2010年01月27日

パパティア

20100127-1.jpg
今井さん著の『トルコの伝統レース・イーネオヤ』より、カモミール。
直径4センチ。
デカイ…orz
カモミールというより、マーガレットみたいだね〜。

実は、カモミールのデザインが、あまり好きじゃないのでした。
なので、今まで嫌厭してきました。
カモミールって、こんな花だっけ?と、別にリアリティを追求する派なわけでは無いのだけど、なんとなく納得いかなくて…。
今年は、今井さん著の『イーネオヤ』に掲載されているモチーフを全て作ってみるという裏目標があるので(←ってココで言った時点で裏でも何でもない…orz)今回作成に踏み切ってみました。
せっかく作るなら、少しでも自分の中で納得する出来にしようと、今回少しアレンジしています。

小さい方の花は教本通りに。
大きい方の花は、白1色で。
ガクは、花びらと同じ要領で、3目から5目まで増し目したものを、縁取り。
花芯は花粉色の糸を10回程巻いたもの。
裏側から見ると、こんなんです。
20100127-2.jpg
納得度は70%…?
編み目がヨレヨレのボワボワの汚いのは別として(←え?)、花芯の部分…もっと何か、まんまるな雰囲気にならないかな〜…。

カモミールのモチーフ自体は、花びらが2段重ねという点が手間という以外は、花びら毎に糸処理しなくてイイ分、スミレとかより作りやすかったです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34976504
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック