2010年10月17日

まじかー

今日は週に1度の温泉デー♪
…だったのですが、

温泉入浴1時間程経った頃合いに。
…具合が悪くなって、倒れかけて、救助されました。
救急車は勘弁してもらえましたが、結構大袈裟な騒ぎに。

掛け湯してサウナに入って、シャンプーして、トリートメントしながら露天風呂に入って、で、約1時間経過…。
いつもなら、ここまでにサウナに3回は入ってたり、湯舟も内風呂と露天をハシゴしてたりで、あっという間に2時間経ってたりもするのですが、いつもより短い時間帯でした。
洗い場に戻ってトリートメント洗い流したあたりから、湯あたりしたような気持ち悪さが襲ってきました。
湯あたりは、しょっちゅうなので、ちょっと我慢したら…としてる内に、だんだん手足が痺れてきちゃって。
あれれ?
私の中での『湯あたり』状態は、心臓がバクバクして、気持ち悪くなって、めまいが…なのですが。
ちと違う感じ?
脱水か酸欠か…と頭を過ぎったのですが、指先爪先から始まった痺れが一気に中央に進行し、手足が動かせなくなっちゃいました。
痺れて痛いとかじゃなく、感覚が無し。
治まるかと期待しつつジッとしてたら、身体から口元の方まで痺れが上がってきて…頭の方まで痺れが。
で、さすがに頭まで痺れが来たらヤバかろうと、倒れて意識不明で救急車に乗せられるよりはマシ…と、温泉場に居た見知らぬ人達に助けを求めました。
すでに口が完全に痺れて硬直した感じになってたので、声は出たけど何言ってるか分かんねー状態。
唇がうまく動いてくれない。

そんなこんなで洗い場にて、タオルであちこち冷やして戴いたあと、温泉施設のフロントの方も登場して、抱え上げられながら脱衣所へ移動。
バスタオル掛けて戴いたり、スポーツドリンクやお茶を戴いたり、中には親身に救護して下さった方も。
手慣れた介護で…聞きそびれたけど、看護婦さんだったのかな?
自分が裸のままなのもいとわずに、親身に冷やしたりマッサージしてくれました。
白衣の天使…ではありませんでしたが、ナイスバデイが眩しい可愛いビーナス。
感謝です。
病院にお世話になりまくりな私ですが、今まで看護婦(士)さんは、あまり好きではありませんでした。
が、でももし、あの可愛いビーナスが看護婦さんなのだとしたら、ちょっと意識が変わるような気がします。

いつもは3時間程だらだら温泉を堪能するのですが、今日は1時間でギブったあと、残り2時間はダメダメ星人だったという…。
……orz

ペオースにアンスールよ…。
『何が起こるかわからない』
って、コレかーーーーΣ(´Д`;)?!
コレがペオースのギフトで、これからアンスールの言う続きがあるのか…。
どんなやねん。

いや、私のリーディング違いも無きにしもあらずだしね。
ペオースは注意を促してたかもしれないし、アンスールの解釈って難しくて意味の選択に迷ったし。
もしルーン読める方がいましたら、アドバイス下さーい。
posted by はる at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇日々雑記(2010年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41367187
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック