと、有ると便利かと言われると便利な部類ですが、無くても代用品で用が足りちゃいます。
洋書とかで、ピコットのサイズが指定されている時は、ゲージにインチ数が書いてありますし、1枚で様々な幅に対応しているので、ピコが簡単に楽チンで綺麗に出来るかと思います。
ただ私の場合、手が小さいのか、単なる不器用なせいなのか、ピコットゲージ自体のサイズが、手に合わないんですよね。
なので、ピコットゲージを利用して、別の厚紙(最近は牛乳パックを使用してます)で必要分の高さの、私の手に馴染む様に長さを短く加工した物を使っています。
朝鶴さんに有るゲージの素材は、ちょっと丈夫な厚紙…といった感じなので、悩むほどの金額じゃない程では無いとはいえ、お高い感じに思われるかもしれませんね。

詩作…は、時々(^-^;
繊細な感じ…とは、照れちゃいます〜(#^.^#)
体調へもお言葉を戴き、ありがとうございます♪

このブログが何かのお役に立てれば幸いです。
よろしければ、また来て下さいね(*^∇^*)
Posted by はる at 2009年06月25日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30064225
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック