2010年10月11日

素敵ドイリー3段目

20101011.jpg

『Tatting theory and patterns』より。
Jan Stawasz氏こと素敵オジサマのドイリーが3段目終わりました。

…放置プレイか、忘れてたと思ったでしょ?
私にしては大事に作ってるので、ちゃ〜んと進めてましたよ(´∀`)

でも、とりあえずココで終了です。
やりかけは2つまでのMYルール。
寒くなってきたし、棒針レッスンを再開します〜。
この記事へのコメント
こんばんは〜
すごい!綺麗!繊細〜!
濃淡のピンクも愛らしい…∨
さすがはるさん〜♪
でかプリンも満足感高い品ですよね!
あと甲状腺も一応大丈夫との事、よかったです。
リンパ、今後も何事もないと いいですねι(・ω・)ノシ
Posted by ZION at 2010年10月11日 19:46
しーちゃ〜ん(*^ω^*)
レスが遅くなりまして申し訳ありません(___;)
お誉め戴き、ありがとーございます♪
私のよーな人間でも、繊細で可愛い物が出来上がるのは、タティングレースという技術と、デザインを考えた方の偉業です!
ピンク色ってテンション上がりますよね∨v

プリンは、密度が濃いので、御満足戴けるかと。
販売会社が小樽なので、道内なら手に入ると思います!
ちなみに私はローソンで買いました。
次の日には売り切れてたので、次の入荷待ちでーす♪

甲状腺の方は、安定してますね〜。
リンパが気になりますが…大丈夫らしいので…また半年後ですね。
いつも気にかけて戴き、ありがとうございます(^人^)
Posted by はる at 2010年10月13日 14:31
一番はじめの記事から溯ってひとつずつ読ませて頂いています(^-^;

すごく綺麗!!!
タティングレースも気になっていて、クロバーのちいさなてしごとのキットを購入したまま…眠らせているのですが、やっぱりやってみたいなぁーと思ってしまいました(笑)。
一体、どのぐらい勉強すればこんなに素敵なドイリーが編めるのになるのでしょうか?
講座に通われたりしました?
私は、本を読んで独学で頑張りたいなぁと思っているのですが、おすすめの本とかありますでしょうか?
いろいろ質問してしまってすみません(^-^;
もし、お時間のある時にでも教えて頂けたらうれしいです。

タティングレースって、独特の魅力があって素敵ですよねぇ♪
Posted by haru at 2012年05月22日 16:26
haruさん、いらっしゃいませ〜♪
一番はじめの記事から読んで下さってるのですか(゜O゜;)
ありがとうございます〜!
無意味に、だらだらした記事ばかりで、なんだか申し訳ありません(;^_^A

こちらのJanのデザインは、どれも素敵なんですよ〜Vv
クロバーのちいさなてしごとのキット、眠らせてるままでは、もったいない!
ぜひ、開封して、やってみて下さいませ〜Vv
最初の1目(ダブルステッチ)が、タティングの最大の難関ですが、乗り越えた先には、楽しい世界が待ってますよ(*^ω^*)♪
私なんて、まだまだペーペーですが、ダブルステッチさえ出来るようになれば、誰でもタティングを楽しめますので♪
ちなみに私は、やってる手芸全て独学です。
同志も教室も無い田舎ですし(;^_^A
今は教本もたくさん出ていますし、YouTubeなんかで動画もありますし、やろうと思えば、普通に独学でも出来ますよ♪
ちなみに、このブログと平行して一時期タティング奮闘記のブログをやってましたので、よろしければ、見て下さいませ〜。
下手くそ過ぎな作品ばかりで、ものすごい恥ずかしいですが(;^_^A
http://tatting.sblo.jp/
おすすめの本は…イロイロありますが、初めての1冊にするなら、ブティック社の『はじめてのタティングレース』が良いかと〜。
写真も見やすくて、解説も丁寧ですし、掲載されている作品は小降りで可愛らしいモノばかりですので♪
タティングらしいレースのドイリーを作るなら、個人的に聖光院先生関係の本がオススメですが、洋書もイイ本がイッパイありますVv
私のサイト(HP)『solas』に簡単な本のレビューがありますので、参考になれば幸いです。
http://eastwind.sakura.ne.jp/
疑問質問、気になる事がありましたら、遠慮なく聞いて下さいね♪
私が分かる範囲なので狭い知識ですが、お役に立てましたら幸いです〜。
タティングは、とっても楽しいので、お仲間が増えると嬉しいです(*^ω^*)Vv
さあ、haruさんも素敵タティングしましょ〜♪

Posted by はる at 2012年05月22日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41230732
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック