2009年06月30日

夏越の大祓祭

今日は、夏越(なごし)の大祓祭(おおはらい)の日です。
1年間の前半期(1〜6月)の終了に当たり、これまでの穢れ(けがれ)を祓い、これから始まる後半期の活力の更新を願い、家庭の繁栄と円満を祈ります。
よくテレビとかで、神社の境内でで茅(ちがや)を束ねて作った大きな茅の輪(ちのわ)をぐるぐるくぐっている人が写ってたりしますが、それも祓いの一つです。
ちなみに、12月31日にも、ちゃんと冬越の大祓祭(年越の大祓ともいう?)っていうのもありますがね。大晦日なんで、気がついて無い人の方が多いかと。

まあ、社会人になってから毎年、大祓を受けてる身なんですが、それはどうでもよくて←
今年初めて知ったんですが、京都の方では、夏越の大祓祭の時に、『水無月』っていう和菓子を食べるそうですね!
白いういろうに、小豆が乗っかってるらしぃんですが…。

ういろう好きー!
食べてみた〜い゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜
posted by はる at 15:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ◇日々雑記(2009年)
この記事へのコメント
わー∨ためになります∨(大雑把ーに認識してたのでf^_^;)
水無月ってそういうお菓子だったんですか!
六花亭の今月のお菓子になってたのですが、見た目が地味だったので逃しました…(^ワ^;
Posted by ZION at 2009年06月30日 20:17
しーちゃん、いらっしゃいませ〜♪

ためになるのは幸いです…が、マニアックなネタなので、大雑把程度で十分だと思いますよ(;^_^A
水無月ってそういう、お菓子だったらしいです!
京都では、6月30日だけ販売されるそうですよ〜。
なんでも、外郎の上にある小豆は、赤色というので魔よけを意味し、厄除けの役割があるそうです。
三角に切ってあるのは氷を意味していて、暑気祓いの意味があるそうです。
掘り下げていくと、ちゃんとした意味があるみたいですね〜。

六花亭の今月のお菓子…水無月だったんですか?!
チェックし忘れてました〜残念(・ω・`*)
確かに、見た目は地味ですよね〜。
来年こそは、ぜひ食べてみたいと思います♪
ういろう〜(≧v≦)Vvv

Posted by はる at 2009年06月30日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30197064
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック