2013年11月24日

初めてnoニードルタティング♪

この記事、iPhoneさんで頑張って打ち込んでいたのに、送信直前に間違って消して、どん凹み…。
空き時間みながら、ほぼ二日掛かっかたのに…(ノд<。)゜。
もう一度打ち直しました(´;ω;`)

*************

さて、こないだのニードルタティングのキット、やってみましたよ♪
キットの内容は、
・出来上がり見本写真
・作り方説明書1枚
・作品編み図1枚
・綿糸2色
でした。
綿糸は、レース糸っぽく無いですね。
素朴な風合い。
ごしょうさんの♯20レース糸を、もっと撚りを甘くしたような…柔らかい糸です。

作り方説明書は両面印刷になってました。
片面の半分のスペースに、作り目の解説や、ピコの作り方、接続の仕方などの基本的な説明が。
もう半分のスペースには、リングだけで作るモチーフの作り方説明が。
編んでみると、こんな感じになりました。
image.jpeg
直径2.8cm。
基本的な3.p.2.p.2.p.3のリングを5つ作るモチーフでしたが、指定された糸の長さ150cmでは、6つのリングまで編めました。

リングの接続には、編み針とは別の針か何かで、ピコから糸を引き出すと説明にありました。
面倒ですが、かぎ針を出して使いましたよ( ̄ω ̄;)
まあ、シャトルタティングでも、かぎ針無し角無しのシャトルなら、かぎ針使いますしね。

説明書の裏面も、半分は基本的な技法で、もう半分に、チェインの有るモチーフの作り方の説明が有りました。
image.jpeg
直径5cm。
基本的な2.p.2.p.2.p.2のリングと、3.p.3.p.3.p.3のチェインを5つ作るモチーフでしたが、指定された糸の長さ300cmでは、6つのリングまで編めました。…頑張れば7つ編めるかも?

ニードルタティングの動きって、面白いですね♪
右手に針を持って、左手に掛けた糸に針を差し入れて、針に結び目を作っていく。
移し目が無いので、シャトルタティングより、とっつき易い感が有りました。
どんな感じか写真に撮れればイイのですが…動画の方がイイかなと、YouTubeさんから1つピックアップしてみました。
http://www.youtube.com/watch?v=sdB3uu8FvaA&feature=youtube_gdata_player
『needle tatting』で検索すると、イロイロ出てきますよ♪

さて、練習だけなら飽きるので、このままドイリーに突入〜( ・∀・)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
この記事へのコメント
ニードルタティングですか!
これって高嶋タティングと同じ編み方なのですね。
シャトルで編むよりモフモフした感じが柔らかそうで優しい仕上がりになっていますね〜v
Posted by バル at 2013年11月25日 10:07
こんにちは〜!
難しカワエエ手仕事なさっているんですね〜!
もふもふモチーフが 暖かそうです&#9825;

お嫁にもらって戴いたポーチですが、
編み図も要りますでしょうか?
同封すればよかったと 今頃気が付いています。

はるさんなら 20#位の糸でも
作れちゃうかも!!
Posted by しろうさ at 2013年11月25日 12:54
バルさん、いらっしゃいませ〜♪
ニードルタティング、面白いですよ〜ヽ(´▽`)/

ニードルタティングと、高嶋タティングとは、ちょっと違うみたいですよ。
ニードルタティングは、針を使うせいか、作り目を作って、そのまま縫う様に針を進めますが、高島タティングは、針の先端部がかぎ針になっているので、作り目を作った後は、編む様に糸を引き抜くらしいです。

糸のせいもあるかとは思いますが、噂に聞くとおり、ふわっとした風合いになりました。
ドイリーも、割りと、柔らかく編めそうです〜(*^ω^*)
Posted by はる at 2013年11月25日 23:57
しろうさ姐さん、いらっしゃいませ〜♪
あははは〜( ̄ω ̄;)
飽きっぽいから、またイロイロ手を出してます(笑)

このニードルタティング、最初さえ分かってしまえば、シャトルを使うタティングより、とっても簡単なんですよ♪
出来上がりがモフモフでカワエエです〜(●´ω`●)

お嫁に戴いたポーチ、とっても可愛くて可愛くて、幸せです!
ポーチも、きっと幸せにしてみせます(笑)
なんと、編み図も戴けるのですかー!
♯20の糸…私に出来るかな(+ω+)
お菓子は入らなさそうですが(苦笑)
ぜひ、よろしくお願い致します!
Posted by はる at 2013年11月25日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81243825
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック