2009年12月29日

見習うべきもの

20091229.jpg

『暮らしのヒント集』発刊:暮らしの手帖社。

年に何回か購入する、暮らし手帖。
その大部分の理由が、ほんの1ページのコーナーの為と言ってもイイのですが、そのコーナーが『暮らしのヒント集』
ずーっと、1冊の本になればイイのにな〜と思ってたところに、待望の単行本化!!
春頃に発行されていたようですが、ようやく手に入れました♪

気付きの言葉が、ちりばめられています。
私にとっての、教典みたいなもの。
日々を楽しく、優しく、穏やかに暮らすための、でも堅苦しく無い、簡潔な言葉達が載っています。
本の作りはシンプルで、見た目は堅苦しそうですけど(;^_^A

本文の最初に必ず書いてある言葉が『ここにならんでいる いくつかのヒントの中で、ふと目についた項目を読んでみて下さい。たぶん、ああそうだった ということになるでしょう』というもの。
書いてある事を『全部』と言わない所が、イイと思う。
私も、本誌の1ページの中(だいたい20項目載っている)で、納得するものがあるのは、いくつか。
でも、それがまた、見る時期や歳を重ねる事によって、必要だと思う事って変わってたり、違ってくるんですよね。

どんな事が書いてあるの?という方の為に、本文から、いくつか…。
『冬は、陽の当たる窓辺にマフラーや手ぶくろを置いておきましょう。使う時にぽかぽかあたたかくなって気持ちがいいですよ。』
『ほんとうに欲しいものは何か、と静かに考えてみましょう。自分自身の本当の姿が見えてきます。自分を知ることは、暮らしを豊かにします。』
『朝起きたら、今日したいことをメモします。約束をのぞいて、簡単なことから済ませていきましょう。』
『収納する箱や容器は買いすぎないように。実はそういった箱や容器が、増えてしまって一番困るものです。』
…と、これは、たまたま開いたページの、目に留まった言葉ですが、まだまだありますよ♪

この本の内容って、反抗期だとあえて反発や嫌味を言いそうになる、素直な言葉達かな〜と思います(笑)
その素直さを受け入れられたら、きっと毎日が楽しくなるのだろうな、とも思いますけれどね。
定価は1冊1200円+税。
よろしければ、あなた様の手元にも、ぜひ迎えて下さいませ(*^ω^*)Vv



…って、なんだか回し者のようだな、私…(苦笑)
posted by はる at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇日々雑記(2009年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34447597
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック