2010年02月20日

2色のピンクッション

20100220-1.jpg20100220-2.jpg

『棒針きほんのき2、編み込み模様』より、2色のピンクッション。
写真上が表で、下が裏側です。
今回学ぶ基本は、糸の色替え、糸を横に渡す、糸をはさむ…他。
今回、編み方は普通のメリヤス編みです。
前回のツリーは編み方を変えて模様編みをする物でしたが、今回は多色で模様編みをしようというもの。

毛糸の持ち替えが、かなり面倒!!
最初、フランス式(左手持ち)で糸を持って、そのつど毛糸を持ち替えていたのですが、1段目の模様が出る頃には、イライラ小噴火。
次に、アメリカ式(右手持ち)に切り替え、編み進めて行ったら、1目毎に糸を持って針に掛けるので遅いもののストレスは無かったのだけど、2段目の模様が出てきた頃には、2色の毛糸が依りあうように絡まっている。
解いている間に、不注意で棒から編み目が抜けていて、イライラ大噴火…どかーん!

鎮静化したあと、再トライ(苦笑)

試行錯誤して、編み目の数が多いピンクの毛糸を左手で持ち、模様入れ用の白の毛糸を右手で持ち、という両刀遣いにしてみたら、かなり効率的になりました♪

もう1つイライラっとキタのが、渡り糸をはさんで編むというもの。
色替えする1目手前で、次の目で編む糸をはさんで編むのですが、その糸のはさみ方というか絡め方が、イマイチ理解出来ない。
いちいち針から手を離して、毛糸玉の位置を変えないと、物理的に無理だし。
せっかく糸の持ち方を楽チンになるようにしたのに、段を進めて模様編みに入る度に毛糸玉自体の大移動が必要な動作があるのは、正直ヤル気が萎えました。
単に私の理解不足で、実は毛糸玉の移動をしなくても糸をはさんで編むのが可能なのかなぁ…。
その辺が、まだ全然理解出来て無いので、謎です。

とりあえず、糸をはさむのが棒針編みを嫌いになる要因になりそうですが、引き続き、応用編のミニクッションを編んでいこうと思います〜。

2010年02月09日

ツリーのコースター

20100209-3.jpg

棒針きほんのき1より、応用編。
ツリーのコースター。
表と裏の編み目だけで、こんな模様が出来ちゃうんですね〜。
なんか、驚き。
棒針編み自体に馴染みが無かったせいか、とても新しい感覚です。
最初の内、裏編みはアメリカ式にしてましたが、表編みと裏編みの入れ代わりが結構あって、持ち替えるのが、だんだん面倒に←
3分の1を編んだあたりからは、どちらもフランス式でチャレンジし、編み終える頃には、なんとかフランス式のみで編めそうな感じになってきました。
フランス式の編み方に変えた部分も、最初に編んだピンクのコースターより編み目が緩く編めたのが、びっくり。

ピンクとツリー、それぞれ糸処理して完成した状態の写真は、後日VITAMINにUPしますね。

まだ毛糸の触り心地は好きじゃないけど、棒針編み、楽しくなってきた〜(*^∇^*)♪

2010年01月26日

ピンクのコースター

終わりました。
20100126-4.jpg
上は、編みたてほやほや〜の状態。。
メリヤス編みは丸まりやすいとアドバイスを戴き、丸まるのは気にせずに編み進められました♪
Rilca様ありがとうございました(*^∇^*)
それにしても、上下は表面に丸まり、左右は裏面に丸まり、なんかスゴイかも…(滝汗)

糸の持ち方ですが、途中から、左手持ちのフランス式にもチャレンジしてみました。
まだまだ糸の引き具合や針の動きのコツがつかめず、段の最初と最後や、裏目を編む時はアメリカ式に戻す事が多いです(;^_^A
まあ、全てが練習なのだからと、なるべくフランス式にして頑張ってみました。

スチームをかけて、整形(?)させたのがコチラ。
表側
20100126-5.jpg
裏側
20100126-6.jpg
仕上げは外周をブランケットステッチするのですが、別の仕様にしたいので、ひとまず、このまま放置です。

次は、模様編みに挑戦〜(*^ω^*)


蛇足。
最初の作り目の時に引き出す糸、40センチくらいと指定がありましたが、今回のコースターを編む分には、こんなに要らなくない?と思いました。
用心して50センチちょい出してたら…40センチ弱残ってたヨ(´▽`)?

2010年01月22日

スタート

フェリシモ・クチュリエ・ここからスタートしよう!棒針編み『きほんのき』レッスン1棒針編みの作り目。
開始しましたよー。
思いの外、苦戦しておりまする…orz

説明書だけ見ても全く理解出来ないのは相変わらず(苦笑)
実戦、実戦♪
まず、作り目からですが、手の動きは何となく覚えていたものの、なかなか糸の引き具合が上手くいかず、4〜5回やり直しました。
こんなに複雑だったっけー(ノд<。)??
なんとなく目が揃ってきたのが、コチラ。
20100122-1.jpg

このまま作り目ばっかりやっても飽きるので、この辺で次へ。
糸の持ち方は、一般的に左手に持つフランス式(鈎針編みと同じ持ち方)が主流のようですが、糸が上手く棒にかからず、イライラした記憶があるので、ぜひ右手持ちのアメリカ式でやってみたいと思っていました。
アメリカ式だと、フランス式に比べてスピードは落ちますが、糸が抜けずらくて、ふんわり仕上がると聞いた事があるので…。
しかもフランス式だと、編み目が、ぎっちぎちになっちゃうのら〜(←明らかに経験不足)
さすが『きほんのき』!
どちらの持ち方も説明されてましたよ♪
…というわけで、アメリカ式にTRY(*^∇^*)

表目も裏目も、針の入れ方、糸のかけ方、全く記憶から消去されてて、説明書見ても、『??』の嵐…。
1目1目何度か入れたり出したり、解いたりもして、なんとか9段目まで進みました。
所々、目がぼよぼよ。
20100122-2.jpg
10センチ四方のコースターになる予定ですが、すでに幅は10センチOVER。
編み地は、くるくる丸まる。
…緩過ぎたのか…キツすぎたのか…どっち?

1時間でココまで。
とりあえず、1枚が出来上がるまで、このまま進めてみたいと思います。

2009年12月29日

棒針キット、3回目♪

20091229-2.jpg

ここからスタートしよう!棒針編み『きほんのき』レッスン3交差編みと、あこがれの伝統柄であたたかく過ごそうアラン模様のニット小物の会2ニット帽。

きほんのき、交差編み、来たー!
これをクリアしてからじゃないとアラン編みに進めないな〜と弱気になってたので(;^_^A
まあ、編むのは、今年のものでは無いですけどね〜(あと数日で2009年も終わる)

2009年11月30日

棒針キット2回目

フェリシモのクチュリエから、今月も来ましたよーん♪
20091130.jpg
右、ここからスタートしよう!棒針編み『きほんのき』レッスン2編み込み模様(糸を横に渡す)
左、あこがれの伝統柄であたたかく過ごそう。アラン模様のニット小物の会5ネックウォーマー

どうやらアラン編みは、初回付属品の都合で初回は1番のだけれど、次回分からは番号ランダムの品が届くようですね。
どのデザインも、基本さえ押さえれば難易度は大して変わらないという事かな?

仕事が繁忙期になったので、日中の空き時間にチマチマ…って出来なくなったし、帰って来てからは1時間くらいでギブだし、いろいろなかなか進みませんね〜(・ω・`*)

というわけで、仕事が少し落ち着く12月10日頃まで、ブログの更新はお休みになります〜。
…単に、仕事びっちり優先になるのでネタが無いだろうという事だけなので、ネタが有れば更新してるかも?

2009年10月26日

棒針チャレンジキット

20091026.jpg

フェリシモのクチュリエ届きました♪
左側『ここからスタートしよう!棒針編み「きほんのき」レッスン1棒針編みの作り目』と、右側『あこがれの伝統柄であたたかく過ごそうアラン模様のニット小物の会1ハンドウォーマー』♪
きほんのきの方は、8号の棒針4本とキャップ4個に綴じ針1本が、アラン編みには縄編み針が1本、付属していました(*^∇^*)
アラン編みの方も、使用針は8号針との事で、調度良かったです♪

アラン編みの方は、きほんのきが終わってから始めるつもりだったのですが…そうなったら来年の春頃…?
早まったか?!

とりあえず、出来上がったら、またUPしま〜す。