2011年03月17日

フィレー・レース

フィレレース(フィレーレース)
しばらく前にお試しってたのですが…。
作業途中の、『楽しくなってきた〜(*^ω^*)』のテンションがほとんど上がらなかったので、UPするか迷ってました←

手始め前に、まず説明とテキスト本を熟読してみたのですが、全くピンと来ず←
まあ、やってみないことには分からない事も有るよね〜と、針に糸を巻いてみました。
準備段階って、早くやりたいよーな、始めるのが何だか勿体ないような、妙な高揚感がありますよね。
糸を結びつけるベースの糸も準備して、いざ左手に板を持って、右手にフィレレース独特の針を持って…ちょいちょい。

………と、出来るハズも無く…orz

まず、板を左手でキープしたままがツライ!
タティングの時にピコゲージをホールドしておくことすら、ままならないというのに、こんな長い板は何かの試練ですか?

なんとか1つ目の目は結べたものの、次の2つ目がムリ〜。゜(゜´Д`゜)゜。
目板のホールドも甘く(ぶきっちょ大全開)糸は団子になっていくし、イライラ。
ひとまず頭を冷やすのに、その日は終了しました。
ムキになるのは良くないので、次の日は冷却日にして、1日置いて再びチャレンジ。
まずは、1つ目の輪を作る時に、結び目の構造を研究。
目板にかかる輪の大きさは気にせずに、とにかく結び目の作りを解読しました。
糸の流れが解れば、引いたり緩めたりする調整が出来ますのでね。
これは私がイーネオヤで学んだ教訓ですが←

何となく糸の流れを掴んで、引きの調節をしつつ、目板に翻弄されながらも、何目か進んだのがコチラ。

20110221_1.jpg
とりあえず、基本の四角いのを作るべく、増し目も練習…が、この時点で限界を感じ(何の限界?)、そのまま減らし目して、こんな感じの物が出来ました。
20110221_2.jpg
ネット(網)っすね
ちなみに、基本は、この網状の物に刺繍をするんだそーです。
…刺繍は、まだ未開の地ですよ…orz
テンション上がらなかった理由は、そこなのかも?(針仕事苦手)

とりあえず、フィレレースは、刺繍がスキルに入るまで、お蔵入りに決定←
教本の円形ドイリー(刺繍無し)は美しいかったので、編み図を発見出来れば、作りたいと思いますが。
…まあ、私向きじゃなかったという事で…ごにょごにょ。
【◆手遊び(フィレレース)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43883859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック