2009年10月25日

ハンカチにオヤ(縁取り)経過報告

20091025.jpg

はい、現在、ココまで進んでおります。
…小さいから、あんまり見えない?
相変わらず、編み目はバラバラですよ…orz
え?思ったより進んで無いって?
想像してたより凝ったモチーフだったんだよぅ!…と言い訳してみる←
実際、5模様分の1行程を2つ編んだら、普通のお花が出来上がる目数でした。

で、えーと、
最初の計算では、1辺のモチーフの1行程が8つの計算でしたが、実際は1行程約4cmでした(;^_^A

小さいお花達を作ってる時は気にならなかったですが、縁取りって、結構、糸の消費が激しいですね〜。
トルコのオヤ糸の1巻き(1玉)が長いのって、やっぱり必要だからなんですね。
日本産のオヤ糸は、小花用って感じ。

1辺40cmで10行程。
1Mの糸で1.5行程。
外周は40行程(1辺10行程×4辺)なので、1.5で割ると、26.6なので、26.6M糸を使う計算になります。
…で、
1辺が90cmのスカーフになると、同じような計算で、60Mの糸を使う計算。
国産カナガワの糸は75Mだから、縁取りだけで1本使いきりそう…。
コスパを考えると、やっぱりトルコ糸かな〜って思いますが、でも、まあ、糸の感触の好みもありますしネ。
絹糸も柔らかくて気持ちイイけど、糸巻き何枚必要なんだか…(滝汗)

そうそう、今回参考にさせて戴いている本、「トルコの伝統レース2 イーネダンテル」が再販されてますね。
イーネダンテルは、ドイリーが魅力的!
出来上がりもタティングみたいにペラペラなので、面白いですよ〜♪
ぜひ、お仲間になりませう〜♪

2009年09月24日

リリヤン、あれから…

20090924-3.jpg
ストラップになりました。
昨日に出来上がってたのですが、お昼にようやく写真が撮れました(←今、仕事の昼休みデース…orz)
イーネオヤの花と鈴付き♪
やっぱりオヤは可愛いなぁ…デレデレ(*^ω^*)
イーネオヤは、紐と同じ蛍光オレンジ。
紐に似合う、トロピカルな花を考えていたのですが、結局、色の冒険が出来なかったヘタレです…orz
カラーコーディネーターの勉強でもしようかな…。

ちなみに今回のイーネオヤは、CIZMELI社のナイロン糸です。
お花は蛍光オレンジ、葉っぱはモスグリーン。
CIZMELI社のナイロン糸は、ALTIN BASAKより細い感じですね。少し伸びもあります。
蛍光の方は、モスグリーンより気持ち太くて、日本製のカナガワのイーネオヤ糸に近い編み心地でした。
今回は、葉っぱは平面仕上げで、5目から1目への減らし目の土台に、2目から6目への足し目の後1目までの減らし目にしました。
花の方は、筒は6目にして花びら6枚。
花びら自体は、2目から5目まで足し目の後1目までの減らし目です。
花びらの縁取りを、今井さん著の方の花の方式で1枚おき3枚を2回に分けて縁取りし、2段に見えるようにしました。
ニセ2段…(;^_^A
このストラップは、勤め先の後輩へ、お嫁入りする事になりました。
めでたしめでたし。

そういえば、こっちも仕上げ。
20090924-4.jpg
ストラップというか…寝付け?
コレも、お嫁に出しまーす♪

…さぁ〜、ハンカチの縁取りを再開しますよ〜(*^∇^*)

2009年08月18日

ハンカチ縁飾り、開始♪+α

100均ハンカチ、縁かがりが終了しました♪
今井さん著の『トルコの伝統レース2 イーネダンテル』を読み直してたら、ちゃんと、かがる時の説明で、布は裏側にする(同書34P参照)と書いてました…orz
やり直したから、イイけど…orz
糸を1m使って、約25cmかがれました。
ハンカチの外周が160cmなので、単純計算だと6.4mの糸を使う計算ですが…7mちょっと使ってるような…アレ?

次に、モチーフは『トルコの伝統レース2 イーネダンテル』より『小花の縁飾り』から『6』と『9』の2種類を織り交ぜてみようと思います。
モチーフは点在ではなく、びっちりめに入れようと思うのでをバランスよく入れる為には…計画的に…デスネ(´▽`)
えーと、
1辺40cm=400mmで、
400mm÷1目2mm=1辺200目。
1つに7目分の幅の『6』のモチーフが2つ。
1つに3目分の幅の『9』のモチーフが3つ。
それが1クールで計23目。
1辺200目÷1クール23目=8クール余り16目
『9』のモチーフで始めて『9』のモチーフで終わりたいので『9』のモチーフ3つ分9目を16目から引いて、残りが7目。
ここでモチーフの数の最終調整をしたいところだけれど…実際1辺の目が200目あるかどうかは計算上の数字だから(←数えるのが面倒)、とりあえず、この計算のままスタートしてみます。

…で、1クールが終わったトコロ。
20090818.jpg
約5cm
イイペースかな?
現在はここまで↓
20090818-2.jpg
あんまり進んでません。

…あんまり進んでない理由は…ちと浮気してました♪
20090818-3.jpg
DMCのメタリック系刺繍糸で、遊んでおりました( ̄∀ ̄)♪
BiancA*様のブログで、刺繍糸に挑戦してて、何となく、私も、やってみたく…うずうず。
タティングレース用に買っておいたものですが、オヤってみても、金属チックで綺麗(o^ω^o)
標準的な25番糸で、8m6本どりのものから、80cm切り取って、1本どりで使っています。
1本でも、糸自体は2本縒りなので、糸が割れる割れる…(^-^;
お花の上下からはみ出してる糸は、編み出しの部分の糸で、2縒りのがバラけたもので、めちゃめちゃ細いです。
ちなみに、1本どりの太さは…絹手縫い糸9号と似た感じかな?
糸の滑りが悪くて硬いので、うまく糸が締まらなくて、ループ(山)がゆるゆるですが、出来上がり本体は、糸本来のまま硬い仕上がりです。
大きさは3cm弱あります。
この刺繍糸は金と銀の2色しか持って無いので、葉っぱは作らない方向で…(^-^;
手持ちの他の糸では雰囲気が合わないので、花粉の部分をどうするか、考え中です。

2009年08月15日

私が出来る範囲内で…けれど深く感謝を込めて。

20090814.jpg

100均ハンカチにイーネオヤする前に…オヤ結びで縁かがり中♪(←表現が変)

かがり始めての10cmあたりで、ふと気がつきました。
最初、表側から、かがって行ってたんです。
かがるんだから、裏側を自分に向けてかがっていかないと、結び目の綺麗な方が表側にならない…orz
初歩的なミスですが、でも、やってみないと気が付かない事ですよね。
…と言い訳してみる…orz
もちろん、切って解いて、やり直しましたヨ。
結び目の間隔は、2mm前後です。最初の数目は定規を当てていたんですが、面倒臭い気持ちが勝り、あとは最初の目の間隔に併せながら、目見当で進めています。
でも、ゆっくり丁寧に進めてますよ!
↑の写真の状態で、あと残り4分の1です。

実は…ここ数日の気温差で、ガッチリ体調崩してましたv(。・ω・。)v
とりあえず、通常通りの生活してますが、タイミング悪く心が折れかかってる時に体が弱ったので…昨日の日中…沈没しておりました。
精神的な方で復活した要因は今回いくつもあったのですが、ブログを見に来て下さるかたやコメントでも私は生かされてるな〜って思いました。

コメントといえば、最近行き始めたブログさんで、とても深イイ話される方が居て、毎日通ってコメントもたまにしてたんですが、ブログの内容とかコメントの返信とかを見てたら、だんだんそのブログの存在が遠く感じるようになってしまいました。
たいていは、通ってる内に、勝手ながらも身近に感じたりしてくるんですが、そこは、行く度に遠い存在に思えて来たんです。
もし、またそのブログへ見には行っても、もうそこへのコメント書き込みはしないと思います。

そういう事があって、よけいに、見に来て下さる方、コメント下さる方への感謝の念が深くなりました。
皆さん、本当に、ありがとうございます。
そして、コメント返しの仕方も大切だな〜と思いました。
このブログを見に来て下さる方が、一体何を思って下さっているかは分かりませんが、少しでも身近に感じて戴ければ、幸いです。

2009年08月11日

大物の前の小物

20090811-2.jpg

100均のハンカチです。
写真は四つ折りした状態ですが、広げたら、大きさは40cm四方サイズです。
これにオヤを付けるのを、やってみたいと思います。

結構、みなさんは、ガーゼのハンカチに縫い付けていらっしゃるんですが、私はどーも、ガーゼのハンカチは好みじゃないのですよね。
手持ちのハンカチにも、オヤを付けたい気分になるのは無くって、100均に行くたびにイイのが無いか、物色してたんですよね。
今日、テレビの転倒防止用マットを探しに近所のダイソーに寄ったら、感じのイイ物が出てて、迷った末、とりあえず1枚だけ購入してきました。
1枚を終わらせる根気があるかどうか…お試しデス( ̄∀ ̄)

目標は、トルコのスカーフ(一辺が90cmの四方…ハンカチの約2.3倍…orz)にイーネオヤを付ける…。
実は、こないだ、いつもオヤ関係のお品物を購入させて戴いてるトルコの日本人の方から、オヤスカーフ作成用の、オヤ無しのスカーフを数枚購入したんです。
まあ、他にも糸とか、可愛いスパンコールやボンジュックも大量に譲って戴く事にしたんですが、とにかく秋までには1枚…何とか作りたいと思うのです。
寒くなる季節に首を覆う物は、必須なので…出来れば今年はオヤスカーフにしたい。
でも私、飽きっぽいし、1度チャレンジした物の挫折したからな〜…っていう事で、初心に帰って、まずはハンカチから始めてみようと思ったわけです。
暑くてヤル気ゲージが下がってる上に、仕事が忙しくなって来たので、ペースは遅くなると思いますが、頑張ってみたいと思います♪

でも…1つ心配な事が…。
トルコへの入金を7日の金曜日に済ませて、入金確認の連絡は貰ったのですが、…発送の連絡が、まだ無い。
明日か明後日には発送します的な事を言ってたのだけど…。
忙しそうだし、私も別に急いでるわけでは無いので、マッタリ気味なのだけど…連絡が無いのは、ちと心配…(+ω+)
トルコ時間は、噂通り、ゆっくり流れているのかなぁ。

2009年08月10日

イーネオヤ『八重の花』

20090810-1.jpg
20090810-2.jpg
『トルコの伝統レース イーネオヤ 著:今井瑞恵』より『八重の花』

葉っぱ部分はアレンジして、八重の花と同じ編み方の倍の高さで、3枚にしています。
やはりキチンと作ると、前回の何だか分からないものとは全く違いますね(;^_^A
今回は、紐に編みつけてから、編み進めました。
しべと花粉の部分も少し変えて、しべは基本の3本の輪を小さめに作り、花粉は横一列ではなく、最初と最後をくっつけて、輪になるように結びました。しべが筒状っぽくなる感じ。
始まりの糸も長めに残しています。
この余分糸を利用して、金具に留め付ける魂胆です( ̄∀ ̄)♪
ストラップにしようか、カニカンフックを付けてファスナーチャームにしようか…。
どうしようかな〜♪

2009年08月04日

よくわからないモノ

20090804.jpg

イーネオヤです。
今井さん著から、八重の花を作っていたのですが、本を理解しないまま始めて(←よくやる)、しょっぱなから花びらの数を間違えたあげく、途中で糸が絡まりまくって、にっちもさっちも行かなくなりました…(´△`;)
とりあえず、出来上がった所までで終わらせて、しべと花粉を付けてみたのですが…。
よく分からない物になりました…orz
葉っぱを付けるかどうか、悩み中デス。

ちなみに、今回は、全ての結び目を、糸の2度かけにしています。
あと、あんまり引っ張らずに、ふんわり締めています。
なんだか、ポリエステルで作ったっぽい、もったりした風合い。
個人的な好みで言えば、やっぱりイーネの立体的なお花は、細〜い糸の感じのままが好きみたいです。
ダンテルやトゥーなら、太い風合いのも、可愛いくて好きかな〜。

2009年07月19日

貴婦人ダンテル

20090719.jpg

『トルコの伝統レース2 イーネダンテル 著:今井瑞恵』より、ドイリー2中央モチーフ。

はい、出来上がりました〜♪
途中から、黙ったままの貴婦人。
続きは?って言わないところをみると、とりあえず満足してもらえたみたいです。
なんともまあ、自己主張の強いDMCスペシャルダンテルのお嬢様でした…(;^_^A

編み目は、ゆるゆる気味ですが、とりあえずは形になって良かったです。
ピコは、揃わないにも程がありますね…orz
今回のダンテルは糸が細い上に、円周を広げていく感覚が全然とれていないので、どうしても安全圏内っぽい長めの結び目にしちゃうんですよね。
もう少し目を詰めても大丈夫そうなので、次の時には、キツキツ目でチャレンジしてみようとおもいます(^ワ^)

2009年07月18日

貴婦人、その後

20090718-4.jpg

さて、寄り道しまくりでしたが、貴婦人ダンテル再開です。
『トルコの伝統レース2 イーネダンテル 著:今井瑞恵』より、ドイリー2です。

山部分を切り取り、また同じくらいまで進みました。
今回は、ちょっと編み方を変えてあります。
こちらの本では、山の部分、次の段に移る時に、糸を渡してから、再び同じ進行方向で次の段を編みますが、今回はジグザグに進めてみました。
『オスマン〜』の最初の方のページにも乗ってる編み進め方です。
段と段の間に、渡し糸が無いので、見た目もすっきりしています。
まあ、1番の理由は、円の部分が歪みまくってて、渡し糸が無い方が、ごまかしがきくかな〜…というとこなんですが(;^_^A
前回よりは…イイよね?

ドイリーは、はてしなく大きいのですが、今回の貴婦人は、中央の部分が完成した時点で終了したいと思います〜。

2009年07月15日

浮気とか、本命とか、

20090715-3.jpg
別の用事で行った100均で発見したこの絹糸、MADE IN JAPAN!
発売元は『ポケット』というところです。
9号30mで105円。
1m3.5円の計算。
ちなみに、フジックスのタイヤー絹手縫糸9号(糸巻き紙巻き)で40mが定価200円。1mが5円。
たまたま調べた手芸の山久で、金亀印の絹手縫糸9号(ボビン型)450mが1365円。1mが3.03円。
ナイロンやポリエステルのオヤ専用糸から比べれば割高ですが、絹手縫糸ラインナップでみれば、100均商品なのに割高感無し。
お店には、この3色の他に水色が有ったんですが、絹糸オヤをするのにお試し分が有れば良かったので…上手く出来たら、買い足しに行こうかな。

そうこうしてる間に、我慢出来ずに、ダンテルから浮気して、絹糸オヤっちゃいました(・∀・)エヘ
20090715-4.jpg
当初は花びら4枚のを2段重ねる予定だったのですが、1段で終了。
目が、ゆるゆるです…orz
花びらの縁取りにはテグスは入れずに、2度掛けのオヤ結びにして、ちょっぴりボリュームアップをしています。
中央は、パールビーズを入れてみました。
触り心地の硬さはそれなりですが、見た目は頼りなさげ…。
今回、絹糸で作ってみて、やっぱりLEylakのナイロン糸は、使い心地もカラーも、絹糸に近い感じです。
糸の太さは、今回の絹糸の方が、だいぶ細いですけれどね。

…で、やっぱり私は、ALTIN BASAKの糸が好きー(≧v≦)!
20090715-5.jpg
糸は、当面は買わないつもりだったのですが、24色セットで販売されてたので、思わず購入♪
ナイロンもポリエステルも、やっぱりALTIN BASAKの発色や結び心地が私好みです。大本命♪
あと、アナトリアのビーズオヤの本に載ってたのを作りたくて、一緒にボンジュックも購入しました。
パールピンクと、パールホワイト。
可愛い色です〜♪
MIXのは、プレゼントで戴きました(*^ω^*)♪

さ〜て、ダンテルの続きをしなくちゃね〜。

2009年07月13日

やる気はあっても、集中力に欠ける時は、やっぱり進めるべきでは無いと思ったわけで…

20090713-1.jpg

最近、雑多な用事で落ち着かない日が続いてて、手遊びは落ち着いてからと思ってたのですが、…ちょっと無理してイーネダンテルを再開しました。
…が、しかし、なんとか三角の所まで進めましたが、目が、ぐちゃぐちゃ。
糸繋ぎした所もほつれてきたりと、いろいろ、ぐちゃ〜。
やる気はあっても気分が乗らない(落ち着かない)時にやっても、やっぱり良い物は出来ないですよね。
気に入らないまま進めても、気分悪いままなので、三角の手前で1度切り捨てようと思います。
貴婦人の様子を伺うと、『あなたの気の済むようにされるのが、1番よろしくてよ』
と、半ば突き放し気味…orz
ただ、糸が無駄になる事には、仕方ない感を漂わせています。
まあ貴婦人も、ぐちゃぐちゃのを作られるよりは、下手くそでも丁寧に作って欲しいよね。

完成まで…また時間がかかりそうです…orz
早く絹糸オヤ、したいのにな〜。

2009年07月02日

貴婦人と輪舞曲(ロンド)を

イーネダンテルに手をつけました〜♪
1度チャレンジしたあと、すっかりご無沙汰。
前回は#40のレース糸を使用してたので、今回は#80でチャレンジします♪
ラブリー(*´∀`*)なAnchorの糸を使ってみようと、タティング関連の物を入れた引き出しを開けました。
元々アンカーちゃん達は、タティングに使用するつもりだったので、こちらに仕分けされているのです♪
(仕分けはしていても整理はされていない…(・ω・;))
どの娘にしよーかな〜(´∀`)グフフ…って選んでたら、視界の脇の方から、
『ちょっと、お待ちになって!』
という、小さな叫びが。
『そんな小娘より、あたくしをお使いになって!』
幻聴(゜-゜)?…と思ってたら、DMCのSpecialDentellesが…呼んでました。
まあ、呼ばれるままに手に取ったのが、以前ドヰ 手芸で購入してた、廃番になる前のNo.52の段染め糸。
濃い紫色のグラデーションが綺麗です。
口調通りの気の強そうな…高貴なオーラ発しまくり。
以前から、スペシャルダンテルは貴婦人系だなと勝手に思ってたんですが…なんかもぉ、そのままな感じ。
あ、香水の香りは漂って無いですけれどね。

そんなわけで、この貴婦人と、イーネダンテルのドイリーに挑戦。
編み地をクルクル回転させながら編み進めていくのは、まるで輪舞曲(ロンド)を踊っているようです。
20090702.jpg
今日のところは、ココまで。
貴婦人から、
『まあ、本当に不器用ですのね』
…って、優しい口調で激ツッコミ入ってます…。
ハイ、すみませんデス…orz

話は変わりますが…。
『イーネオヤ』や『オヤ』で検索してると、イーネオヤと書いてあっても実はトゥーオヤだったり、トゥーのボンジュックオヤだったりしてる事があるんですよね。
縁飾りの意味である『オヤ』というのと『イーネオヤ』を混同してるのでしょうか。
イーネであるオヤを検索してるのにオヤスカーフを扱ってるお店とかでトゥーオヤのスカーフをイーネオヤとして売ってるのを発見すると、色んな意味でショボーン。
この店は信用出来ない…って思っちゃう。
まあ、買わないんだけどね?
でも、最低限の商品知識くらいは無いと、信用商売にならなくない?と思う。
っていうか、トゥーとイーネの違いを知らない人が、でもイーネオヤが欲しかったのに、イーネオヤとして売られてるトゥーオヤのスカーフを買ってたとしたら、それってサギに合ったみたいなもんじゃない?と思うんですが…。
『イーネオヤのスカーフ、素敵でしょ!』って誰かに見せて、『それトゥーオヤだよ』ってツッコまれたら、『だってイーネオヤとして売ってたよ!』って、ならなくない?
私なら、ショック受けるよ、確実に。
たとえ、そのスカーフが気に入ってても、自分の無知さにガックリすると同時に、騙された!って思うかも。
普通の人はイーネとかトゥーとか、こだわらないだろうから、オヤなら何でもイイさ〜で、別にイイのかな?
私の気にし過ぎなのかなぁ?
買う方の人間が、きちんと商品知識を身につけて、ちゃんとした物を選んでいけばイイのは当然としても、やっぱり売る側の人間も、確かな物を扱って欲しいと思うのは、単なる我が儘でしょうか…ウーン(;´∩`)

うん、まあ、今後のためにも、最低限の知識は、身につけておこ〜っと…うん。

2009年06月27日

思い付きビーズ編み込み、完成〜♪

出来上がったものの、これをはたして、イーネボンジュックオヤと言えるのか、それ以前にイーネオヤと言っちゃってもイイのか迷うところですが、とりあえず技法はイーネオヤって事で…(;^_^A
20090627-1.jpg
最長の部分で3.5cm。
高さはパールビーズ部分を含めて1.5cm。
横からは、こんな感じ↓
20090627-2.jpg
後ろからは、こんな感じ↓
20090627-3.jpg

お花の方は、花びらを縁取りする時にビーズを編み込みましたが、葉っぱの方は、その段の最初と最後に当たる目の所にビーズを編み込んでみました。
ちなみに、葉っぱだけだとこんな感じ。
20090627-4.jpg
通常の葉っぱのデザインではなく、普通の花びらのデザインを3枚バージョンにしています。
2目から7目の増し目から1目へ減らし目。
写真の、上→左下→右下の順で作ってますが…葉っぱの方は、ほとんど構想も練らずに始めたので、3枚とも編み方が微妙に違います。変えてます。
ただ、縁編みの時にビーズを入れるよりは、編み地が安定していますね。

なんだか全体的に、もったりしたイメージになりましたが、ちっちゃくてキラキラしてて、可愛い〜です(*^ω^*)♪
改良の余地は有りまくりなので、また練り直して、いつか再チャレンジしてみたいと思います。
…極小サイズのビーズを仕入れてこよう…うん。

そうそう、ビーズ針の件ですが…。
ばっちりイイ具合です(´∀`)b
今後は、この針で、行きま〜す♪

2009年06月26日

思い付きで…

はい、普通のイーネオヤのお花に、ビーズを入れちゃいました〜。
パールビーズも乗せちゃいました〜。
20090626-1.jpg
横から見たら、こんな感じ。
20090626-2.jpg

以前言っていた思いつきは、縁取りの際にビーズを編み込むコトでした〜。
ビーズは丸小サイズで、お花自体を少し大きくしないと形が崩れるかな…と思って、ナイロンより太いポリエステル糸を使用しました。
花びらは、2目から6目へ増し目の、1目まで減らし目です。
想像してたより…お花に対してのビーズが大きかったです(;^_^A
このお花のサイズなら、ビーズは極小の方が、納まりイイかな?

花びらが、うにょうにょしてますが、とりあえずもう1つ同じ物を重ねて、葉っぱにもビーズを入れてみたいと思います〜♪

2009年06月12日

イーネオヤ 落花生の花と…+α♪

20090612-1.jpg
『トルコの伝統レース イーネオヤ 著:今井瑞恵』より、落花生の花。
結局、葉っぱも薄い色にしてみました。
淡くて綺麗だけど、ちょっとぼやけた感じに…見えなくも無い?
葉っぱは濃い色にした方が、お花の可憐な感じが引き立ったカモですね。
今回もLEylakのナイロン糸です。
控え目なツヤで、柔らか。
糸割れが無いので(←私は)、結びやすいですよん。

それから…コッソリ。
イーネオヤが付いたスカーフを手に入れました♪
イーネオヤかボンジュックオヤの付いたスカーフを、1枚は持ってたいな〜と常々思ってて、やっぱりピンク色が欲しかったんですよね。
あちこちサイトを見てはいたのですが、なかなか気に入った物が無くて、見送りしていたのですが、コレは一目惚れしちゃいましたVvv
20090612-2.jpg
一部だけ公開。
コットン製で、お値段もお手頃でした♪
使わないで観賞用になると思われますが、やっぱり小さくて可愛いデス〜(*^ω^*)

それと、シシカスさんにお願いしてたアンカーの#80の段染めちゃん達の残りが到着♪
20090612-3.jpg
色合いが半端なく萌えるっ(●´∀`●)
DMCのスペシャルダンテル#80と比べると、糸玉の大きさはアンカーの方が1回り大きいですが、色合いは、DMCは香水の香り漂う貴婦人ならば、アンカーは清楚な少女のよう…(ほわーん)
撫で撫でと感触を楽しみ、愛でるVv
(…発想と行動が…危険?)

糸関係は、しばらく手を出さないつもりですが…どうなる事やら(^-^;?
とりあえず、もう道具関係は収納する場所が無いのでした。
書籍は…まだまだ追加中だよん( ̄∀ ̄)♪

2009年06月10日

発音と文字表記と、翻訳と…?

…とまあ、変な題名ですが、単に、メキキとメキッキ、ボンジュクとボンジュック、パパティアとパパテア、…など、同じ物でも、日本での呼び方が違うなぁと。
単なる興味本意なだけですが、現地の発音、一度聞いてみたいですね。

さて、まずは
20090610-1.jpg
落花生の花の途中。
お花の部分としべ&花粉は出来上がったのですが、葉っぱ(ガク)の緑色の糸を、濃いのにするか薄いのにするか思案中です。
メキッキするんじゃなかったのかい?…という声が聞こえますが、こないだのオヤ物を購入したあとに、再び購入したグラデの糸でやりたかったので、届くのを待ってる間にオヤ修業♪

そうこうしてる間に、当のグラデ糸が到着しました♪
20090610-2.jpg
ナイロンです。
色は濃いめな感じ?
でも、デュアルデューティの時もそうでしたが、巻いてある状態と、いざ作品にしてみたら、全然雰囲気が違う〜(°□°)っていう事がありますしね。
実際どうなるかは、お楽しみな感じデス。
全体的なカラーリングは渋いですが、ツヤピカキラキラなので、萌え…ます(●´∀`●)

グラデ糸と一緒に購入したのが、
20090610-3.jpg
トゥーオヤ資材のリング。
乳白色なので、写真だと分かりずらいかな?
円状のと、ハート型の2種類あります♪
円状のは日本製にもあって、国産なので質も良いのですが、サイズが8mm以上の物しか見つけられなかったんですよね〜。
やっぱり本場の物がサイズが豊富ですよね。
小さいサイズも作ってらっしゃるネ。
ハート型のは、思ってたよりも形が揃ってて、品質も良かったです。
このままでも可愛い(*^ω^*)
オヤ以外にも、使い道がありそうな感じです。
一緒に写ってる糸通しビーズは、プレゼントで戴きました♪
写真は暗く写ってますが、実物はパールカラーで、めちゃめちゃ綺麗〜!
せっかくの機会なので、このビーズを使って、ボンジュックオヤしたいと思います。
何を作ろうかな〜…ワクワク((o(^-^)o))

…ってその前に、落花生のお花を完成させないとね。

2009年06月04日

ビーズの縁飾り

20090604.jpg

こないだの襟巻きに付けたイーネボンジュックオヤと同じ物を、今度は針山…ピンクッションに付けてみました。
ピンクッションの大きさは縦横4cm。
襟巻きにつけたのよりは、まだ形になってるかな…と?

これは、いつもお世話になってるアノ方へ押し付けま〜す。←
明日あたり発送するので、お楽しみに♪

2009年06月02日

イーネオヤ クレマチス(オリジナル)

こないだの続き。
同じ物を2枚と、葉っぱ(ガク?)も大きくして、ブローチにイイ感じのサイズになりました。
20090602-1.jpg
真上から見たところ。
縦横約4cm
一応、オリジナルのデザインです。
クレマチスをイメージしました。
クレマチスの中でも、赤霞(あかかすみ)という品種。
早咲きの大輪系のクレマチスとの事ですが…植物は、あんまり詳しく無いから、写真を見たままのイメージで作りました。
中央は、8mmのパールビーズです。
パールビーズ入ると…可愛えぇなぁ〜(*^ω^*)♪
ちなみに、
20090602-2.jpg
斜め横から。
20090602-3.jpg
斜め横、裏側。
…って感じです。
あとでブローチピンを付ける予定です。

今回LEylakのナイロン糸で結んでいて、ふと思ったのは、この糸の感触が、絹糸っぽかったです。
以前、絹糸タティング(失敗したのでUPしてません…orz)した時の感触に似てる…。
出来上がりが、柔らかいです。
テグス入れないと、ふにゃふにゃ〜。
とても扱い易かったですが、私は今の所、どっちかと言うと、ちっちゃくてカチカチに硬いお花にLOVE(*´∀`*)なので、ALTIN BASAKのナイロン糸の方が好きかな〜?

あと…。
大きいお花は、途中で飽きちゃう〜orz
やっぱり、普通に小さいサイズを作る方が、性に合ってるみたいです(^_^;)

2009年05月31日

イーネオヤ糸計算、その後

こんなん出来ましたよ〜ん。
20090531.jpg

サイズは約4cm

イーネオヤ糸計算その2を元に
とりあえず用心して多めに
220cm出してみました。
だら〜んと一気に2m20cm。
…下手の長糸?…orz

今回、初めてLEylakのナイロン糸を使ってみたのですが、この糸すごかった!
全然、絡まないの。
柔らかくて、するする〜ん♪って糸は引けるし、結び目も簡単に締まるし、ほとんど糸割れもしませんでした。
私がセットで買ったLEylakは、色はくすんだ渋系だし、見た目も芯とか雑な作りなので、ALTIN BASAKの糸の方が好きなんですが、扱い易さは全然違いました!
相性の問題なのかな〜?
とにかく、2mちょっとを一気に出して作業をしても、気持ち良く出来ました♪

さて、始まり15cm残して編み始め
茎から輪編みで3目分くらい立ち上げて、
そのままの糸で、花びら3目から11目へ増し目して、1目まで減らし目で、花びら1枚を編み終えました。
残りの糸の長さは約55cm。

次に、花びら2枚目を編むのに、糸200cm出して
始まり2cm残して編み始めて、
残りは55cm。
3〜4枚目の花びらも、同じ感じ。

編み目の大きさが均一では無いので花びら1枚に糸7〜8センチくらい多少前後誤差もありますが、花びら1枚編むのに、約150cm糸を使ってる事になります。
最初の計算では花びら1枚172.5cmを使う計算でしたが、結果は150cm。
差分約22.5cmを115目で割ったら…1目約2mmの誤差…という計算になります。
編み目が均一じゃないせいとしても、さすがに1目に2mmも編み目に差が出るとは思え無いですよね〜。
基本の計算を出した時の糸と、今回使用した糸の種類が違うのもあるのか…?
やっぱり、単純計算では、甘かったか?
ちなみに、縁取りの使用糸の計算の4倍というのは、今回のにも当て嵌まりました♪

さて、これをもう1枚作って、お花を完全させますね〜。

2009年05月27日

イーネオヤ糸計算、その2

ふと、思いついちゃったので、昨日の続き。

花びら1枚、3目から6目へ増し目して1目まで減らし目とすると
花びら1枚は、
3+4+5+6+5+4+3+2+1=33目
1枚編むのに糸を50cm使うから、
50cm÷33目=1目約1.5センチ

これから花びらの大きさ(長さ)が倍の大きさの物を作りたいとして、
花びらの段数は9段を19段にしたいとして、3目からの増し目にすると、
単純にいけば
3、4、5、6、7、8、9、10、11、10、9、8、7、6、5、4、3、2、1という、3目から11目増し目して1目まで減らし目という事になる。
そこで、この花びらを1枚作るのに糸がどれだけ必要かというと、
3+4+5+6+7+8+9+10+11+10+9+8+7+6+5+4+3+2+1=115目で
1目1.5cm×115目=花びら1枚172.5センチ糸が必要な事になる。
針に糸をかける余分分を足して、2m有れば花びら1枚出来るのじゃないかな、という計算。

…でも最初から2m糸を出してたら、長くて邪魔だし、ど下手の私だと糸が絡み合いそう〜( ̄― ̄;)

なにはともあれ。
次は少し大きめのブローチサイズを作ってみたいので、今回の考えを実行してみたいと思います。