2010年01月22日

スタート

フェリシモ・クチュリエ・ここからスタートしよう!棒針編み『きほんのき』レッスン1棒針編みの作り目。
開始しましたよー。
思いの外、苦戦しておりまする…orz

説明書だけ見ても全く理解出来ないのは相変わらず(苦笑)
実戦、実戦♪
まず、作り目からですが、手の動きは何となく覚えていたものの、なかなか糸の引き具合が上手くいかず、4〜5回やり直しました。
こんなに複雑だったっけー(ノд<。)??
なんとなく目が揃ってきたのが、コチラ。
20100122-1.jpg

このまま作り目ばっかりやっても飽きるので、この辺で次へ。
糸の持ち方は、一般的に左手に持つフランス式(鈎針編みと同じ持ち方)が主流のようですが、糸が上手く棒にかからず、イライラした記憶があるので、ぜひ右手持ちのアメリカ式でやってみたいと思っていました。
アメリカ式だと、フランス式に比べてスピードは落ちますが、糸が抜けずらくて、ふんわり仕上がると聞いた事があるので…。
しかもフランス式だと、編み目が、ぎっちぎちになっちゃうのら〜(←明らかに経験不足)
さすが『きほんのき』!
どちらの持ち方も説明されてましたよ♪
…というわけで、アメリカ式にTRY(*^∇^*)

表目も裏目も、針の入れ方、糸のかけ方、全く記憶から消去されてて、説明書見ても、『??』の嵐…。
1目1目何度か入れたり出したり、解いたりもして、なんとか9段目まで進みました。
所々、目がぼよぼよ。
20100122-2.jpg
10センチ四方のコースターになる予定ですが、すでに幅は10センチOVER。
編み地は、くるくる丸まる。
…緩過ぎたのか…キツすぎたのか…どっち?

1時間でココまで。
とりあえず、1枚が出来上がるまで、このまま進めてみたいと思います。
この記事へのコメント
ご無沙汰しています〜。
今年もよろしくお願いします。

メリヤス編みはどうしても端から丸まってしまう特性があるので
丸まってきても問題ないですよ。
編み終えた後にスチームを当てれば落ち着くと思います。
Posted by Rilca at 2010年01月23日 08:23
お久しぶりです。
今年もよろしくお願いいたします。

そしてそして、「きほんのき」年末にとうとう注文しました。
帰省後にわくわく開封しましたが、自分も同じく????の嵐でした。
はるさんみたいに頑張れず、放置中・・・。
ちなみに自分はフランス式です。
子どもの頃母から教わったのがフランス式だったので、なんとなく。
はじめてアメリカ式を見たときは、「?!」と衝撃を受けたのを覚えてます、笑。

「きほんのき」初回割引かかりましたね〜。
あららーと思ったけど、三ヶ月エントリー割引もあったのでそちらを申し込みました♪
Posted by ありむ at 2010年01月23日 21:41
Rilca様>
こちらこそ、大変ご無沙汰しています〜。
そちらへは頻繁にお伺いしてるのですが…見る専門で全然コメントしていなくて申し訳ありません(≧ロ≦)
今年もよろしくお願い致しますVv

メリヤス編み…この編み方がメリヤス編みという名前だったのすら忘れてました(滝汗)
写真は定規で上から押さえている状態で、編み地は、すご〜く、くるんくるんなので…心配してたのですが、丸まってしまうのが普通なのですね!
編み終えた後にスチームですね♪
頑張って最後まで編みあげて、仕上げします♪
アドバイスありがとうございます〜(*^∇^*)!


ありむ様>
お久しぶりです〜。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します(*^∇^*)

「きほんのき」とうとう、ご注文されましたか!!
かぎ針の時と違って、説明書だけだと『????』ですよね!
私も購入してから3ヶ月分を放置してましたから、似たようなものですよ〜(;^_^A
毛糸ものなので、冬の内に会得しようと、重い腰を上げた感じです。
ありむ様は、フランス式ですか。
私の周りも、全員フランス式でした〜。
アメリカ式は噂には聞いた事があって、たまたまNHKのおしゃれ工房で右手に糸をかけてた作家さんが居て、初めてアメリカ式の動きを見たときに私も「なにあれ?」と衝撃を受けました。

「きほんのき」初回割引なりましたね。
シリーズが始まってから三ヶ月エントリー割引も開始になりましたが、注文しなおすのも面倒だったので、そのまま継続しています。
ありむ様も、一緒に頑張りましょ〜♪
目指せ、アラン編みのバッグ(*^∇^*)♪♪
Posted by はる at 2010年01月23日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34894043
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック