2010年10月11日

素敵ドイリー3段目

20101011.jpg

『Tatting theory and patterns』より。
Jan Stawasz氏こと素敵オジサマのドイリーが3段目終わりました。

…放置プレイか、忘れてたと思ったでしょ?
私にしては大事に作ってるので、ちゃ〜んと進めてましたよ(´∀`)

でも、とりあえずココで終了です。
やりかけは2つまでのMYルール。
寒くなってきたし、棒針レッスンを再開します〜。

2010年09月25日

お花のブローチ

20100925_1.jpg
はじめてのタティングレース『お花のブローチ<ロマンチック>』
20100925_2.jpg
キット内容は、作り方説明書、タティングシャトル、レース糸、丸大ビーズ、ウッドビーズ、丸カン、スエードテープ、スカーフピン。
糸はレース糸#20が8mなのですが…練習に2m、つぼみに150cm、お花に230cm…で、5m30cmしか使いません。
丸大ビーズも、19個必要なところ、29個入っていました。
結構、余裕をもった分量ですね。
ほかは、必要な分しか入っていませんがネ。
説明書は、基本の作り目の結び方が、結構詳しく出ています。
フェリシモのも解りやすかったけど、もっと見やすい図になっているように思います。
『はじめての〜』とうたっているだけあって、初心者にも、とっつきやすいと思いますよ♪
まあ、なんと言っても、このキットのイイ所は、シャトルが可愛いですね〜(*^ω^*)
イチゴミルク色で、たまらん可愛いさ(●´∀`●)
ちなみに大きさは、既存のクロバーの鼈甲タイプと同じ大きさです。
20100925_7.jpg
一緒に買ったショコラ色も同じ大きさです。
イチゴミルクの角が、やたらと尖ってて危険…(;^_^A
角付きって、ピコから糸を引き出す時に便利なので、私も最初の内は愛用してましたが、ぶすぶす刺さるんですよね〜(ノд<。)゜。
…ほんと痛いですヨ←。

さて、準備段階がコチラ。
糸巻き自体が小さめなので、頑張れば糸巻き自体で作業出来そうでしたが、それも味気無いので、ちゃんと糸はシャトルに巻きました。
20100925_3.jpg
愛用の1つ、Aero。
最近お気に入りのトルコのシャトルでは糸が太過ぎなので、普通サイズシャトル使います。
…え?付属のイチゴミルクはって?
あれはコレクション行きですヨ←
ボビンの方が、モバイル先でもプチプチ、うるさくないしね。
糸は、つぼみとお花が必要分を、いっぺんに巻いて、ビーズも必要分通してあります。

最初のつぼみの方を作っている時に、加減が分からず、私にしては緩めに結んでいって、リングも緩めに締めたら、ぶかぶかになっちゃいした。
糸が太いので、目の大きさの揃えに気をつければ、気持ち締め気味に結んだ方がイイかと思います。
お花の方をキツめにしたら、結構イイ感じになりました。
ちなみにシャトルに巻いた糸は、30cmちょい残りました。

で、編み上がりがコチラ。
20100925_4.jpg
お花の方に、細い糸が出てるのは、マジックスレッドようの糸なので、お気になさらず…。
ちなみに、マジックスレッドっていうのは、糸端処理の1つです。
で、ウッドビーズをつけて、
20100925_5.jpg
パーツを付けて完成〜♪
20100925_6.jpg
思ったより、大きいでした。
糸も太いから出来上がりの繊細さは無い感じですが…ぽってりしててラブリー(*´∀`*)
とっても可愛いので、はじめての人だけじゃなく、普通にタッターさんにもオススメかと♪
割高感は否めないですが、まあキットですしね〜ってコトで♪

さて次はシュシュかヘアゴムです〜。

2010年08月26日

作品展まもなく開催!

20100826.jpg

タティングレースではお馴染みの『あとりえシシカス』さんで、今年も作品展が開催されます。

案内状の写真の糸が、めちゃくちゃ可愛いんですよー!
すごい欲しい…けど、糸だらけなので我慢(ノд<。)

詳しくはコチラ↓
http://www16.plala.or.jp/shishicass/
nokoさん、ありがとうございました(*^ω^*)Vv

作品展が終わっても、しばらくシシカスさんで展示されてるそうですので、お近くの方も近く無い方も、ぜひ行ってみて下さいね♪
私も…チャンスがあれば行き…たい…な〜(希望)

2010年07月02日

素敵ドイリー3段目〜の半分

20100702.jpg

ちびちびと進んでおります。
…が、やはり暑いし、汗で手はべたべたするし、なかなか進められないですね。
でも、とても可愛く出来上がってきて、同じ模様が続いても飽きないので不思議。

2010年06月10日

素敵ドイリー2段目

20100610.jpg

↑2段目まで終了の写真。

今は、すでに3段目に突入してますが、モチーフの編み終わりの糸始末で…糸をブチッってしまい、モチーフ1つ駄目にしてしまい(修復する気にもならない感じ)、べっこり凹んで中断中です。

やる気はあるんだけどなー…orz
またシャトルに糸を巻いて、テンション上げます☆

2010年06月02日

タティング始動♪

編みかけが1つ終わったので、待望のタティング(*^ω^*)
久しぶりもあるのか、めちゃめちゃ楽しいです♪♪
20100602.jpg
素敵オジサマJanさんの本から、1番最初のドイリーを開始しました。
この本からの作りたい候補は、いくつかあったのですが、もしも途中で飽きて(←)途中の段で止めたとしても、素敵ドイリーだな〜と思いまして…。
真面目にJanさん法で目を作っています。
チェイン側のピコの目が表に向く作りかたのね。
糸は、アンカーの#80。
来たばかりのトルコのシャトルを使ってみました♪
思ったよりツルツルした素材で、よく手から落ちますが(笑)、サイズが、とっても私サイズ〜゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜
色も可愛いので、モチベーションも下がらず、ちょっとづつ編み進めているのに、まだ飽きてません…。
どこまで進められるか私もわかりませんが(←)、出来るトコまで進めたいと思いま〜す(*^∇^*)♪

2010年03月22日

ROMANCE PENDANT

20100322-4.jpg

『Tatting Jewellery 著 Lyn Morton』より、『ROMANCE PENDANT』
使用糸:CIZMELI ポリ メタリックレッド。
縦6×横4cm。
1時間半くらいで出来ました〜♪

ビーズはオヤ用にあったビーズを使いましたが、実際はもっと大きなビーズを使用されています。
作ってみて…うん、ビーズは、やっぱり大きな方が映えるかも?
メタリック糸は硬くて結びずらかったデス…orz
写真はマットな感じに映ってますが、キラキラですよVv
元々のデザインはペンダントトップのようですが、1番上のビーズにストラップ金具を通してみました。
サイズが大きいので、バッグチャームにでもしようかな♪

2009年11月17日

久々に

20091117.jpg

タティングしました。
シャトルに残ってた糸に、100均のビーズを入れました。
ベーシックで簡単な形ですが、久々にシャトルを動かしたせいか、結構な時間がかかりました…。
やっぱり、日頃からやってないと駄目ですね(;^_^A

あー…でもタティング、楽しーな〜(^ω^)Vv

2009年08月03日

タティングレースの…ブレスレット

出来ました〜(*^ω^*)♪
20080803-1.jpg
20080803-2.jpg
再び、綺麗な手じゃなくて申し訳ありませぬ…orz
『タティングレースの首飾り 著:藤戸禎子』より、12番を少しアレンジしました。
結局、ブレスレットの長さで終了〜。
今回は珍しく飽きてはいなかったんですが、ビーズが不足。
ブレスレットにする長さ約15cmで、ビーズ316個使ってました。
ネックレスなら45cm以上?、短めで済むチョーカーなら、最低でも40cm要る計算ですが、ビーズ750個なら35cmくらいにしかならない計算になります。
まあ、ビーズを通すの自体が飽きてたので、結果的には…ブレスレットサイズで分相応(^-^;?
これから、金具を付けま〜す。

2009年08月02日

ビーズタティング〜♪

さて、こないだ届いた、あの激小さいチェコビーズ(パペット)極小をなんとか使用するべく、糸にビーズを通しました。
使ったのは、絹糸オヤした時の残り、ポケットさんの絹手縫い糸9号。
これがまた、大変でした〜!

まず、ビーズ針。
前に買っておいた、河口株式会社のビーズ通しを出しました。某書籍では、ビックアイニードルとも呼ばれてますね。
無事、針にビーズは通ったものの、敵もさるもの!
最後の、糸が通してある『輪』の所で、引っ掛かりました…orz
ペンチを使って輪をギリギリまで潰し、ビーズを通そうとしたら…、ビーズが割れましたヨ…( ̄― ̄)
こんにゃろ〜(≧△≦)って、無理矢理『輪』をビーズに押し込んだら…今度は、『輪』が真っ二つに割れた!
しばらく打ちひしがれ…、ふと、逆から入れる事を思いつき、尖端側に糸を引っ掛け、割れた輪の方からビーズを入れると、想像以上に上手い事いきました(*^∇^*)♪♪
そのままでもビーズは入りましたが、もう少し入れやすいように、輪側を少し切り詰め、ようやく作業を開始出来ました♪
20090802-1.jpg
左が詰まった針
右側が改良針。

ほんと、ビーズ通るようになったから、極小ビーズが無駄にならなくて、良かったです。
このまま、御蔵入りか?!って思いましたので。

ビーズは、60cm分くらい入れました。
針で1粒づつ拾って入れたので…いい加減、飽きた…。
10粒で8mmくらいだったので、750粒くらい通したのかな…?
で、いざ開始♪
20090802-2.jpg
現在は↑より進んで5cmくらいになっています。
カーキー色の糸に、オパールっぽい濃い紫色のビーズ…見ずらい…。

ちなみに今回は、『タティングレースの首飾り』よりで〜す♪
とりあえず、ブレスレットくらいまで進めて…ビーズが足りるか、飽きてないかで、ネックレスまで進めてみたいと思います。
どうなる事やら〜( ̄∀ ̄)?

2009年07月29日

ゆるゆる歪みつつも、完成♪

20090729.jpg

『Tatting theory and patternr』より『Doily set』から1モチーフ。
ピエロのレース糸を使用。

出来上がりました♪
いつもキツキツで結んでしまうので、今回は、そうならないように気をつけました。
…ただ、やっぱり私って極端なんですね。
今度は、目が、ゆるゆる〜。

このデザインは、シャトル2個使いで、2段ものです。
AEROのボビンに、はみ出さない程度に、でもびっちり糸を巻いて、シャトルそれぞれ2個半分くらい使いました。…計…ボビン5個分?
余分分に出してた糸を加えて…全部で糸は25〜30mくらい使った…と思います。
うろ覚えなので、確信無しです。

2段目は、真面目に、ピコはピコゲージ(お手製)を使用して、ピコの大きさを揃えています。
やっぱり、こういうのが揃ってると、綺麗に見えますね。
今まで面倒臭がってた怠慢を、反省したいと思います。

今回も、何箇所か、間違いがあります。
初期に間違えたのを、中盤になって気がついた…orz
ちなみに、2段目の逆走以外でデスよ。

さて、次は何にしよ〜かな〜♪

2009年07月27日

タティング続編

…っていうか、オヤってばかりいて、途中にしたまま放置してた、素敵オジサマ(Janさん)のタティングを再開したのです。
別の糸で再始動しようかとも考えたのですが、とりあえずは1度手をつけた物は完成させよう…というわけで。
20090727.jpg
ここまで進みました。
前回ブログに乗せた時も書きましたが、2段目が逆走しております(;´ω`)
ピコ等の結び目が表に向くようにするのは、頑張って続けています。
今回は結構イイ調子で進んでいるので、途中で飽きないで終われそう…かな…かな…?

2009年07月07日

シシカスさんから…

20090707-6.jpg

ご案内が来ました〜♪
『あとりえシシカス
タティングレース勉強会
作品展のお知らせ』

根性無しの私は結局参加出来なかったけど…すごい行きたい!
見たい!
こんな私にもご案内を戴き、めちゃめちゃ嬉しかった(ノд<。)Vvv!
けど…近くて遠いよぅ…。

こっそり…みなさんのレポを楽しみにしてます(*゜ー゜*)

作品展が気になる方は、私と一緒に、ブログ右下のリンクから、シシカスさんへGO!!

2009年06月15日

オヤ糸で、たてぃんぐ〜♪

20090615.jpg

『TATTED BOOKMARK』より『Maria』
縦12×横9cm(ピコ含む)

メキッキにする予定だったのですが、やっぱりタティング(@>ω<)ノ♪
ナイロン糸、するするツルツル!
手触り気持ち良いかったです。
たまたま選んだ糸…緑→薄水→赤→薄水→で、なんかクリスマスカラーな出来上がりになっちゃいました。

今回は、間違えたら、すぐほどき、慎重かつ綺麗に進めて…きたつもりだったのですが、最後の最後で、始めたばかりの部分に間違いがあったのを発見…orz
なんとかごまかしましたが、でもまあ一目瞭然ですネ(;´Д`)ノ

今回は、真面目にピコゲージを使いました♪
好みの高さに牛乳パックを、ちょきちょき。
汗にも強いし、ある程度厚くて丈夫だし、理想的です。
使い終わったら、雑紙回収にも出せるし〜♪

さて次は…イーネオヤを作った時に残った糸の残骸があるから、トゥーオヤでもしてみようかな?
アンカー糸で、イーネダンテルもイイな〜(*゜ー゜*)

2009年05月29日

残骸

20090529-5.jpg

実は、こっそり、シシカスさんのタティングレースブレード企画に参加しようと、オリジナルブレードを考えてたんですよネ。
先月の入院中、暇でしたしね〜(´ω`)
シャトル2個使いで最後まで糸を切らずに作れる一筆書きブレードを色々考えたものの、気に入ったものにならなかったので、途中で諦めて、試作してたものも潔くゴミ箱へポイッ(ノ>ロ<)ノ としてたんですが…。
外タティング用のポーチがイーネオヤの糸も入れててゴチャゴチャしてたので整理してたら…作りかけが出てきました。
しかも、初期も初期のもの。
もう少し頑張って、完成させれば良かったカナ?
…と思ったけど、どうする気力も無いので、コレも破棄しま〜す。

2009年05月12日

タティングも、ちゃんとやってるよ。

20090512.jpg

Jan氏の本から作ってるのを、継続中。

解りやすい編み図なのに、やっぱり私は、数多の小さな間違いを侵し(しかも直して無い)、揚げ句の果てに大いなる間違いをしています。
この作品を作ってみた事が有る方には、すぐお分かりかと…。

外周の進みが、逆デス…orz

まあ、解いたり、やり直すような根気強さは無いので、このまま進めますよ。
素敵オジサマに心の中で謝罪はしつつ…結局は結んでる間が好きなので、出来上がりは二の次♪←Σ( ̄△ ̄;)

2009年05月02日

莫迦買い、その7★タティング本と細糸お取り寄せ♪

20090502.jpg

あー…何度見ても、超可愛いよ、お花の本〜Vv
…てなわけで、シシカスさんでお取扱いしてた、タティングの本を予約購入。
一緒に、DMCコルドネ#100とアンカーの#80も頼んじゃいました♪
アンカーの方は、お願いしてた色が無くて、わざわざお取り寄せして下さる事に。
…恐縮(^-^;
写真は、今のところ、手元に届いてる分。
ぱっと見、#100も#80も細さの違いが解りませぬ。
結んでみたら、全然違うのでしょうね。

現在まだ、Janさんの図柄を#40で作ってる途中ですが…細糸より太糸の方が、怖い!難しい!
コレ終わらせて、早く細糸に戻りたい…。

2009年03月30日

美容整形

20090330-2.jpg

前回のSusanBatesに引き続き、Aeroのシャトルも尻尾を、ちょっきん♪
カッターでですが、丁寧に(私にしては)削りました♪
どっちも1センチくらい短くなって、扱いやすくなりましたVv
思ってたより軟らかい材質だったので、私でも加工出来ましたよ♪

新しく作り始めたのは、素敵オジサマの本から♪
今回はピエロさんのパステルレース糸を使っていますが、柔らかくて、手触りフカフカ〜Vv
ここしばらくDDばっかりだったので、太くて変に気を使ってます(´〜`;)

NORA

20090330-1.jpg

TATTED DOILIESより『NORA』
DD(デュアルデューティ)マルチカラー♪
本当は昨日完成してたのですが、波うちまくりで…orz
今日アイロンしました♪
直径は、ピコを入れて、11.5センチくらい。

なんだか、外国のお菓子のようなイメージです。
チョコレートのM&Mズを思い出しちゃいました(笑)

2009年03月22日

改造手術

20090322.jpg

やめろ、ショッカぁーっっ!
…なんちゃって(・∀・)
写真を見て、お気づきの方がいらっしゃると思いますが、シャトルの尻尾部分を、ちょん切っちゃいました〜(^ω^)♪

今1番お気に入りのシャトル、プラスチックのSusanBatesのボビンシャトル♪
乳白色のラブリーボディも、乱暴に削られた(←自分で言う)上、ちょっと黒ずんじゃいました…orz
SusanBatesのボビンシャトルって、そのままの付属のボビンなら駄目子なんですが、これをAeroのボビンを入れると、たちまちイイ子Vv
サイズ的な物を言うなら、クロバーのクラシックタイプのシャトルが、私のベストなサイズで、一時このクラシックタイプに、先っぽ切った鈎針を装着してやろー…という野望もあったのですが、外でタティングしてると、どーも、あのカチカチプチプチ音が気になって、目論見は無期限延期に。
このカチカチ音がタティングレースらしさでも有るとは思うんですが、ある日を境に気になってからは、糸変えの便利さにも惚れて、ボビン式のトリコになっています。
でも、このボビンシャトル、なんとなく、大きくて手に余る感じがするんですよね〜。
ネットを徘徊してると、Aeroとか自分で細工してる方も居て、ずいぶん扱い易くされてるみたいなんですが、なかなか思い切れないでいました。
なので、多少の我慢はあっても、たいした支障は無いので、ずーっと、そのままにしていました。
ちなみに尻尾は、ハサミで、ちょきん♪
あとは少しづつカッターで削っていきました。

で、えーと、一体何がきっかけで、思い切れたかと言いますと…。
糸を持つ時の手と、シャトルを通す指の幅との兼ね合いが…って言葉にすると説明しずらいんですが(汗)
私、タティングレースを初めてから、ずーっと、普通の教本に載ってるような手の動きをしていました(糸を親指と中指で摘むのは、だいぶ矯正しましたがね)。
この基本の結び方って、大袈裟に言うと、手首の動き、左手は90度、右手は180度、捻る様に回転しますよね。
これ、長い時間やってると、右手首が痛くなってくるんです。
学生の時に、腱鞘炎になってて、痛くなりやすいみたいで。
で、最近は、ユーチューブで見つけた、糸の持ち方は一緒だけど、中指を中心に左右の糸にシャトルを潜らす結び方に変えてました。
(ユーチューブで、tattingで検索すると『Tatting Demo number 1 of 3』という題名で出ています)
この結び方にすると、左手は90度まではいかないくらい、右手はチョッピリ捻るくらいで済むんです。
手首が痛くなる事は、ほとんど無くなって、万々歳だったんですが、中指を伸ばしっぱなしにしなくちゃいけなくて1本だけ指が疲れるのと、手が小さい指が短いなので、指が疲れてくるとシャトルを潜らせる時の幅が狭くてなってシャトルを通しずらくなるのが難点でした。それでも、まあ、慣れれば、激不便ってほどでは無かったので放置プレイしていました。

そして、この間…。
本を購入させて戴いたのをきっかけに、nokoさんに素敵オジサマJanさんのサイトをオススメされて、昨日そのサイトを見てきたんです。
オジサマのシャトルの動きに脱帽!
手の動き幅が少ない。
動画を見て真似してみたら、中指をぴょこぴょこ動かすだけ!
今やってる動きとベースは同じ感じなんで、とっつきやすかったのもあるんですが、右手の捻りも少ないものの、左手の動きも、すっごい楽チンでしたVv
私、左手の中指と薬指と小指の連動が超苦手。
でもオジサマの動きだと、小指は使わないし、薬指は、動かすというより、自然の流れで指を開いてるだけ。
中指がかなり重要なんだけど、かといって激しい動きでも無く。
中指の動きさえマスター出来れば、私の中で1番結びやすい動きでした。
で、練習してたら、手の動きが少ない分、シャトルの長さが気になるように…。もちょっと短かったらイイのにー!ってなっちゃいまして。
そうなったら、もう駄目な私。
もういい!…チョッキン!

というわけで、愛用のシャトルは見栄え無残になったのでした(苦笑)
でも、劇的に扱いやすくなりましたよ♪
なんでもっと早くに短くしなかったんだろう、ホント。
後日、ぎりぎりまで短くして、もうすこし丁寧に削ってあげたいと思います…ハイ。