2011年04月29日

癒し

世界フィギュアスケート選手権2011が行われていますね。
緩やかに流れる音楽と、氷上を流れる様に舞う選手達の演技に、時間が経つのを忘れるほど見入っています。

今日は、英国王室結婚式の中継も見ました。
伝統的な教会式というものを初めて見たのですが…聖歌の響きの美しさに心震えました。
荘厳、厳粛…という言葉より、清廉なという言葉が合うように思います。
初春の青空の元に静かに流れる澄んだ空気の流れのような、清らかさ。
人々の祝福のオーラと、幸せそうなお二人の笑顔が、見ている人の心をも明るくしていくようです。
次へ、明日へ、未来へ、それらに希望を持っても良いのだと、改めて思わせてもらえた気がしました。
posted by はる at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇日々雑記(2011年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44631988
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック