2018年03月19日

おもむくままに、ビーズぐるぐる( ・∀・)

前回のビーズ刺繍
http://eastwind.sblo.jp/article/182718098.html
実は最初、刺繍したあと、パッチンピン(スリーピン)にしようと目論んでいました。
が、ビジュー部分がボンドでの貼り付けのみなので、パッチンピンの動きで剥がれたらイヤんだなー…と、そのままブローチに仕立ててしまいました。

ビーズ縫い付けていくのが、思いのほか楽しかったので、残ってたフェルトを使って、パッチンピンにしよーと思い至りました。

なぜ、パッチンピンに、こだわっているかと言いますと。
http://eastwind.sblo.jp/article/59954758.html
もう覚えてる人も居ませんでしょーが、まだ引きずってたんですよ、ホント(´-ω-`)←しつこい
これもう、絶対にパッチンピン、リベンジするーっ!…と決めて、何年経ったのやら。

さてはて。

手持ちの材料を使って、思うがままに、ビーズぐるぐる縫い付けていきました。
IMG_2584.jpg
最初に想像してたのと全然違うし、なんか、ギラギラしてる…。
でもまあ、コレはコレでイイかな。
もともと以前からビーズ刺繍したくて用意してたビジューパーツも、これで陽の目を見られて良かったww

裏側に、パッチンピンを付けた生地を張り合わせて、表側と裏側の合わせ部分にも、ビーズぐるぐる縫い付けて、
IMG_2586.jpg
さくさく完成♪
縦3.2×横6.8cmあります。

パッチンピン接続用の裏布は、同じ大きさのフェルトが無いので、随分前にセリアさんで買ってた合皮を使いました。
IMG_2587.jpg
今回は、パッチンピンの向き、合ってるよー!!
うぇーいヾ(*´∀`*)ノ

少し横から
IMG_2590.JPG
割と凸凹してます。

ちなみに今回の材料は、
フェルト→フェリシモキットの残り。
合皮→セリア
パッチンピン→ダイソー
糸→ダイソーのキルト用手縫い糸。
ビジュー(サークル・ドロップ)→パンドラハウス
台付きビジュー(オーバル)→セリア
台付きビジュー(サークル大・小)→通販
パールビーズ→通販
ビーズ(金)→withOYAさんのキットの残り
ビーズ(薄紫・外周の白)→トルコのビーズ
ビーズ(パールっぽい白・オーロラ・銀の中染色)→ダイソー
です。

ダイソーさんのビーズ、シードビーズっていうのの白系だったんですが。
IMG_2585.jpg
サイズもちょうどいいし、3色入ってるし、ガラス製なので光沢も綺麗で、すごく良かったです。
結構前にGETしたものですが、まだ有るのかな。
他の色も欲しいなー。

ああ、それにしても。
永らくの案件が済んで、なんか、肩の荷が一つ下りました(大袈裟)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪



posted by はる at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2018年03月17日

はじめての、ビーズ刺繍

GETしたキットは、溜め込まずに、なるべく早く攻略しましょう。
…と、自分に言い聞かせる( ・∀・;)

とゆーわけで、フェリシモのキットより。
image1.jpeg
『ぐるぐる縫いとめて ビーズでふちどる きらきらビジューブローチの会』より『5、マルティブル』
やりましたー。

ビーズだけを縫い込む、ビーズ盛り盛りのビーズ刺繍って、ずっと憧れてたのですよねー(●´ω`●)
ようやく手をつける機会が出来て、良かったです。

図案も印刷済みなので、楽ちん。
ビジューを貼り付けて、ビーズを縫い付け。
IMG_2574.jpg
全部、平面的にビーズを縫い付けていくのだと思っていたのですが、段差を作るのに、2枚仕立てにするんですねー。

1段目のを切って、貼り付けて、またビーズを縫い付けていって…
IMG_2575.jpg
メインモチーフ部分が終わったトコロ。

あとは、モチーフを囲むようにビーズを縫い付け。
ブローチ金具を付けたフェルトと張り合わせ。
モチーフ側とブローチ金具側のフェルトの間に、ビーズを縫い付け。
…って、この辺の作業は、夢中になってやってたので、写真がありません←

出来上がりー。
IMG_2582.jpg
裏は、こんな感じ。
IMG_2583.jpg
イモムシみたいですね←

ちなみに、ビーズ類は、これだけ残りました。
IMG_2576.jpg
私のビーズの縫い付け具合がキツイのか、説明書の指定数より多く使っていたのですが、ちゃんと足りました。
良かったー。

最初、シリーズの中で、1番要らんヤツ来たなー…と思ってたのですが(失礼)。
作ってみたら、思いの外、渋いのに上品で、イイ色合いでした(●´ω`●)
見た目に反して、すごく軽いので、使い勝手も良さそう。

今回は、イライラするところが、1個も無かったVv
縫い目を気にしないで良かったからでしょうか。
普通の、刺繍糸を使う刺繍って、刺繍糸の状態…ヨレとか…を気にしながらとかありますが。
今回のビーズ刺繍は、ビーズが縫えていれば、あんまり細かい事を考えなくてもイイっぽかった(乱暴)

思いのほか、充実出来ました。
1個でイイかなと思ってましたが、また注文しよーかな♪



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪



posted by はる at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2018年02月07日

てまり(手毬)に、挑戦!〜後編

前編
http://eastwind.sblo.jp/article/182341148.html
の、続きです。

前回までで、1段目が終わりました。
模様が入っていく作業は、楽しいですね(●´ω`●)

2段目
image1.jpeg
黄色。

3段目
image2.jpeg
オレンジ色。

4段目
image3.jpeg
水色。

5段目
image4.jpeg
白色。

6段目と、各極に松葉かがり。
image5.jpeg
どちらも金色の糸なので、続けて作業しました。
その後、赤道部分に、地割で使った太い方の糸で、帯を巻きました。

帯を巻くときに、前回の地割りの時に言っていた問題が。
帯巻きしたあと、赤道の地割した時の糸を、引き抜くそうなのです。
私、柱と繋がってるので…切るに切れない。
『引き抜けない場合は、無理に引っ張らず、残しておいてかまいません』とあったので、助かりました(=ω=)

あと、無駄遣いしたつもりは無かったのですが、南極側の帯が1週ちょっと分くらい、長さが足りませんでした。
なんとなく、赤道の地割り糸と馴染ませて…ごまかし←

かがり糸の赤色で、
image6.jpeg
帯に千鳥かがりを2周。

てまりの帯の部分に二重カンを縫い付け、ビーズパーツを付けて、
image7.jpeg
完成〜(●´ω`●)

写真は、ぱっと見、まあまあうまく出来上がっているやうに見える…。
が、実物は、かなり雑い感じの仕上がりです。
次は、もう少しマシに出来るかなぁ。
そのうち、残りの材料で、またやってみようかな。

在庫を作り切るまで、新しいキットは買わない…と言いつつ、フェリシモの新作キットが気になって仕方がない〜そわそわヽ( ̄д ̄;)ノ



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2018年02月06日

てまり(手毬)に、挑戦!〜前編

キット攻略、まだ続きます。
在庫(罪庫)が無くなるまで、新しいキットは買わない縛りなので、頑張ってます←

またもや、フェリシモのクチュリエより。
FullSizeRender.jpg
『重なる絹糸のみやび ころんとかわいいちいさなてまりの会』より『1、あかつき』

比較的、新しいなぁと思っていたのですが、
http://eastwind.sblo.jp/article/174706347.html
それでも2016年の3月。
ほぼ2年は経ってますね(;¬д¬)

まず、土台作り。
個人的に、一番楽しくない作業(←え?)

キルトわたを指定サイズにカットします。
image1.jpeg
説明書では、6枚。
このキルトわたを丸めるのですが、私ちょっと丸め方がキツかったのか、必要なサイズにするのに、2枚追加しました。

丸めたわたに、地巻き用の糸を巻いていきます。
image2.jpeg
ぐるぐると。ひたすら。
昔、解いた毛糸を巻き直した時の感覚に似てるかも(*^ω^*)
image3.jpeg
全面埋まるのに、想像してたよりも、時間かかりました。

待ち針を使って、地割りの目印をつけます。
image4.jpeg
目印用のテープを使って、『北極』『南極』『赤道』の位置を割り出して、待ち針を打ちます。

目印の待ち針に沿って、『地割り』
image5.jpeg
かがり糸より少し太い金色の糸で、北極と南極から出る縦の『柱』に糸をかけたあと、『赤道』部分に糸を縫い止めました。

私は、面倒がって、柱のあと、そのまま赤道部分も進めましたが、後から問題が発生するので、皆さんは『柱』と『赤道』は、糸を分けて下さいね( ̄ω ̄;)

土台が出来上がったので、これから刺繍に入ります。

片側…北極側の柱に、模様用の目印の待ち針を打ち、スタート位置にも待ち針を打ち、
image6.jpeg
薄黄色のかがり糸で、1週、
image7.jpeg
2週して、1段が終了。

この1段目が、これから後の全てのベースにります。
私は、目印の待ち針の位置も大雑把だったせいか、最終的に模様がバラついた感じになってしまいました。

説明書では、北極側が全部終わったあと、南極側をかがるよう書いてありましたが、このまま南極側も1段目をかがってしまいました。

写真が多いので、続きます(ノ;・ω・)ノ



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2018年01月30日

加賀のゆびぬき、やってみたー( ・∀・)…おまけ

前編
http://eastwind.sblo.jp/article/182205859.html
中編
http://eastwind.sblo.jp/article/182225675.html
後編
http://eastwind.sblo.jp/article/182260390.html

キットの分、2個終了したのですが。

セットの材料、厚紙以外は、もう2個は作れる量が残っておりまして。
ゆびぬきの柄の中で、オーソドックスな矢羽も、やってみたいなーと。

こちらの
http://www.2001-2010.yubinuki.net/index.html
ひさぎ(大西由紀子)さんのサイトより。
http://www.2001-2010.yubinuki.net/make-index.html
の作り方を、参考にさせていただきました。

四色ウロコも、矢羽も、16分割で同じなので、土台が全く同じでよくて、助かりました。

糸は、二色のみ。
IMG_2362.JPG
残っている糸の、赤と濃い黄色が、お見本の色に似ていたので、残りを使う事に。

あとから思いましたが、残り糸で矢羽をかがりきれて、良かったです。
赤も黄色も、ギリギリ…間に合って良かった( ̄ω ̄;)

で、出来上がったのがコチラ。
IMG_2371.JPG
赤色が、なんだか金魚みたい(●´ω`●)
そういえば、金魚柄のゆびぬきも、確か有りましたよね。

四色ウロコと、横から。
IMG_2372.JPG
実は、矢羽模様の土台は、四色ウロコよりも真綿を倍くらいの量にしたハズだったのですが…なんだか、ぺったんこ。
厚紙が薄かったかな。

なにわともあれ、長らく温めていたキットも、完成に至りました♪

次も、気合い入れて頑張ります。
罪庫入れが、手ぐすね引いて待っている←



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2018年01月28日

加賀のゆびぬき、やってみたー( ・∀・)…後編

前編
http://eastwind.sblo.jp/article/182205859.html
中編
http://eastwind.sblo.jp/article/182225675.html

2個目です。

今回は、赤、濃い黄色、薄い黄色、白の四色。
IMG_2358.JPG
糸それぞれに針をつけ、かがっていきました。

前回をふまえて、隙間のないように気をつけ、
IMG_2366.JPG
まあまあ綺麗なウロコ模様が出ましたー(●´ω`●)

写真、なんかモッサリしてますが。
IMG_2367.JPG
絹糸らしい艶のある光沢が綺麗です。

1個目の最初の頃、この手間がかかる感じが『2個目以降は無理だなー…』とか思ってましたが、だんだん楽しくなってきました。

…とゆーわけで、あとちょっと、続きます( ・∀・)←え?



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2018年01月24日

加賀のゆびぬき、やってみたー( ・∀・)…中編

前回まで
http://eastwind.sblo.jp/article/182205859.html
土台を作ったところです。

いざ、お楽しみの刺繍にはいりますが。

『四色うろこ』なので、糸は4本使います。
指ぬき1つめは、白と水色の糸を2本づつ使って、四色扱い。

説明書では、1本目をかがったあと、糸から針を抜いて、新たに2本目に針をつけてかがって、また針を抜いて…3本目、4本目と、続けていくように書いてありました。
まあ、針は1本しか付属されてませんしね。

想像しただけでも、メンドくせ…←

なので、それぞれに針をつけることに。
IMG_2363.jpg
http://eastwind.sblo.jp/article/177104968.html
でGETしてたダイソーさんの縫い針セットの、『きぬぬい』針を出してきました。

説明書では、糸は1mを引き出す…とあったので、必要分それぞれを1mづつに切って、縫い針に通し
IMG_2348.JPG
1週目が終わったところ。

休ませてる糸が、絡まる絡まる…(´・ω・lll)

どうにかしようと、組紐の時に使った糸巻きモドキに、休ませてる糸を巻きつけることにしました。
IMG_2351.jpg
絡まる糸を解く手間より、糸巻きに巻いたり解いたりする手間の方が、よっぽど精神衛生上に良い(個人的感想)

数日かけて、せっせと作業して
IMG_2365.JPG
1つ目が完成ー。

仕組みというか、行程というか、なんとなく解りかけてきたところで、終わったかなーつて感じでした。
今回の事をふまえて、2個目にチャレンジしたいと思います(*^ω^*)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2018年01月22日

加賀のゆびぬき、やってみたー( ・∀・)…前編

今年も、溜め込んだキットの、攻略中です。

お次は、加賀のゆびぬき。
IMG_2357.jpg
フェリシモ、クチュリエの『日本のお針仕事絹糸に願いを込めて 加賀ゆびぬきの会』の『1.四色うろこ』

このキットが、手持ちの中で一番古いかも。
http://eastwind.sblo.jp/article/61938250.html
GETしたの2013年2月…もう5年も熟成してました。
腰が重すぎ←

古いキットなので、一応セット内容を書き出しますが。
絹糸、白と水色が10mづつ。赤と山吹と黄が5mづつ。
バイアステープ、黒と薄緑、3×15cmが1枚づつ。
厚紙、1.1×38cmが2枚。
和紙、1×20cmが2枚。
真わた、1g。
縫い針(ケース入り)、1本。
最近の加賀ゆびぬきの会も、同じ内容量なのかしらん?

放置させまくった要因の1つは、刺繍に入るまでの土台づくり。
説明書を何度読んでも、よく分からなくて、『また後で…(-_-)』ってなってたんですよね。
やっぱり、こういうのは、実際に作りながらでは無いと、ピンと来ないのだなーと、改めて思いました。

説明書では、厚紙を利用しての、土台の為のベースの土台を作るところから解説があります。
初っ端から、コレが分からなくて、このキットを作るのを倦厭していたのですが…。
よくよく読み進めると、口紅のケースとかでもOKらしい。

とゆーわけで、手持ちの口紅を利用しました。
IMG_2337.jpg
最初から、こうすれば良かった…(でも、何年も、よく分かって無かった)
写真、ちょっと見辛いですが、黒のバイアステープの上に、細長い厚紙を巻いているところです。

その後、厚紙を包むようにバイアステープを折り返し(折り畳み?)ながら、かがっていきます。
IMG_2338.JPG
このキット、2つ作れるので、土台も2つ一気に作業。

それぞれの上から、真綿を薄く引っ張りながら、きつく巻いていきます。
IMG_2339.JPG
初心者は、薄めの方がイイようなので、巻きは薄めにしました。

それから、16等分に印をつけた、和紙テープを巻きます。
IMG_2340.JPG
和紙テープの端と端をピッチリ合わせて、セロテープで貼り合わせ…って、ぶきっちょさんには辛い(ノω・、)
1つは間違って、裏表にしちゃいましたし←
まあ、作業に支障はないので、このままにしておきます。

難関に思っていた土台作りは、これでひと段落。
これから、刺繍に入ります。

…続きます(ノ;・ω・)ノ



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2017年11月14日

スウェーデン刺繍に挑戦!〜後編

前回の
http://eastwind.sblo.jp/article/181542192.html
続きです。

2枚目を、刺しまーす。

まず1段目
image1.jpeg
緑色で。
初段から、模様が入っていきます。

2段目
image2.jpeg
茶色で。
ストレートステッチだけなのに、渋い色合いが、調和していく〜( ・∀・)♪

3段目
image3.jpeg
赤色が入って、一気に雰囲気が変わりました。
面白い。

で、刺し上がった2枚を、それぞれ規定の円形にカットし、
image4.jpeg
先に、ブローチピンも、裏側用のフェルトに縫い付けました。

それぞれの生地の周りをぐし縫いして、絞り、
image5.jpeg
ボタンプレートを包み込みます。
この辺りは、どうせ隠れてしまうので、大雑把でも安心(●´ω`●)←

その上から、ブローチピンを縫い付けたフェルトを
image6.jpeg
まつり縫いで縫い付けます。

で、
image7.jpeg
完成〜ヾ(*´∀`*)ノ
ブローチは直径4cmです。

スウェーデン刺繍って、写真では織物みたいに見えましたけど、出来上がってみると、織物みたいですよね(感想が下手)
複雑な行程が無いわりに、凝って見えるし、気分転換に最適なサイズです(*^ω^*)

刺繍って、時々無性にしたくなりますが、大きいのだと躊躇しちゃうのですよね。
飽きっぽいし←
ブローチサイズくらいが、自分の性に合っているのかなーと、ふと感じました。
刺繍は、キットに手を出さないで、本1冊買おうかな…。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 08:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2017年11月11日

スウェーデン刺繍に挑戦!〜前編

溜め込んだキット、攻略中です。

フェリシモさんでGETしてました、スウェーデン刺繍のキット、
image1.jpeg
『ほんのりレトロな北欧模様 スウェーデン刺しゅうの くるみボタンブローチキット』
やってみました。

このキット1つで、2種類の柄が作れます。
生地のサイズが、1種類に10×10cmサイズです。
生地が小さくて、手持ちの刺繍枠には入らないし、そのままの状態では端がほつれてきそうだし、かといって四隅をマステで包むには手触り悪いし(←)

とゆーことで、適当な厚紙で、枠を作成してみました( ・∀・)
image2.jpeg
穴のサイズは9cm角です。

裏側は
image3.jpeg
結局はマステで固定かーい…とツッコまれそうですが。
このスウェーデン刺繍、生地の裏側には糸が出ないようなので、幅広マステでガッチリ固定OKなのです。

まずは、1段目。
image4.jpeg
青緑の糸で、基本線。
刺繍糸は、6本依りのまま、2本合わせて使用します。
私は、糸は切らずに長いまま、図を見ながら往復して、刺しました。

2段目。
image5.jpeg
紺色の糸で、模様が入り、画面がグッと締まって見えます。

3段目
image6.jpeg
ピンク色が入って、可愛くなりました(*^ω^*)

ちなみに、この柄の分の説明(解説)が、誤植じゃないかなーと思うんでふが。
1、4、5はイイとして、
『2、1目ダーニング+3段上がり』
『3、1目ダーニング+1段上がり』
ではないかな、と。
どうなのでしょうね?

1枚目が刺し終わりましたが、ボタンにするのは後にして、もう1枚の方を、刺したいと思います。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
HAPPY♪


posted by はる at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年08月10日

クロスステッチのビスコーニュ★後編

フェリシモの15面体ビスコーニュ、の続きです。
前編
http://eastwind.sblo.jp/article/157539026.html
中編
http://eastwind.sblo.jp/article/159791038.html

7.それぞれを切り離し、バックステッチした枠部分に沿って折りたたむように、アイロンかけ。
image.jpeg
…15枚�(ノ;・ω・)ノ

8、上側と下側、それぞれを繋ぎ合わせる。
image.jpeg
ちょっとづつ、形になってくるのが、面白いです。

9、上側に、側面分を繋ぐ。
image.jpeg
写真は上から見たものです。

10、下側も繋ぎ、途中でワタも詰めて…縫合、完了( ・∀・)!
上から
image.jpeg
下から
image.jpeg
側面1
image.jpeg
側面2
image.jpeg
側面3
image.jpeg
側面4
image.jpeg
側面5
image.jpeg
思ってたより、デカイ。
でも、ふかふかで、もちもちの手触り(*´∇`*)

11、真ん中を縫い絞り、上側にボタンも縫い付けて、完成�ヾ(*´∀`*)ノ
image.jpeg
可愛い�Vv
(追記:サイズは、直径9.5cm、高さ5cmです)

縫い合わせるのは、バックステッチ部分をかがる作業なので、普通に縫うより簡単で楽チンでした♪
…前回のハーダーンガー刺繍のついでにやった、初めてのビスコーニュの時は、すごく大変だったのにな�(;¬д¬)

これで、長きに(?)渡った刺繍キット三昧も、一先ず終了です。
途中で飽きがきたりしてましたが、完成出来て良かったです。

おまけ。
image.jpeg
生地の残り部分に、同じイチゴ模様を2面だけ刺して(実際のより1マス少ないですが)、
image.jpeg
ミニビスコーニュも♪
ビスコーニュって、ほんと可愛いな�(●´ω`●)Vv



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ

posted by はる at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年08月04日

クロスステッチのビスコーニュ★中編

フェリシモの15面体ビスコーニュ、前編
http://eastwind.sblo.jp/article/157539026.html
の、続きです。

3、ベージュでウサギさん。
image.jpeg
コントラストが無くてぼんやりした感じ…(;¬д¬)

4、淡黄色で、
image.jpeg
葉の中、お花部分、イースター卵の色を。

5、茶色で、
image.jpeg
ウサギさんの、お鼻と目を。
このウサギさん、どちらかというと、野性味のある、野ウサギなフォルムですよね。

6、水色と紫色で
image.jpeg
イースター卵の飾り模様。

で、刺繍は完成です〜。
これから、とうとう縫い合わせて行きますよ(←苦手作業)
説明書を見ても、イマイチ、ピンと来てません( ・∀・)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年07月28日

クロスステッチのビスコーニュ★前編

手持ちのキット、クロスステッチ刺繍の最後は、
image.jpeg
『キュートな形のピンクッション めぐる季節を楽しむ クロスステッチ・ビスコーニュの会』『4、イチゴとウサギ』。
相変わらずのフェリシモのクチュリエです( ・∀・)
ピンクの生地が可愛い♪

初心者でもキットなら…と軽く考えてましたが、いきなり15面バージョンが来ましたよ(((;゚Д゚)))

最初に、赤色の糸で、15面分の枠のバックステッチ。
image.jpeg
…挫けそうでした(ノ;・ω・)ノ

1、バックステッチと同じ赤で、
image.jpeg
イチゴの模様。

2、緑色の糸で、葉っぱ、茎、飾り模様。
image.jpeg
1箇所(1目)、間違いがあります。
…探してもイイけど、見つけてもナイショ( ̄ω ̄;)

刺繍飽きてきたうえに、風邪っぴきで止まり気味で、進みが遅いですが…←
これから、メインのウサギさんの模様を、入れて行きますよ〜ヾ(*´∀`*)ノ


来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年06月28日

初めてのクロスステッチ〜その2

前記事、初めてのクロスステッチ〜その1
http://eastwind.sblo.jp/article/146036813.html
の続きです。

image.jpeg
8、2015濃渋緑
image.jpeg
9、582黄と768赤茶
image.jpeg
10、801白と、738茶
image.jpeg
11、736薄茶
image.jpeg
12、255緑
image.jpeg
13、263薄緑
出来上がり。

裏側は、とても見せられない状態…というか、写真に撮るの忘れて、仕上げしちゃいました←

image.jpeg
フレームに入れたら、こんな感じ。
フレームは14×14cmのサイズです。
原板の、ふっくらプリチーVvな感じは無くなってますが、鳥さんのリアルさが、その分、引き立っているような。

刺繍って、時間かかるんですねー(今更)
でも、マス目を埋めていき、絵を描く作業は、面白かったです。
クロスステッチのキット、あと1つ有るんですが…ここ3ヶ月、ほぼ刺繍しかしてない(´・ω・lll)
作りきりたい気持ちもありますが、そろそろちょっと別のがやりたいかも…。



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 14:13| Comment(13) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年06月27日

初めてのクロスステッチ〜その1

刺繍は今までに、ツヴィスト、ニードルステッチ、こぎん刺し、ハーダンガーをやりましたが。
クロスステッチ、初挑戦です〜♪
…1番メジャーなのが、後回しってね(;゜∀゜)

相変わらずのフェリシモキットw
image.jpeg
『日本の美しい野鳥が歌う バードウォッチング気分のクロスステッチフレームの会』『7.キクイタダキ』
セット内容は、刺繍糸(綿100%)、刺繍布(綿100%)、フレーム(立て棒つき)、クロスステッチ針。

クロスステッチをやるなら、
動物か植物がイイなぁと思っていました。
イロイロ迷って、ちょっと難しそうでしたが、鳥モノにしました。
…どれが来ても、可愛いしVv(テンション重要)

ちなみに、こちらの原板は
image.jpeg
もっと可愛い(*´д`*)
野鳥図鑑画家の谷口高司さんによるものです。
本物は、
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キクイタダキ
数倍可愛い…たまらん(●´Д`●)ハァハァ

中央部に近い色から刺し埋めていくということと、刺し方、刺し始めと刺し終わりの説明だけがあって、連続してない場所の刺し方が分からず、適当に、段毎に刺し進めました←

過程↓はコチラ。
数字と色名は、説明書にあったものです。
image.jpeg
1、293渋黄
image.jpeg
2、431薄渋緑
image.jpeg
3、540薄黄
image.jpeg
4、414グレー
image.jpeg
5、900黒
image.jpeg
6、293黄緑
image.jpeg
7、2013渋緑

…写真の枚数の都合で、次の記事へ続きます(ノ;・ω・)ノ



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年06月02日

*ブランケットステッチの刺し方*

ハーダンガー刺繍をしていて、1番面白かったのが、ブランケットステッチでした。
もう、ハーダンガーはすることは無いと思いますが、これから先、また刺繍モノで出会うかもしれないので、自分の覚え書きを残しておきます。

説明書を見ても、いまいち『?』な方のご参考にもなれば、幸いです。

*************

image.jpeg
指定の位置に針を刺し入れて、針の先側に糸をかける。
image.jpeg
針を進行方向へ抜く。この時、少し抜いた状態で針は休ませ、糸だけを少しづつ引っ張って、輪の様になっている部分を縮めていく。
image.jpeg
輪の様になっている部分が引き締まったら、休ませておいた針を静かに引いていく。
image.jpeg
出来上がり。

*************



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年05月31日

はじめてのハーダンガー刺繍〜そして、はじめてのビスコーニュ

ハーダンガー刺繍をし終わって、余白がもったいないなーと、余り布を整形。
image.jpeg
端が解けてくるので、一応マステとホチキスで止めてます。

ドイリー自体は手放す予定なので、何か手元に取っておきたく、これを機にビスコーニュを作ってみることにしました。
で、刺繍。
image.jpeg
ドイリーと同じような感じの模様にしました。
刺繍した後に、だいたいのサイズで、縁になる位置にバックステッチ。
image.jpeg
ほつれ止めのマステを取って、余白を切りそろえ。
image.jpeg
で、縫いあわせて、ワタを入れました。
縫うのに一生懸命で、途中の写真がありません( ̄ω ̄;)
角をズラして縫うのって、なかなか難しいでした(←ぶきっちょ)
形も歪んでるし…。
ワタは、手身近にあったアクリル毛糸を詰めてあります。
その後、ビスコーニュらしく中央部分を縫い絞ったまではイイものの、このオレンジ色に合うビーズなりボタンが思いつかなく、なんとなく手元にあった画鋲を刺してみました( ・∀・)w
image.jpeg
キラキラしてて可愛いし、両面に刺したら、適度な重さが出て、使い勝手が良い感じになりました。
ボンドで固定、決定w
完成直後から、勤め先で使用中です。

