2011年04月05日

甲状腺腫瘍摘出…その後。その10

記事のUPが遅くなりましたが…。
去る3月31日に、定期検診に行ってきましたよ〜。

ぼちぼち長いので、気になる方だけ、続きをどうぞ↓


8時半に受付・採血、9時のエコー、9時半に診察…なのですが、なんだかのんびりしちゃって、病院に着いたのが8時20分←
受付に行って、中央処置室に採血しに行きました。
相変わらず混んでたので、実際に採血されたのは8時50分くらい。
採血って、たいてい利き腕とは反対側の腕でするので、右利きの私は左腕…と言いたいところですが、血管が細くて看護婦困らせなので、何も言わずに右腕を差し出し。
看護婦さんが注射器準備中に、右手をぎっちり握って、所定の位置をさすりまくって、セルフウォームアップ←
その様子を見て、血管なかなか出ないの〜?とか、ほんとだね〜とか言われながら、針を刺す場所の位置決めをされ…針が出てきたところで、目をつむりました(注射器嫌い)
しばらく、あちこちぷにぷに触られたあと、いい場所見つかりましたよ♪と言われて、いざ採血。
定型句のように、ちょっと痛いですよ〜と言われながら針を刺してくるのですが、

…なんか、いつもと場所が違う(´д`)?!
だいたい、ひじの裏側で、真ん中辺あたりに針を刺されるのですが、今回は内側気味。
ちょっとどころか、すっごい痛い!
何が痛いって、針を抜いた後、ずっとちくちく痛いかったです…(めそめそ)
ちびっと内出血してたし、3日間くらい痛かった…。
まあ、看護婦さんの言う『いい場所』だったのか、採血してる時間事態は、じゃっかん短めだったように思います(遠い目)

がっちり凹みながら、9時過ぎからエコー。
喉と喉元あたりを、ぐりぐり。
上を向いて、心持ちアゴを上げた状態で受けるので、エコーの画面が見れないのが、毎回の残念。
まあ、見たとしても、画像と言えどグロくて、ドン引きするんでしょうがね。

9時半少し前に外来に戻って、診察待ち。
8時50分に採血して、9時半に結果は出て無いだろう…と思っていたので、イライラすること無く待ちの姿勢で、DS引っ張り出して、ドラクエ←
呼ばれたのは思ってたより早くて、10時過ぎには診察室に入れました。

エコーの結果は、術後の経過もよく、左側の甲状腺にも腫瘍らしきものも無し。
前回気になる言い方をしていたリンパも…とりあえずは大丈夫だと言われました。
…だから、とりあえずって何だ…?←
転移とかの話かなあ…リンパ腫とか?
まあ、なんともないならイイけど。

血液検査のほうは…問題が1つ出てきちゃいました。
TSH値(脳下垂体から出る甲状腺刺激ホルモン)が、まだ正常数値内とのことですが、上がり下がりはあるものの、少しづつ上昇していっているとのこと。
TSHは、甲状腺から出るホルモンの調節をしている物質。
今さらになって理解したことですが、どうやら私の場合は、甲状腺自体がどうこうというより、TSHに問題があったようです。(あ、いや、まあ、甲状腺の機能が低下気味だから、TSH値が上がるというのもあるけれど)
これが高くなってくると、甲状腺が刺激されすぎて、腫瘍が出来やすくなるみたい。
ちなみに、今回の血液検査の結果で出てたTSH値は3.39です。
次回の検診の時に、もし数値が上がっていたら、薬を服用してみた方がイイかもな話でした。
薬は、甲状腺の方にホルモンを足す方法。
なるべく薬は飲みたくないなあ。
サプリ飲みすぎてるし←
安定傾向で、普通に定期健診だけだと良いなあと思い続けていたので、ちょっとショックを受けました。

…ああ、私はノドが悪いんじゃなくて、頭が悪いんですね←
まあ、頭が悪いのは、今に始まったことじゃ無いんですけどねww

次の検診は、半年後の10月6日。
血液検査とエコー。
どうなることやら、ですね。
posted by はる at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎甲状腺腫瘍記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44147721
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック