2013年05月05日

withOYAさんのキット♪〜その5

image.jpeg
『アイスの棒を使って作る大きなループ』
今回作ったのはテゥーオヤ(かぎ針で編む)の技法で、かぎ針以外の道具…今回はアイスの棒をプラスして使うものです。
参考出来上がり寸法は、縦7×横6.5cmになりました。

アイスの棒っこ、キタ━(゚∀゚)━!
これ、すっごくやりたかったんですよね♪(←そのわりには、買ってから暫く放置してたネ?)
説明書を見ただけでは、何を言っているのか、全く分かりません←
道具がプラスされると、難易度が上がりますね〜(-ω-;)
説明文を追いながら、実際に棒と針とを駆使していくと、びっくり発見と、納得が待っています。
私、タティングのピコゲージとか、すごく苦手なんですが、コレは面白い( ´ ▽ ` )!
詳しい説明は出来ませんが、アイスの棒を使う事で、『輪を作る』ではなく、『輪を維持する』という表現が、合ってるかも?
ややこしやー、ややこしやー♪←

説明書には、本番を始める前に、練習しましょーとあったので、先にちょっと練習してました。
image.jpeg
ゆるゆる荒い編み目でも、モチーフの仕組み(成り立ち)が理解出来ればイイのだヽ(´▽`)/←はい?

実は、本番1段目を編み終わったあと、1度全部解きました。
既成のモチーフ側の穴に、なーんにも考えないで編み進めていったら、説明書の数より大幅に数が多くなってしまったんです…(´・ω・`;)
それで、いったん全部解いて、既成モチーフ側に別糸で印をつけたあと、編み直しました。
2段目を編んだ後、ものすごいお碗になったんですが、3段目を編んだら、綺麗に平らになりました。
不思議マジック゚+。(*゚Д゚*)。+゚
糸は、練習と本番を編んでも、少し残っています。
後で、糸サンプルも作る予定♪

それにしても、ボルドーですら、編み目が見えなくなってきましたよ〜(´・ω・lll)
写真は、ちょっと補正がかかって明るく写ってますが、実物は、もう少し渋いボルドーです。
キットは、もう1色黒があって、本当は、そっちの方がカッコ良かったのですが、編み目が見えなさそうだったので、ボルドーにしました。
でも、黒以外の暗色の糸もヤバくなってきたかも(苦笑)

こちらのキットは、
トルコの伝統手芸オヤの、オリジナルの作品やワークショップでの活動をされていらっしゃる、dantel-mikaさんのネットショップ『withOYA』のキットになります♪
dantel-mikaさんのブログはコチラ。
http://dantelmika.exblog.jp/
ネットショップは次回、6月を予定されています。
毎回同じキットが出るとも限らないので、希望のキットは、事前にお願いしておくとイイと思います〜( ・∀・)♪



来て戴いて、ありがとうございます。
ランキング参加中♪
応援↓のポチどれか1つ押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます!
にほんブログ村☆ハンドメイドブログ☆
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
【◆手遊び(オヤ/ダンテル・withOYAキット)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66586673
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック