2012年02月28日

ことのは


強いふりを しているけれど
強く ないのです
強がるだけの ふんばりが
まだ ほんの少しだけあるだけ

強さがあるというけれど
それだけの対価を擦り減らし

一歩進む というよりも
現状維持のために
私の中に在る 何か を
削り 絞りだす

目に見える 励ましを
糧にして
活きる
幸せをかみしめる

けれど
私が幸せなのは


自らが赦してはならぬもの
私は 喜びを感じても良い人間ではない

私が存在する事実だけで
必ず誰かを
傷つけているのだから

呵責に 囚われる
私という存在が 私を苛む
けれど
私を 赦し
幸せの享受を 赦し
私という存在が在り続ける事が 赦されるなら

暖かな温もりある光へ
手を 伸ばしたい

強くは ないのです
けれど
強く在りたいと 思うのです

その 励ましを
真っすぐに受け取り
応えたい

応えても良いのだと
許しを 乞いたい


***********************

読んで戴いて、ありがとうございました。
にほんブログ村ハンドメイドブログレースタティングレーストルコ手芸・オヤ・キリム
【◎創文(SS・散文・詩他)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54194171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック