2013年11月11日

メキッキオヤ本より〜あじさいの花+α

シャトル(ボビン)に残ってたダイソーレース糸♯20で、練習してみました〜。
恐々と結んで、私にしては結び目が緩いので、余計ぶわぶわ(+ω+)
直径は6.5cmあります。
image.jpeg
タティングでなら30分も掛からないモチーフですが、本を見ながら編んだので、1時間半くらい掛かりました。
でも、動きの練習には良いモチーフですねー( ・∀・)

引き続き、なでしこのモチーフに進みましたが…
image.jpeg
途中でピンクの糸が無くなったので、ここで終了(繋ぐの面倒)
右側が、初めて部分です。
ちょっと要領が分かってきた左側は、右側より微妙に形が整ってるようなー…?
リング部分の糸を引き絞る加減が、まだ上手くいかないです。

構造は理解したので、次はオヤ糸で編もうっと(*´∇`*)♪



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
この記事へのコメント
上のモチーフもオヤの技法で編んだものなんですか?
タティングレースと同じモチーフが出来るんですね。
これは、両方やっていると 頭の中でごちゃごちゃになりそう・・・
それを両立されている方を尊敬します。
オヤ糸での作品も 楽しみにしています♪
Posted by さかみち at 2013年11月12日 11:09
タティングで編んだのと同じようなモチーフもあるのですね!
リングを使わないと聞いていたので、不思議。

やっぱり気になるなぁ〜。
今作っているのが一段落したら、本購入しようと思います!チャレンジしてみたい(^ ^)
Posted by バル at 2013年11月12日 17:18
さかみちさん、いらっしゃいませ〜♪
はい、上のモチーフもオヤの技法なんですよー。
右から左側に編み進めていますし、目の作り方は全てスプリットリングの技法(目を移さない)ですし、リングの作り方も違います(ノ;・ω・)ノ
同じモチーフなら、いっそタティングレース式で編みたいくらいです(←練習にならないでしょ)

タティングはタティング。
オヤはオヤ。
新しい手芸…と割り切ってやると、なんの混乱も無いですよ(*^ω^*)
私は、あまり苦になりませんでしたし。
いつも、手芸イロイロ色んな物に手を出していて、全て完全独学のせいか…変なカンが働くというか( ̄ω ̄;)
目を移す作業が無い分、タティングより簡単かもです♪

メキッキ本で作りたい物はビーズ入りばかりなので…まずビーズ通しから、がんばりますですね(ノ;・ω・)ノ
Posted by はる at 2013年11月12日 19:49
バルさん、いらっしゃいませ〜♪
あじさいのモチーフ、タティングレースのと同じなんですよー。
まあ、基本的なモチーフですよね。
タティングのようなリングは使いませんが、リングになるような仕組みでリングを作るようになっています。
この仕組みが、面白い(●´∀`●)
タティングといい、メキッキといい、やっぱりシャトルを使うのは楽しいなーって思いました。

やっぱり気になりますか( ・∀・)ニヤリ
手芸本は一期一会ですから、気になる時が、買い時ですよねー♪
ぜひ、チャレンジしてみて下さいね〜。
Posted by はる at 2013年11月12日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80432903
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック