2012年02月13日

近況

おはこんばんちわ。
暖かいねー…と言いつつ、まだ最高気温は零下の真冬日な毎日ですが、太陽の力はとてつもないもので、天気のイイ日は、みりみる雪がとけていきます。
春も近いですね。
上司面する先輩の昨年あたりから始まったパワハラが最近拡大するのに日々耐えながら、最近ちょっとウツ気味になってきてます。
面白かったハズの事が面白く思えなくなってきたり、だんだん笑えなくなってきてるかもと、先日はたと気がつきました。
まだ萌えられるものがあるうちは大丈夫かと思いますが。
まあ季節の変わり目ですしね。
明日はバレンタインですが、毎年勤め先に手作り義理チョコ菓子を作っていたのですが、作成キットも購入してましたが、そういう理由でかなり悩みに悩み、別の先輩に相談した結果、今年は配らない事にしました。
お世話になっている人への日頃のお礼は別の機会に…その時その時ににすればイイよ。
バレンタインの義理チョコ行事、消えて無くなれ←
暖かい日はみぞれや小雨の降りしきる中でも勤め先敷地内の氷割りをしたり、天気が良ければ寒風吹いている中昼過ぎまで外掃除したり、片付け苦手な後輩が休みの日に代わりに留守番してる受付の断捨離を決行したり、なんとなく腹黒いまま環境整備してる毎日です。
年末年始の行事続きが終わり、まだ人の出入りが多く慌ただしいものの、ちょっと落ち着いた感じでもあります。
春だなーって感じです。
過ぎたる8日に仕事が休みでしたが、掃除したり、母の買い物の運転手したり、具合悪くなって昼寝したりで速攻で終了しました。
11日の建国記念の日、特になんだというわけではありませんが、直木賞受賞の作品の『道化師の蝶』を読む機会がありました。
活字好きではありますが、芥川賞作品も直木賞作品も基本的に読むジャンルでは無いので普段気に留めてもいないのですが、今回は北海道出身の方で地元紙に掲載されていた御本人のコメントがとても興味深いというか面白い語り口調だったので、こんなコメント文章を書く人の文章(物語)を読んでみたい衝動にかられ、全文掲載されていた春藝文集を買った人から借りて読みました。
個人的な感想ですと、面白いかったです。
直木賞という事で想像していたものとは違う、なかなかファンタジックなお話でした。
朗々と流れていく文章なのになかなか難儀な文章で、1度読むくらいではざっとした内容しか分からない感じ。
何度も読むことで、味わい深くなるようなお話でした。
単行本で出たら欲しいかも。
…っていうか、漫画化して欲しい。
映像化したら、かなりわかりやすくなって面白いと思うなー…と、まあ本当に個人的な意見ですがね。
なんだかだらだら書き連ねましたが、手遊びの方は、ミニドイリー攻略の方眼編みが苦痛になって、ちょっと息抜き(浮気)してました。
記事は、また別にUPしますです〜。


ランキング参加中↓ヤル気ゲージも上がりますので、どれかポチして貰えたら幸せですVv
にほんブログ村ハンドメイドブログレースタティングレーストルコ手芸・オヤ・キリム
【◇日々雑記(2012年)の最新記事】
posted by はる at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇日々雑記(2012年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53888136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック