2017年06月21日

ほんの少しの糸でも、タティングは楽しめる。

エミーグランデさんを、使い切ろう計画(←え、いつから?)
あと、残り1mちょっと。
本当に小さな物しか編めないなーって、くらいですよね。

イロイロ迷って、気になってたけど編むほどでは無いかなーと思ってた、『小さくてかわいいタティングレースのアクセサリー』の『リボンのモチーフ』にしました。
FullSizeRender.jpg
糸端処理用の糸端は、それぞれ少し余裕があるくらいで、モチーフ2つ、編めました。
横幅だいたい2cmくらいてす。

ちなみに、教本では、糸端は後ろ側にボンドで留めてますが。
FullSizeRender.jpg
なんとか2本、編み目に突っ込みました( ・∀・)w

たった1mくらいの糸でも、こんなに可愛いモチーフが編める。
あらためて、タティングってコスパ良いなww

糸玉使い切るのも、ちょっとした感動ありますよね。
在庫どんどん、減らしていかないとですね( ̄ω ̄;)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪



2017年06月19日

タティング、モチーフを重ねてみましたー。

ダイソーさんのレース糸で編んだもの
http://eastwind.sblo.jp/article/180032458.html
と、

エミーグランデさんで編んだ
http://eastwind.sblo.jp/article/180080466.html
のと、

もともと、重ねて仕上げる事を考慮されたモチーフ達。
それぞれのお花モチーフを、重ねました。
FullSizeRender.jpg
横から見ると
IMG_1593.JPG
ちょっと、ふんわり。

ダイソーさんので編んだ方は、中央にパールとか置くと、また印象が変わりそうですね。

どちらも太めの糸なので、ブローチとか良さそう。
糸を細くして、小さく編めば、ピンブローチとか、ピアス向きになるのでしょうねー。

立体、可愛いなー(●´ω`●)

実は、エミーグランデさん、あとほんのちょっとだけ残りました。
使いきりたいと思いましてます( ・∀・)!



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


2017年06月18日

タティングdeお花モチーフ

前回のが終わって、エミーグランデさん糸も残り少しだなー…と思いましたが。
思ったよりも、残ってました( ・∀・)Vv

で、糸がカワエエんで、これは何かアクセサリーっぽいのがイイなぁと思いまして。

今回は、小さなモチーフが掲載されている、
『小さくてかわいいタティングレースのアクセサリー』より、お花モチーフを編んでみました。
FullSizeRender.jpg
ジョセフィンノットのみのお花、リングとチェインのお花、外周のチェインがケルティック風のお花、の3種類♪

ジョセフィンノット、久しぶりだなー。
タティング始めた頃は、すごく苦手でした。
ハーフステッチするだけなんですけどね。
でもコレ、結び目を、ちゃんと押さえてないと、結び目は緩むし、リングになってる芯の部分の糸は縒れてとんでも無いことになるし、意外と気を使うんですよね…。

ケルティック風のお花は、凝って見えるのに、実は簡単!
イイですねー、こういうの。
編んでても楽しい(*^ω^*)
段染め糸も可愛いけど、教本のような単色でも、映えるデザインだと思います。

さて、このモチーフ、重ねて1つのお花モチーフになります。
以前編んだ
http://eastwind.sblo.jp/article/180032458.html
も、まだ重ねて無いので(←え?)
これから、作業しまーす( ̄ω ̄;)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


2017年06月17日

タティング、四角い…?

前回、少し途中経過をUPしていましたが
http://eastwind.sblo.jp/article/180054871.html
引き続き、『はじめてのタティングレース』より
FullSizeRender.jpg
スクエアモチーフの『モチーフm』
オリムパス、エミーグランデ(パステル)使用。
縦横約5.4cm(ピコ含む)です。

1番外側のチェイン、もう少し詰めても良かったですねー。
用心し過ぎて、緩くなりすぎ…。
なんか、せっかくの四角いモチーフが、ぶよぶよ。
初心に帰るなら、逆にもっと、ぎゅーっと絞れば良かったか?(←それなら、いつもと同じデス)
あと、前回イイワケしてますが、チェインが表側になる編み方をしています( ̄ω ̄;)

エミーグランデさんは、『レーシーフラワーアフガンクロッシェ』のモニターした時の
http://eastwind.sblo.jp/article/100131143.html
残り糸です( ・∀・)w
ほんの少しの残り糸とは言え、あまりに可愛くて、なんだか使い切るのが勿体無かったのですが…やはり使ってこその!ですよね。
やっぱり、出来上がりも可愛い色合いでしたVv

ダイソーさんの糸もコスパが良くてイイですが、大手メーカーのはカラーバリエーションが多くて、イイですよね(*^ω^*)
エミーグランデ、あとほんの少し残ってるので、コレで何か小さいモノを編みたいと思います。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


2017年06月15日

タティング、どうでもイイ事に、悩む

引き続き、sumieさんの著書『はじめてのタティングレース』より。
今度は、スクエア型のモチーフを編んでみました。

1段目と、それに引き続く2段目の終わったトコロ。
IMG_1574.JPG
シャトル側の糸を切って、最初の目に繋げて糸始末します。

このモチーフ、1段目と2段目は、シャトルと、シャトルにつながった糸玉で編むようになっています。
が、ボビン2つに糸を巻いて、準備万端( ・∀・)…てしてから、説明文を読んだので、糸玉に繋がったままにするのは、後の祭りでした←
仕方がないというか、まあよくやるのですが、シャトル側からある程度の糸を先に引き出してから、編み始め。
目数をざっくり計算して、1mちょっと引き出してから、リングを編みました。
編み終わっての残り糸の長さ、約15cm。
イイ読みだ( ・∀・)

そうそう。
この本、『見せかけのピコ』の説明で、ピコ分の空間を開けたあと、目を作りますが。
ロックステッチ、なんですよね。
ですが、ロックステッチの名前は出さずに、ロックステッチ込みで、見せかけのピコとして一括り。
ロックステッチは、結びの流れを固定出来るので、あちこち用途のある方法です。
見せかけのピコだけのモノでは無いので…もっと、ロックステッチ自体を、アピールしてあげて欲しかったなー。
…て、あ、いや、ロックステッチがそんなに好きかって言われたら、単なる便利君なだけなんですが(←ひどい)

あと、気になったというか。

この本、リングとチェインの複合のモチーフは、リングが表で、チェインが裏を向いています。
後半に掲載されているエジングは、リングが表でチェインが裏のモノと、リングが裏でチェインが表になっているモノが、掲載されています。

よく、ピコの数が多い方とか、1番外周に来る方を表に…とかありますが。
たいした数は編んで無いですが、私が今まで編んだ中では、チェインが表になるようにしてある作品が多かったかな、と思います。
まあ、大抵1番外側に来るのはチェインが多いので、チェインが表になる率が高いだけなのかもしれませんが。
というか、いつの間にか、チェインが表になるように編むものだと思い込んでました。

で、編み図にも文書にも指定は無く、完成お見本の写真が小さくて、よく見てなかったのもあり、チェイン側が表になると思い込んでいたので、
FullSizeRender.jpg
次の段、チェインが表側になるように、接続していました。
ちなみに、このイイワケがしたいが為の前文デス( ・∀・;)←

よくよく見たら、お見本はリングが表になるように接続なってます←

まあ、何の話がしたいかと言うと。
私みたいに、編み図をちゃんと見てないひとが、リングとチェインの表裏が統一されずに入り乱れてると、混乱しますよー…って話( ・∀・)w
自業自得( ・∀・)ww

さて、続き、編みましょうか。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


2017年06月13日

タティング、お花のモチーフ

前回と同じく
http://eastwind.sblo.jp/article/180019157.html
sumieさんの著書『はじめてのタティングレース』より、

今度は、1番最初に掲載されている
FullSizeRender.jpg
フラワーモチーフを編んでみました。
ピコの有る、『b』の方です。

糸は、ダイソーさんのレース糸♯20、ソリッドのオリーブグレー。
渋くてイイ色(●´ω`●)
1番大きな『4』で、サイズが4.5cm。
ピコを含んだサイズですが、ちなみにピコの高さは3mmくらいです。

教本では、ダルマレース糸♯30葵を使って、2.7cmになっています。

私のモチーフ、今回は少しお椀気味なので、リングの引き締めが少し緩すぎたかもしれません。
あと、糸が太いのに、リングとリングを接続する部分のピコが小さ過ぎたかも。
なんか、習慣的に、接続する部分は小さくしちゃうんですよね。
先に編み図と完成見本の写真を見ておけば、回避出来たかもですが…。
いつも、ちゃんと見てないしね!←

習慣的といえば、ピコの接続のあとは、ハーフステッチを編んで1目にしてしまう…。
もう無意識なので、本当に気をつけていないと、ダブルステッチが出来ない。

最近のタティングの本って、ピコ接続のあと、ほとんど普通にダブルステッチしますよね。
作品によっては、ピコ接続のあとダブルステッチだからこそ、その目数なのに、ハーフステッチで進んでしまう私。
イイのか悪いのか…って、ピコ接続の後のハーフステッチって、もう古い習慣なのかしら。

そうそう、今回編んだモチーフは、これから教本みたいに、重ねてみることにします。
…お仕立て、苦手ですけど(つД`)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


2017年06月12日

タティング、基本にカエル

私の、本格的(?)な編み物の始まりは、タティングレース。
イロイロあちこち手を出してみても、やっぱりタティングしたくなるのは、私にとってのレース編みの原点だからでしょうか。

原点とゆーことで、初心にかえり。

初心者向けの本から、気軽にカンタン、でもシンプルだからこそ、奥が深い基本的なモチーフを編みませう。
IMG_1569.JPG
『はじめてのタティングレース』より、ちょうちょ。

シャトルに巻いてた
http://eastwind.sblo.jp/article/179490550.html
の藤久さんのウィスタープレミアムレース糸♯40の残りを使ったら
IMG_1570.JPG
ココまでしか、編めませんでした(´・ω・`)

別のボビンに巻いてた、ダイソーさんの♯40のレース糸で、再チャレンジ。
なんだか調子に乗って、
IMG_1571.JPG
3つ、繋げてみました。
なんか、接続位置が悪かったか、蝶に見えないですね( ̄ω ̄;)

ちょうちょ単体のサイズは、約縦2.3×2.6cm(ピコ含まず)くらいです。
教本では、ダルマレース糸♯30葵を使用して、縦2.2×横2.4cmなので、まあまあのサイズでしょうか。

いつもなら、リングもチェインも、ぎゅーぎゅー目を詰めて糸を絞ってしまうのですが、今回、自分にしては、ゆるーく締めました。
標準サイズって、結構、緩いんですね。
(いや、あなたが絞り過ぎなだけです)

藤久さんのと、ダイソーさんのと、まったく編みごこちが違います。
まあ、どちらも、それぞれに味わい深くて、イイですけど。
ダイソーさんの♯40のラベンダー、復活してくれないかなー。

あー、たーのしーかった♪
同じ本から、引き続き、何か作ろうと思いますー。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


2017年05月05日

タティング・ブレスレット…その後+差し上げます。

編み上がっていた、タティングの、スクエアのブレスレットですが。
http://eastwind.sblo.jp/article/179562194.html
金具を付けると言っていて…。

ようやく、付けました。
IMG_1391.JPG
装着し易いように、ブレスレットの両端をアジャスター(チェーン)で繋げてみました。

普通のブレスレットみたいに1本モノだと、アジャスターの穴にカニカンを入れようとする時に、アジャスターが、するする逃げちゃったりするんですよね。
なかなか上手く出来なくて、キィヽ( ̄д ̄;)ノって、よくなる←
これなら、ぶきっちょの私でも、大丈夫( ・∀・)ww

サイズ感が分かりづらいので
IMG_1392.JPG
着画。
お見苦しい腕で、申し訳無いです。
あと、自撮りするのに、シャッターのスイッチ持ってるの(苦肉の策)も、なんかスミマセン( ;´Д`)

キーピングスプレーして、軽くアイロンしてますが、柔らかい感触です。

どなたか、欲しい方がいらっしゃいましたら、差し上げまーす。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、この記事のコメント欄にて、挙手お願いします。
もし多数でしたら、抽選にて。
(欲しい人が居るかが、問題…)

追記
しろうささんから、挙手戴きました。
ありがとうございます♪
他にご希望の方がいらっしゃいませんでしたので、しろうささんへ差し上げますねー。
後日、そちらへお送り致しますので、お待ちくださいませ(*^ω^*)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


2017年04月26日

タティング・スクエアのブレスレット

完成しましたー(*^ω^*)
FullSizeRender.jpg
『小さくて かわいい タティングレースのアクセサリー(sumie著)』より、56ページの『クレマチスのピアスとブレスレット』

糸は、手芸糸ぴえろさんのパステルレース糸、色番7、ロットB。
ダイソーさんの♯20と♯40の間くらいの太さで、わりとフンワリ柔らかい糸です。
ビーズは、ダイソーさんのパールビーズ4mm。

全長16.3cm。
教本では♯40を使い、モチーフは5個繋いでいますが、今回は糸が太いので、モチーフ4個にしてみました。

今回のモチーフは、1段目はシャトル1個で、ピコの有るリングを編みます。
FullSizeRender.jpg
先に4個作っておきました。
1個のリングだけの終わった時の糸端処理、苦手です(;¬д¬)

2段目は、シャトル1個と糸玉繋ぎで進めます。
最初の1つは、シャトルに最大限に巻きに巻きし、3m程、糸を引き出して、別の糸巻きに巻いてから始めました。
FullSizeRender.jpg
(途中経過の写真を撮り忘れて、コレしか無かった…)

ちなみに、何故に3mかと言うと。
1目(ダブルステッチ)に使用する糸の長さを約1.2cmとして、
(5目×4段+7目)を8回で、216目。
つまり1.2cm×216目で、259.2cm。
スクエアの段や途中に小さいピコもあるため、余裕を持って300cm…3mという計算になりまして。

あ、ちなみに上記の計算方法は、以前やっていたタティングブログ(もう更新はしていません)にて解説しております。
興味ある方は、
http://tatting.sblo.jp/article/454115.html
にて、ご確認ください。

PCブラウザの方は、画面右側の【プロフィール】の下、【はる's LINK】の【TattingChronicle 】からも行けますヨ。

で、話を戻しますが、最終的に1つ目のモチーフを編み上がった時には、糸玉側は25cm残りました。
まあまあの読みだった( ・∀・)♪

2つ目のモチーフからは、残りモチーフ3個分(9m)の糸を糸巻きに巻き、シャトルと糸端を結び繋げて、開始しました。
先にシャトルから少し糸を出してチェイン側に使い、途中で糸巻き側と繋ぎ変えても良かったのですが…。
このモチーフ、チェインばっかりなので、糸端処理面倒クサイ←

32個もスクエア作ったのに、最後まで、1つも納得出来るスクエアが整わないまま、完成してしまったという…( ・∀・)
IMG_1348.JPG
ビーズを通す部分のピコが思っていたよりも小さかったようで、モチーフの接続部分が、ちょっと詰まってる感じですね。

これから、金具を付けて、ブレスレットに仕立てます。
前にワニ口買っておいて、良かった〜(*^ω^*)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪

2017年04月21日

タティング、初めての『スクエア』にTRY

前回の
http://eastwind.sblo.jp/article/179490550.html
と同じく、
sumieさんの『小さくてかわいタティングレースのアクセサリー』より、今回は、56ページの『クレマチスのピアスとブレスレット』を始めました。

この本をGETした時に、編んでみたい!と思ったものの1つですが、じつは、タティング始めた頃から、ずーーーっと、食わず嫌いしてました( ・∀・;)

『スクエア』

だって、最初にクリップ使って輪をキープしたり、目を重ねて積み重ねたり、見た目が難しそうですよね?←

ちなみに、食わず嫌いは、もう1つあって、『クルニーリーフ』です。
指つりそう←

うん?うん?(´・ω・`)言いながら、
FullSizeRender.jpg
がむばってます。

ブレスレットまで、辿り着きたいです(希望)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪

2017年04月19日

たまにはタティングも、お気軽に

ここ最近、ダイソーさんやクロバーさんで新しいシャトルが出たり、これから軒並みタティング本の発刊ラッシュだったりで、タティングの話題が多くて、嬉しいですね(*^ω^*)

タティングは、101を攻略中ですが、1つ編むにも、なかなか時間が掛かります。
たまには簡単に編めるのもやりたくなりました(ブリューゲル・レースの後遺症←)

写真集と化していた本の中から、
FullSizeRender.jpg
『小さくてかわいいタティングレースのアクセサリー(著sumie)』を。

掲載されている作品は、どれもカワイイんです(●´ω`●)
その中でもハートが可愛いくて、しかもシャトル1つで出来る(←ココ重要。楽ちんしたいので)
FullSizeRender.jpg
『ドロップ形のピアスとネックレス』
のモチーフを、編んでみました。

出来上がりは、縦6.4×横5.3cm。
糸は、藤久さんのウィスタープルミアムプレミアムレース糸♯40、カラーNo.103使用。
教本ではダルマレース糸♯80で縦3.3×横2.5cm。
ほぼ、倍のサイズですねー。

シャトル1つで、のんびりだらだら2時間くらい掛かりました。

ちなみに、教本では渡し糸が0.2cmと0.6cmのところを、今回♯40を使ったので、だいたい目分量で0.3〜0.4cmと0.8cmにしました。
まあまあ良いところではないかと。
外周のピコも雰囲気で大きさを決めたら、だいたい高さ0.4cmになってます。

それにしても。
2段目を編む時に、1段目に繋ぐ部分。
渡し糸して、ピコにシャトル繋ぎして、また渡し糸して…って、手に持ちながらだと、最初の方リング同士ガッチリと固定してくれる部分がないので、すっごく不安定。
苦心して、机に置きながら、渡し糸の長さをキープしました。
ぶきっちょには(ヾノ・∀・`)ムリムリ…な感じ。
ちょっと辛かったデス。

かわいいのに、侮れないわ〜(;¬д¬)

と言いつつ、同じ本から、もう1つ作る予定です。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪

2014年03月19日

『春の黄色祭り♪』に参加したよ( ´ ▽ ` )ノ☆

タティングレース作家で、素敵な作品を紹介してらっしゃる さかみちさんが、『春の黄色祭り♪』開催されていらっしゃいます♪
『タティングレース便り〜アトリエ さかみち〜』
http://atsaka.exblog.jp/
タティングレースで『可愛いミモザのミニリース』を、みんなで作りましょう(*^ω^*)Vv

*************

昨日から今日にかけて、レシピの解説が発表になりましたね(*^ω^*)
とゆーわけで、私も、編みましたー。

基本ベースは、♯40のレース糸の様ですが、刺繍糸でも出来ますとのこと。
さかみちさんのブログでは、刺繍糸は8番や12番をお使いの事が多いそうですが、25番でも大丈夫…と、なんと試し編みまで公開されてました。
ありがたやー(´∀`人)♪
そんなわけで、私は今回、刺繍糸で参戦。
image.jpeg
ダイソーの刺繍糸Vv
シャトルは、空いてるボビンので。
緑と黄色の刺繍糸を、それぞれ6本取りのまま、2mづつ巻きました。
image.jpeg
緑色は、ギリギリ足りた(((;゜Д゜)))
黄色は50cmくらい残りましたが…なんかチェインを詰め過ぎたかキツキツな感じになったので、もう少し緩めにすれば良かったカモ。
image.jpeg
糸端同士を結んで、リースの形に整えます。
チェインは無理矢理、フラットな感じに修正←
で、お花部分のピコットを切り開いて、わしゃわしゃして(笑)、葉っぱ部分のピコットも切って。
image.jpeg
完成〜♪
かーわいーいなーヽ(´▽`)/Vv
刺繍糸が太いので、最初どうなるかなと思いましたが、ふっくらした感じで、イイ感じです(*^ω^*)
大きさは、リースの最大直径6.5cmくらいです。

タティングするのに使った事のない刺繍糸、やってみて新鮮な感じでした〜。
そして、普段あまり使わない、鮮やかな色の黄色と緑色。
まさに春到来の色合いですね。
『春の黄色祭り♪』
開催並びにレシピ公開の さかみちさんには、本当に感謝ですVv

おまけ。
image.jpeg
ウサちゃんの花冠…( ・∀・)Vv



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

2013年12月13日

ニードルタティングのドイリー完成〜♪

ちまちまやってた、ニードルタティング、とりあえず完成しました。
image.jpeg
ニードルタティングのドイリー『オーバル』
縦12×横13cm。
あみたてホヤホヤ、ノーアイロン。

でも、何か変なんですよねー?
編み図に掲載されてる完成見本のサイズは、ざっくり縦15×横18.5cm。
私の目が詰め過ぎのせいかな?
…って、よくよく編み図を見たら、がっつり接続部分を間違えてる上に、目数やらリングの数やら、間違えてましたー(((;゜Д゜)))
終わってから気付くなよって感じですが…。

編み図は著作の問題で公開出来ませんが
image.jpeg
↑見本写真は、これ。
両サイドが違うのが、お分かり戴けますでしょうか( ̄ω ̄;)

まあ、もう編み直す気力もありませんので、これで完成ってコトで。←え?
でも、ここまでガッチリ間違って、よく円に収まったな〜(;¬д¬)
収まって無かったら、もっと早くに間違いに気がついてたのか?

さて、ニードルタティング。
面白かったですが、芯側になる糸が、常にだらだら長くてイライラでした。
3段目の場合、スタートの時点で、針の後ろに2mの長さ(←編み図での指定)の糸が有るのです。
針にタティングの結び目を作り、リングやチェインの分が一段落する度に、針を引き抜くのですが…いちいち、その長さ分を引き抜かなくてはならないのです。
私の場合、目が詰まり気味なのと、間違いで目数が多少少ないのもありますが、芯側の糸の残りが1m25cm有りました。
…残り過ぎじゃね?(´・ω・lll)

ニードルタティングのメリットとして、私の個人的なものですが、糸サンプルを作るのが楽チンになりました♪
手持ちの糸を、タティングで小さいモチーフを作って、台紙に貼り付けているのですが、シャトルに巻かさっていないレース糸とかオヤ糸とか、いちいちサンプルの分だけシャトルに巻いて作るのが面倒だったんですよね。
ニードルタティングなら、糸玉からの糸でリングも作れるので、糸の無駄も出なくて、イイ感じ(´∀`人)♪
シャトルタティングの方が手に馴染んでいるので、ニードルタティングで作品を作る事は、もう無いと思いますが…覚えて損は無かったです(*^ω^*)
タティングしたいけど、シャトルタティングで移し目に躓いた方は、ニードルタティングは移し目が無いのでオススメしますよーVv



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

2013年12月02日

3段目ちぅ( ・∀・)

image.jpeg
ニードルタティング、2段目まで終わって、最終段の3段目に入りました。
相変わらず、マンスリークラブの説明書は絶妙な部分で不親切なので、試行錯誤、編んだり解いたりしながら、ちまちまペースになっています。
面白いけど…やっぱりシャトルタティングが好きだなぁと、思う今日この頃(●´ω`●)

今日も外回り仕事なのでしたが、とにかく風が寒くて。
ほっぺが赤くなってたみたいで、勤め先でピカチュウになってるって言われました。
…むぅ……10万ボルト!!



ブログ更新、ちょっと日にちが開き気味で、ごめんなさい。
来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

2013年11月24日

初めてnoニードルタティング♪

この記事、iPhoneさんで頑張って打ち込んでいたのに、送信直前に間違って消して、どん凹み…。
空き時間みながら、ほぼ二日掛かっかたのに…(ノд<。)゜。
もう一度打ち直しました(´;ω;`)

*************

さて、こないだのニードルタティングのキット、やってみましたよ♪
キットの内容は、
・出来上がり見本写真
・作り方説明書1枚
・作品編み図1枚
・綿糸2色
でした。
綿糸は、レース糸っぽく無いですね。
素朴な風合い。
ごしょうさんの♯20レース糸を、もっと撚りを甘くしたような…柔らかい糸です。

作り方説明書は両面印刷になってました。
片面の半分のスペースに、作り目の解説や、ピコの作り方、接続の仕方などの基本的な説明が。
もう半分のスペースには、リングだけで作るモチーフの作り方説明が。
編んでみると、こんな感じになりました。
image.jpeg
直径2.8cm。
基本的な3.p.2.p.2.p.3のリングを5つ作るモチーフでしたが、指定された糸の長さ150cmでは、6つのリングまで編めました。

リングの接続には、編み針とは別の針か何かで、ピコから糸を引き出すと説明にありました。
面倒ですが、かぎ針を出して使いましたよ( ̄ω ̄;)
まあ、シャトルタティングでも、かぎ針無し角無しのシャトルなら、かぎ針使いますしね。

説明書の裏面も、半分は基本的な技法で、もう半分に、チェインの有るモチーフの作り方の説明が有りました。
image.jpeg
直径5cm。
基本的な2.p.2.p.2.p.2のリングと、3.p.3.p.3.p.3のチェインを5つ作るモチーフでしたが、指定された糸の長さ300cmでは、6つのリングまで編めました。…頑張れば7つ編めるかも?

ニードルタティングの動きって、面白いですね♪
右手に針を持って、左手に掛けた糸に針を差し入れて、針に結び目を作っていく。
移し目が無いので、シャトルタティングより、とっつき易い感が有りました。
どんな感じか写真に撮れればイイのですが…動画の方がイイかなと、YouTubeさんから1つピックアップしてみました。
http://www.youtube.com/watch?v=sdB3uu8FvaA&feature=youtube_gdata_player
『needle tatting』で検索すると、イロイロ出てきますよ♪

さて、練習だけなら飽きるので、このままドイリーに突入〜( ・∀・)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

2013年09月23日

デイジーピコットのハートモチーフVv

image.jpeg
『Mother's Day Heart』
ダイソーレース糸♯40(白)、コロンレース糸♯40(ピンク)、ダイソービーズ(丸小?)使用。
出来上がりサイズ、縦6.8×横7.5cm(ビーズ含む)
チェインの長さが、バラバラ(´・ω・lll)
集中力が無い時には、編まない方がイイですね〜…。

こちらのモチーフはフリーパターンです。
提供先は、コチラ。
『Tat-a-Renda Patterns』
http://tatsaway-patterns.blogspot.jp/

こちらのモチーフを発見して、デイジーピコット部分に一目惚れしたものの、デイジーピコットって何〜(+ω+)?と、編み方を探すところから大変でした。
ようやく発見したのが、YouTubeの動画↓↓
『Frivolite-Tatting Lesson 29 - Picot Margarita - Daisy Picot』
http://www.youtube.com/watch?v=CerjxSWeBtU&feature=youtube_gdata_player

ちなみにコチラの方のLesson数は三桁を超えてますが、どれも必見!
今回のデイジーピコット以外にも、とっても勉強になりました!
YouTube見られる環境の方は、繰り返し見ることをオススメしますよー( ´ ▽ ` )ノ

で、話は戻りますが。
デイジーピコット部分を編み終わったあとなんですが。
デイジーピコットから始めると、向かって右側のリング部分がデイジーピコット部分の終わりになりますので、続きのチェインは通常だと、右側の部分へ進む(右回り)ようになりますよね。
でも、このモチーフの完成写真を、よくよく見ると、外周の部分、リングは表で、チェインが裏を向いているっぽいです。
なので、チェインの進行は左回りになります。
…って、もしかしたら、この部分の件について、英文で解説してあるのかもですが、私は編み図しか見なかったので←

糸にビーズを通すのも数が少ないので、作品的には取り組みやすいかもですね(私はビーズ通しで、挫けそうでしたがね←)
色違いで、もう1枚編もうかな〜。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

2013年08月28日

糸にビーズを通すのだけど

先だってご紹介したデイジーピコットの入ったタティングモチーフのデザインは、ビーズ入りのモチーフなので、先にレース糸にビーズを通します。
本当は、練習で使った、ダイソーの♯20のミックス糸が使いたかったのですが…手持ちのビーズが通りませんでした(ノω・、)
仕方ないので、♯40の糸で編むことにしますー。
image.jpeg
すべてダイソー製品で…と目論んでましたが、色合いの都合で、ピンク糸だけコロン糸です( ・∀・)

編み図等の詳細は、次の機会にて。
体力持ちましぇん〜…よろよろ。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

2012年05月24日

久しぶりのタティング

今日は、お休みでした。
昨日から、久しぶりに偏頭痛に悩まされ、物も飲み込みずらい感じで、バレーの韓国戦に余計イライラしながら、早めに寝ました←
脳梗塞疑った←
今日になっても、まだズキズキはするけど、昨日よりはイイから、大丈夫でしょー…(と、自分に言い聞かせる)

掃除と家事以外は、ほぼ寝たきりでしたが、夕方になって、『何かしたーい』モードになりまして。
サイトの更新作業しろよって感じですが←
で、気負いなく出来るところで、タティング。
20120524_1.jpg
ダイソー糸使用。
色見本用のお花です。
持ってる糸は、使った分から、こうやってタティングのお花を作ってます。
んで、ラベルと一緒に画用紙に貼って、ファイルしとります。
まあ、色見本というより、『こんな糸があったな〜』的なアルバムみたいなモノですが。
スクラップブックみたいで、面白いですよ♪
ちなみに、#20は12目(3目おきにピコで、両サイドのピコは繋ぐ)のリング×5で、#40は20目(5目おきにピコで、両サイドは繋ぐ)のリング×5のモチーフです。
レース糸は上記のお花ですが、オヤ糸とかは、これとまた別で、ピコが大きいフサフサのリングとかにしてます。
それにしても、結び目が、ガッタガタ(;^_^A
思い返してみれば、1年ぶりかも?

木曜日が休暇な時には、高確率で『しろくまカフェ』見てます。
グリズリーさんカッコイイー(´∀`人)Vv



来て戴いて、ありがとうございます。ランキング参加中♪
応援↓の文字リンクをポチして戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます!
にほんブログ村☆ハンドメイドブログ☆
レースタティングレーストルコ手芸・オヤ・キリム

2011年06月02日

どこまで小さくなるのかな( ̄∀ ̄)

20110602_1.jpg
どこまで行くのか、小さいマルシェバッグ(笑)
『はじめてのタティングレース』より『モチーフp』
今回のは右下、DD(デュアルデュティー)マルチカラー使用。
横3×2.2cm

次は#100かなと思いましたが、ボビンにDDが巻いて残ってたので、そのままDDでスタートしました。
前回の#80の時と同じ編み進め方で、持ち手は教本じっくり見て、見本通りにに(;^_^A
が、実は3段目が表裏を間違えてます…orz
間違え無い事が無いのが、実に私らしーよ…←
20110602_2.jpg
ちっちゃくて、カワエエのぉ(*^ω^*)
でもまだ、教本の写真より、ちょびっと大きい〜。
繋ぎのピコをギリギリ小さくしても、この大きさにはならなさそうだが?
目数を変えたら意味無いしね。
教本通りの目数で、この見本写真より小さく作った方がいたら、ぜひ拝見したいです。
…うん、私は諦めました←
#160とかなら可能なのかなー?
妄想としては、縦横1cmくらいになったらイイのにと思います。
行きすぎ?
でも、想像しただけで萌える〜(●´∀`●)
興奮して鼻息が荒くなりそう。
っていうか、マルシェバッグが鼻息で吹き飛んじゃうよね(笑)

次は何を作ろうかな?


にほんブログ村ハンドメイドブログレースタティングレーストルコ手芸・オヤ・キリム

2011年05月31日

やっぱり小さくなくちゃ(*^ω^*)Vv

20110531.jpg

はい、今度は細糸で編んでみましたマルシェバッグ。
真ん中の下、DMC Special dentells#80使用。

ちっちゃくてカワエエ〜(*^ω^*)Vv
そうそう、この小ささが萌える(●´∀`●)
赤いのの中に入れたら、ちょうど良いサイズで、まるでバッグインバッグのよう…♪
サイズは横3.5×縦2.5cm。
…あれ?
教本の写真より、まだ一回り大きいよ?
あー…でも、なんだか満足です。
だって、ちっちゃくて可愛いんですもの♪

今回、持ち手はピコ無しでスッキリ。
前回と同じく接続ピコは小さめにし、ピコの接続後はハーフステッチにしています。
あと前回書き忘れましたが、前回と今回、リングもチェインも表目が向くように編んでいます。
糸始末は2段目まではマジックスレッドにしましたが、3段目と持ち手はギッチリ結んで結び端を短く切っただけ。
…面倒くさかったんだもん←

もえもえしながら全方向を眺め、によによしてたら、あることに気がつきました。
持ち手の繋ぎ場所が違う〜!Σ( ̄□ ̄;
持ち手のカーブ具合が、何だか変だなぁとは思っていたのですが。
3個目にして気がついた(3個とも同じ間違いをしている)…orz
もう満足したので、同じサイズを正しく編み上げる気は無いですが←
教本の写真目指して、次は#100かDDかで作ってみようかなー…なんて?
やっぱり小さいって、可愛い〜な〜(*^ω^*)Vv


にほんブログ村ハンドメイドブログレースタティングレーストルコ手芸・オヤ・キリム