さーて、次は、どのキットに手をつけましょうかね〜。
…と、言いつつ、多分刺繍です(ノ;・ω・)ノ



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 13:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年05月27日

はじめてのハーダンガー刺繍〜その2

前回『その1』にて
http://eastwind.sblo.jp/article/126023736.html
ミニドイリーを完成させました。
次は、ミニドイリーより少し大きめのドイリーに着手です。

ドイリーの工程は、こんな感じ。
ほぼミニドイリーの時と変わりませんが(;¬д¬)
image.jpeg
1、ストレートステッチで、内側ぐるりと1周。
太い刺繍糸を2本半使用。
image.jpeg
2、ストレートステッチで、外側ぐるりと1周。
太い刺繍糸を3本と、3分の1使用。
image.jpeg
3、サテンステッチで、中央の結晶模様と、矢羽模様。
太い刺繍糸を、結晶模様が2本、矢羽模様が1本と6分の1使用。
image.jpeg
4、アイレットステッチで、飾り模様。
細い刺繍糸を1本と3分の2使用。
image.jpeg
5、ボタンホールステッチで、外周を。
太い刺繍糸を6本と5分の2使用。
image.jpeg
6、織り糸のカットと抜き取り。
image.jpeg
7、マルティーズクロスステッチ(内側)と、マルティーズクロスステッチ(外側)+ロールバー。
image.jpeg
8、外側をカットして、出来上がり♪

刺繍糸は、各ステッチの残りを別にして、太いのが37本入りでまるまる10本残り、細いのが23本入りでまるまる7本残りました。
ちなみに、刺繍布のサイズは説明書には書いてないので詳細は分からないですが、今回使ったのは、1インチ16〜17カウントくらいの生地です。

もう少し早く出来上がるかなぁと思ってましたが、結局ドイリーも1ヶ月掛かっちゃいました( ̄ω ̄;)
刺繍は面白いけど、やっぱり織り糸を切ったり抜いたりする作業は好きじゃないかも。
まあ、出来上がりが遅くなったのは…途中、横道にそれて、別なモノを作っていたせいもありますがね←

ハーダンガー話、もう1回続きます( ・∀・)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2015年05月03日

はじめてのハーダンガー刺繍〜その1

フェリシモのキットで開始された当初に購入していた、ハーダンガー刺繍のキット、ようやく手をつけました(ノ;・ω・)ノ

image.jpeg
『きれい色に出会った 北欧生まれのハーダンガー刺しゅうの会』『1、メイプル』
キットには、布と、太・細それぞれ長さ90cmの刺繍糸の束がセットされています。
刺繍糸、つやつや光沢があって綺麗(*´∇`*)

なかなか手をつけられなかった理由は、最初の布の下準備があるからでした←
でも、頑張りましたよー。
image.jpeg
アイロンで畳ジワを伸ばして、指定のサイズにカットして、外周をマスキングテープで解れ止め。
…このマスキングテープ、ダイソーさんのを使ったら、ちゃんとくっつかなくて、イライラ(;¬д¬)
仕方が無いので、その上から、ホッチキスで止めています←
それから、大小共に、十字のガイド線の印つけ。
しつけ糸が無かったので、手持ちの木綿糸でやりました。
あまり目立たない方が良いかと、小は白糸でつけたら、逆に見えづらくて分からない感じになったので、大は黒糸でつけました。

さて、まずはミニドイリーから。
どんな感じで出来上がっていくのか、工程を写真に撮っていきました。
image.jpeg
1、ストレートステッチで、ぐるりと1週。
刺繍糸は、太いのを丸々2本使いました。
image.jpeg
2、サテンステッチで中央の部分、アイレットステッチで飾り模様を。
それぞれ刺繍糸は、サテンステッチは太いのを1本半、アイレットステッチは細いのを1本と3分の1使用。
image.jpeg
3、ボタンホールステッチで、外周を。
この外周が、縁取り部分になります。
刺繍糸は太いのを4本と、4分の3くらい使用。
次に、織り糸のカットと、抜き取り。
この日の為に買って置いた(遠い目)、DMCのハーダンガー用ハサミを使用♪
…むちゃくちゃ使い辛かったです。
開きが固くて、手が痛い。
後でクレ55でもするかな(・ω・`*)
糸を抜くのは、ピンセットを使いました。
image.jpeg
4、マルティーズクロスステッチで、織り糸をかがる(内側)。
刺繍糸は細いのを2本と、5分の4くらい使用。
image.jpeg
5、マルティーズクロスステッチで、織り糸をかがる(外側)、ロールバー。
刺繍糸は細いのを2本と半分使用。
image.jpeg
6、外周のカットで、完成〜。
縦横14cmです。
織り糸ギリギリにカットしてるつもりでも、やっぱり生地の部分が見えてしまいます。
…こういうものなのかな?
ちなみに、裏側。
image.jpeg
あんまり表と変わらない感じ?
あと、抜け殻は、
image.jpeg
こんなんです( ・∀・)
余白が、もったいない…。

4月に入ってすぐ作業開始していたのですが、ちまちまやって、1ヶ月掛かっちゃいました。
刺繍してる間は、楽しかったですが、糸をカットしたり脱いたりする作業が、ちょっと苦痛。
私には合わないなー…と思いつつ、次は大きいドイリーに取り掛かります〜。
…頑張ります( ̄ω ̄;)



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 11:31| Comment(6) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)

2014年02月15日

こぎん刺しに挑戦!〜後編

こぎん刺し本体を刺した話
http://eastwind.sblo.jp/article/87110120.html
の、続きです。

このキットは、くるみボタンに生地を包んで、同じ物を2つ作り、くるみボタン同士を重ね合わせて、ストラップにするのですが。

まず、生地を、指定されたサイズ…くるみボタンより少し大きめに、丸く切り取ります。
image.jpeg
この生地が、端から、解ける、ほどける(´・ω・lll)
ボロボロにならないように、周りをかがるよう説明書にて指定がありましたが、ボロボロになりやすくて、かがるのも一苦労。
仕方が無いので、手芸用ボンドを軽く付けて、固めました(+ω+)
それから、周囲をぐし縫いして縫い縮めます。
ヨーヨーキルトみたいな感じだな〜という感想←
中にくるみボタンを入れて、包み込むようにして縫い絞りました。

この作業のあと、くるみボタン同士をくっつければ、終了なんですがー…。
ストラップにしても、使わないなーと、思いまして。
まあ、作ったモノを使わないのは、いつもの事なんですがね?←
説明書に、ブローチにする方法もあったので、ストラップにはしないことにしました。
どうせ加工するなら、フレキシブルに( ・∀・)
ブローチでも、ヘアピンでも、ヘアゴムでも出来るような加工にしました。

説明書では、裏を付ける場合は、フェルトを直径2.5cmに切ったものを縫い付けると書いてありました。
私は、こないだ買った、セリアの合皮を使う事に。
そのまま1枚の合皮を縫い付けるのは、強度が心もとなかったので、合皮も厚紙で包みました。
image.jpeg
直径4cmの合皮の中央に、1.5cm角の合皮片を縫い付け、
中に直径2.5cmの厚紙(←チョコの外箱を使用)を入れてくるみました。
合皮片は、こぎん刺しした刺繍糸の残りを使ったので、なんとなく、お揃い感が出たような…?

こぎん刺しした本体と、合皮の裏側をボンドで貼り合わせ。
…どちらも厚ぼったくて、ぴったり綺麗に張り合わさらなかったので( ̄ω ̄;)、本体と合皮をざっくりと、まつり縫いしました。

なんか夢中になって、慣れない縫い物加工をしたので、説明写真が少なくてスミマセン(´・д・`)

出来上がったのがコチラ。
image.jpeg
直径、約3cm。
写真は試しに、ヘアピンを通していますが、安全ピンを通せばブローチに、ゴムを通せばヘアゴムにもなります( ・∀・)Vv

あー、なんか、縫い物が続いたので、編み物したいな。
(でも手持ちのキットは縫い物系が多い←)

そうそう、一部で噂になってました、土ヰ手芸さんの閉店の件ですが。
どうやら、規模縮小して、店舗を移転して、まだ続けられるようですね(*^ω^*)
http://www.doishugei.com/
良かった〜(●´∀`●)Vv



来て戴いて、ありがとうございました♪
レースへタティングレースへトルコ手芸・オヤ・キリムへ
応援ありがとうございます♪
ランキング↑↑どれか1つポチって押して戴けましたら幸せですVv
毎日の励みになってます( ´ ▽ ` )ノ
posted by はる at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆手遊び(刺繍)