2010年08月14日

練習と、残骸と、本番と

本棚の目隠しカバーに飾りつけるオヤ…というより、イーネダンテルになりましたが…せっせと作成中です♪
今井さん著イーネダンテル本に載ってる、こちら。
20100814-1.jpg
本とは少し変えて、ベースにはレースリボンを使うんですがね。

…で、いきなり作り始めるのはマズかろうと、まずはお花の部分の練習をしました。
20100814-2.jpg
左側から出来上がり順。
オレンジ色のは、ダイソーのレース糸#40です。
扱い安い糸だし、安いしで、練習にはもってこい。
なんとなーく、お花の仕組みが解ったところで…、
白と地味めゴールドのグラデーションが品のある、KAPLANのポリエステルの玉巻版のオヤ糸。
普通のポリエステルのオヤ糸より、ちと太目です。
この糸、すっごく結びやすいんですが、どーにも結び目を固定出来ずに、形が崩れてしまうので、使うのを断念。
やはり摩擦係数が高い糸の方が良かろうと、手持ちの糸をあさって、結局、毛糸ピエロさんとこのレース糸にしました。
よりは甘いけど結びやす〜い(*^ω^*)
綺麗…とは言い難いですが、まあまあ見られる形にはなってきたかも?

このダンテルは、お花のモチーフを先に編んでおき、お山のモチーフを編みながら、お山にあるピコットにお花をつけていきます。
でも、教本通りの目数で作って無いので、試しに先にお山を編んで見てから、お花の位置を決めてみることにしました。
20100814-3.jpg
波打ちまくり…( ̄― ̄)
20100814-4.jpg
アイロンかけてみました。
ちょっぴり成型したものの、端の方がヨレたままですな。
ま、イイや(諦め)
で、後から、お花を編み加えてみました。
20100814-5.jpg
まあ、イイ位置かな?

ちなみに今回のダンテルは、長さ120cmの長さのリボンに、480目あります。
お山モチーフは20目からの立ち上がりで、全部で24つ。
お花は23個。
…先は長いな〜。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40157831
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック